EVISBEATS – ゆれる feat. 田我流 (「ひとつになるとき」)



EVISBEATS(エビスビーツ)の「ゆれる feat. 田我流」(でんがりゅう)。


朝にいい一曲ではないかと。
くるりの「ばらの花」にも似た鍵盤の音が入っているのが個人的にも好きなポイントかもしれません。

最近は、EVISBEATSも田我流もいろいろなアーティストとコラボしていて、その名を見る機会も増えたように思います。


自分自身はヒップホップ関係に詳しくないので少し調べたところ、


EVISBEATSは別名「アミダ」としても活動しているそうですね。
(MCのときはアミダ、トラックメーカーのときはEVISBEATSの名前を使っているそうです)



さらに、この曲でラップをしている田我流(でんがりゅう)は山梨のラッパー。
映画「サウダージ」の主演によって、一気にその名が広がることになったそうですね。

「サウダージ」は、マイナーな映画ではありえないくらいロングラン、大ヒットした映画と言われていますので、音楽好きな方は映画「サイタマノラッパー」と一緒にぜひ観ていただきたい。

個人的に田我流を知ったのは、STIMの曲にラップをつけていた時でしょうか。
いやそれより前から名前はよく見ていて、ついに自分の知っているバンドとつながったか!的な感じだったような。

その後も、名前の読み方を知らないまま、月日が流れてしまった記憶があります笑
たがりゅう?たがる?的な。。苦笑


今の活躍の状況を見れば、そんなことを言う人もじきに少なくなってくることでしょう。



田我流もそうですが、GAGLE、SLACK、PUNPEEなど、日本語のラップでイケてる音楽がどんどん増えてきていますよね。

曲の感じとしては、JAZZY HIP HOPほどおしゃれ全開ではなく、黒人系ヒップホップほど濃い感じはなく、心地よく聴ける、というのが日本らしくていい具合だなあと思います。

この動き、今後が楽しみです。


記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます!


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!