フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/26(金)初日)

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/26(金)初日)

もうこのブログの定番となってまいりました!
フジロックのおすすめアーティスト紹介の記事でございます!

今年は第一弾発表から「さすがフジロック!」というような声を多く見られましたね。

昨年の記事に続いて、おすすめをご紹介してまいります!

まずは7/26金曜日のおすすめアーティストから。
初日からめちゃくちゃ見たいアーティスト多いんですが!(もしかしたら金曜日が一番多いかも)
※実際チケットの売れ行きも一番いいみたいですね

ステージ割も出ましたが、トリ周辺がぶつかりまくりそうな予感。。


何にせよこれ、お仕事がある方は有給取るしかないのでは。

有給の申請はお早めにどうぞ!

※以下、アーティスト名のところに()でステージ名を入れております!



KID FRESINO(BAND SET) (PLANET GROOVE)

このブログでも以前に紹介したKID FRESINO。

バンドセットでの出演ということで、スチールパンで小林うてなさんや、ドラムで石若駿さんが出てきてくれることでしょう。(5/19時点ではフジロックの公式サイトにメンバーは明記されていませんでしたが)

とりあえずそのおふたりも参加しているこの曲を聞いていただきたい!

KID FRESINO – Coincidence



まーあ、かっこいいですね。この複雑そうなリズムに入ってくるスチールパンとKID FRESINOのボーカル。
フジロックでも縦横無尽にぶっ飛ばして欲しい。

PLANET GROOVEでの出演なので、深夜帯ですね。



BIGYUKI (PLANET GROOVE)

PLANET GROOVEに行くなら続けてこちらも。

BIGYUKI。


アーティストや音楽業界からの評価がめちゃくちゃ高い割に意外と知られていない感があるんですよね。

自分はJAZZ THE NEW CHAPTERの著者である柳楽さんが猛プッシュしていて知りました。

BIGYUKI – Changes/Soft Places



この曲の後半とかすごすぎて。
このまわりも統率していく鍵盤。特に圧巻は5分過ぎでしょうか。
サンプリングされてるボーカルはなんとビラルって書いてありますね。。すげ。。

ジャズ界での評価に加えて、その界隈にとどまらない音が最高。
ロバート・グラスパーが好きな方はぜひBIGYUKIも!



Mitski (RED MARQUEE)

ここ1~2年で一気にその名を聞く回数が増えたように感じるミツキ。

インディー感ありつつ、この歌声が乗っかってきて、そのバランスがめちゃくちゃよくて。

Mitski – Nobody



納得のフジロック出演。
来日公演のときに見逃した方はこのチャンスを。

レッドマーキーがどれくらい埋まるのか。楽しみですね。

今見ておかないと次はもっとデカい存在になってきそうな予感。



中村佳穂 (FIELD OF HEAVEN)

中村佳穂はヘヴン!ヘヴンで聞きたい!と思っていたらしっかりヘヴンでラインナップされました笑

フェスにかなり精力的に出演している印象で、かつ、そこらじゅうで絶賛の声を見ますね。
今一番勢いに乗った状態でのフジロック出演と言っても過言ではないかと。

中村佳穂 – 忘れっぽい天使,そのいのち



こんな空間ができちゃったらたまりませんな~
きっと運営側も空気を読んでくれているんでしょう笑



七尾旅人 (WHITE STAGE)

人を巻き込んでいく感じだったらこのお方も忘れちゃなりません。七尾旅人。

フジロックの緑に囲まれてこの曲を聞きてえ~

七尾旅人 – どんどん季節は流れて



サーカスナイトRollin’ Rollin’など、フジロックに合うに決まってる曲がザクザク。

全部聞きてえ~~~



Red Hot Chilli Pipers (GREEN STAGE)

第一弾発表時に紛れ込んでおり、めちゃくちゃ盛り上がったレッド・ホット・チリ・“パイパーズ”。

ライブはどんなもんよと思ったら、入場SEからこれで、しょっぱなからこの盛り上がり。

観客側も待ちきれね~!!!って感じがたまりませんね。

Red Hot Chilli Pipers – Blast Live



日高さんのインタビューを読んだら、ギャグでCDを買ったところが始まりだった、みたいなことが書いてありましたが大正解でしょこれは。

踊り狂うフジロッカーが目に浮かぶ笑

上の動画が約90分ですが、このテンションでやられたら他のアクトは見れなくなることを覚悟しなければならんかもしれません。(それはそれで最高のフジロック)

⇒日高さんと“パイパーズ”の出会いのいきさつはこちらのインタビューを!

こういう出会いが日高さんっぽく、今のフジロックができている感じがしますね。



Tycho (WHITE STAGE)

タイコクラブでの来日や単独での来日など、こちらも来日のたびに好評も声を聞く。Tycho。(タイコ?ティコ?各所での表記ゆれがあるけど音がよければ問題なし)

Tycho – A Walk



こんなの深夜にやられたらたまらんな~
バンド版Four Tet。深みにハマりすぎる。

よすぎて動画を絞りきれなかったので、もういっちょ動画を笑

Tycho – Daydream





ELLEGARDEN (GREEN STAGE)

なんだかんだでド世代なのがエルレ。

見とかなきゃ成仏できない気がする。(自分が)

ELLEGARDEN – Missing



あああああ。。
ぶっちゃけ聞いていない時期が長かったけど、すべてがしみてしまう。。。

ラインナップ的にはケミカルの前でしょうか。
エルレからケミカルってなんか、なんでしょう笑



Janelle Monáe (GREEN STAGE)

ジャネール・モネイ。

こういう感じって日本ではあまり感じられないからどうしても憧れてしまうんですよね~
こういうノリが欲しい。

Janelle Monáe – Pynk



ノーベル平和賞のコンサートでオーケストラを引き連れて、このテンション。
バンドメンバーがノリノリなのも最高。

Janelle Monáe – Cold War





THOM YORKE TOMORROW’S MODERN BOXES (WHITE STAGE)

「レディオヘッド見たいな~」とか思ってもね。
実際、トム・ヨークが音を出し始めたら空気が一気に変わるに決まってますよ。

キャパはホワイトステージで大丈夫なんだろうか。
入場規制かかる前に移動しておきたいですね。

ケミカルとのかぶりも気になりますが、グリーンとホワイトのトリは意外と時間もずれてるので両方見ようと思えば途中で移動したり、、できるのか?

Thom Yorke – The Eraser



この曲を聞いた当時の衝撃。
大学生だったんじゃないかなあ。

まあ、いつ聞いたって衝撃をくれることでしょう。



The Chemical Brothers (GREEN STAGE)

何回もフジロックのヘッドライナーとして出ているケミカル・ブラザーズ。(もう5回目くらいじゃないの?くらいな笑)

この動画も日本でのライブの動画ですが、苗場も踊り続けさせてくれることでしょう!

The Chemical Brothers – Star Guitar



そういえば「Star Guitar」はミシェル・ゴンドリーが監督のPVだったよなあと思ったら、最新のアルバムでもゴンドリーがPVを作った曲があるみたいです!

The Chemical Brothers – Got To Keep On



いいアーティスト同士がいい関係を続けているのは見ているこちらも幸せになりますな!
今回のもいかにもゴンドリーらしい仕上がりで最高。


ということで、まずは初日のおすすめアーティストのご紹介でした!
2日目、3日目のおすすめアーティストも追ってご紹介してまいります~


記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます!


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!