このエントリーをはてなブックマークに追加
football, etc.

【日本のエモ・ポストロック好きへ】football, etc.の来日ライブに行かなくていいんですか?

あなたが見ておいた方がいいバンドが、来日しますよ

football, etc.(フットボール・エトセトラ)。


高音ギターに女性ボーカル。
最近のエモ・ポストロックの界隈に、いそうでいなかった存在。

「アメリカンフットボール」の来日の前に、こちらの「フットボール」を体験してみてはいかがでしょうか?

以下、音源やインタビューもふまえてご紹介します。


早速football, etc.の名曲のライブ動画をご覧いただきながら、どうぞ。

football, etc. – Safety





football, etc.とは?

フットボールエトセトラは、アメリカ テキサスのバンドで、
メンバーは、

リンゼイ・ミントン(Gt&Vo)
マーシィ・ハープナー(Ba)
ダニエル・ホーキンス(Dr)

の3人。

マーシィとリンゼイは女性です。
もともとは女性ふたりがバンドを組んでいて、ドラマーは入れ替わりが激しかったところに、ダニエルが加入した形だそう。

ダニエルは、もともと「Pswingset」や「Papermoons」というバンドのドラマーをしている方。(Pswingset、Papermoonsともに、音源をStiffslackからリリースしていたり、もともと日本とはつながりがあります)

football, etc.へのインタビューによると、正式なドラマーがいない時期のfootball, etc.と、ダニエル所属のPapermoonsがヨーロッパ・ツアーに行った時に関係ができたとのこと。

ダニエルも、2人とバンドをするのは願ってもいなかったことだったようで、さらに、自身のPswingset時代の来日経験を2人に話していたとのこと。今回の来日のきっかけになったのもダニエルのやりとりからだそう。ナイスダニー。

そんなfootball, etc.の曲をご紹介。
聞くと、その良さがわかりますのでぜひご一聴を。



football, etc.のおすすめ曲

自分もfootball, etc.は、名前こそ知っていましたが、今回の来日で初めて注目したという、正直なところにわかファンなのですが笑

とてもナイスな曲がありますのでご紹介します。

football, etc. – fair


イントロから素晴らしい曲。
伸びのある女性ボーカルとも激マッチ。(激マッチっていう言い方は我ながらどうかと思いますが。。)


ライブではさらに最高。

football, etc. – fair



「fair」収録のアルバム「Audible」。



football, etc. – Safety



この記事の冒頭でもご紹介しましたが、この曲が一番メジャーなのかな?
他の動画を見ると、ライブでも合唱が起こるほど盛り上がっています。
今回のライブでも一番盛り上がるのでは?と。

こちらのライブは、SXSW2013のもの。ドラマーはまだ前のメンバーのときかな?と。

「Safety」収録のアルバム「Draft」。(CD音源はAmazonには出てないみたいですね)



football, etc. – Sudden Death



こちらのセッションもナイス。
山があるようなないような、絶妙な曲です。(曲の後の女子2人の笑顔もナイスです笑)


今回、偶然にも来日のタイミングと合ってリリースされたという音源からは、こちらの曲。

football, etc. – Sunday



個人的には、やはりギターの音が好き過ぎる。。


あ、EPのFULL音源もありました。


国内ではStiffslackから音源がリリースされていますので、予習をぜひ。



これらの音源たちを、ぜひとも生で拝聴したいものです。



football, etc.はJejuneを思い出させる。。。

音源を聞いていると、同じくエモ×女性ボーカルの「Jejune」を思い出しますね~。

Jejune – Early Stars



Jejuneは解散してしまって、もはやこの業界では伝説的な存在ですが、football, etc.がこういう存在になってしまう前に見ておきましょうね笑





ということで、「確かに見ておかないと!」と思った方は、こちらから今すぐライブチケットのご予約を!笑
※ページ下部に予約フォームがあります
http://footballetc-japantour.16mb.com/


「まだ情報が足りないなあ」という人は、football, etc.来日にあたってのインタビューがあります!
こちら、ぜひご一読を。



football, etc.のインタビュー記事

まずは、メールでのインタビューはこちら。
メンバーひとりひとりが今回の来日や、自分たちのバンド、影響を受けたバンド、機材などについて語っています。
http://footballetctx.tumblr.com/post/114335660457/dremotal-4-us-football


こちらは、「malegoat」「Husking Bee」などでも活躍しており、今回の来日を実現させたキシノさんへのインタビュー。ありがたやありがたや。
http://andithereport.com/interview-hajimekishino/

今回のジャパン・ツアーが実現した背景なども語られています。
こういう思い入れまで聞いてしまうと、ますます行かざるを得ませんね笑


さらにインタビュー動画も。

stiffslackの話があったり、影響を受けたバンドの話があったり、好きな日本のバンドの話があったり。(toeの名前が真っ先に出てきてます笑)

そしてクラウドサーフを希望していたり笑
ライブに行く人はぜひ予習として。







余談

大体、こういうバンドは、ライブ当日、会場に行った人たちがTwitterなどで盛り上がって、行かなかった人たちが
「行けばよかった、、。」

的な状況になったり、
ライブ後に音源に出会った方が、

「来日してたのかよ、、。(遠い目)」

的な状態に陥るものです笑


昨年来日した「TTNG」のときも、まさにこの状態でした。

ライブに行った人は・・・





ライブに行かなかった人はこうなる。。




あとあと後悔したくない方は、football, etc.のことを現時点で知ろうが知らまいが、とにかく会場に足を運ぶ、ということが大事なのです!!!(ステマ風ですが。。笑、個人的な経験談としても、行かれることを推奨します苦笑)


バンドがビッグになって次回来日した時に、

「おれ(わたし)、前回の来日で行ったんだよね~」(ドヤ)

と言えるかどうかも、今回の動きにかかっているのです!!!笑


ということで、みなさま前向きにご検討くださいませ。


ワタクシは、最終日の八王子RIPSに参加する所存です。(RIPSと同じビルには、「Senseless Records」という、こっち系の音源に強いレコード屋さんもありますし(通販をした事があるのですが、店舗にも一度行ってみたかったのです))


最後にもう一度、来日ツアーのサイトへのリンクを笑
http://footballetc-japantour.16mb.com/


では、会場にて。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!