このエントリーをはてなブックマークに追加
austin peralta 東京ジャズ

【15歳で東京JAZZに出演!】 Austin Peralta – TOKYO JAZZ 2006



Austin Peralta(オースティン・ペラルタ)の「TOKYO JAZZ 2006」でのライブ。

1990年生まれ、若干15歳にして東京JAZZに最年少で出演したオースティン・ペラルタ。

ブロンドヘアーで甘いマスク(っていう表現が微妙ですが。。)で、
まさに貴公子といった感じ。



そしてこの演奏力。


東京ジャズの会場である東京国際フォーラムにいらしていた、ジャズ好きのおじさま、おばさま方も度肝を抜かれたのではなかろうかと。

動画の途中のインタビューにもあるように、当時はまだ高校生ですよ笑




ピアノ、跳ねてますね~




イントロからものすごい勢いなのに、後半でさらにピッチが上がっているような笑(ドラム、めちゃくちゃに叩いているだけのようにも見える笑)


これはライブを見ていたら、あまりのすごさに笑ってしまいそうです。


メンバーは
鳥越啓介(ベース)
ロナルド・ブルーナー・ジュニア(ドラム)
のトリオ。


このトリオの感想をひとつご紹介。


つぶやきにある通り、オースティン・ペラルタは、この後2012年に急逝してしまうのですが・・・


急逝の前には、フライング・ロータスのレーベル「Brainfeeder」からもアルバムをリリースし、フライング・ロータスやロバート・グラスパーなどとも関わりのあった、オースティン・ペラルタ。

このライブを見ると、どうしても「もう一度でいいからライブを見せて欲しい」と思ってしまいますね。


素晴らしい演奏。

フライング・ロータスのBrainfeederからリリースした音源のおすすめ曲はこちら。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!