このエントリーをはてなブックマークに追加

【「踊る!さんま御殿!!」のあの曲!】 Herbie Hancock – ROCKIT (「Future Shock」)



Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)の「ROCKIT」。


なぜこの曲を知ったかといいますと、先週末に、タワレコに久しぶりに行きまして、ロバート・グラスパーの「Black Radio2」を聞いて、やっぱすげーな、と思いながら、その棚を見ていると、ふとかっこいいジャケットが目につきまして。


その名も「FUTURE SHOCK」。

いかにもヤバそうではありませんか。


しかもアーティスト名を見ると、ジャズの大御所ハービー・ハンコック。

「これは、、、」


と思って聞いてみると、一曲目から度肝を抜かれたわけです。



「え!!!」


「えええええ!!!???」



「というか『踊る!さんま御殿!!』が始まったw」


っていう笑




「しかもこれ、効果音じゃなくて曲だったんだw」


っていう笑


こういう衝撃ってなんだか好きでして。
自分に衝撃を与えたものは買っておこう的な、理由で・・・


CD買っちゃいました笑


タワレコの店員さんに見事にやられたわけですが、そういう出会いもいいではないか、ということで。


昔なら、戦術にはまるのが嫌で、なんとか違うときに買おうとか、謎の反骨精神を持ったものですが、今となれば思ったままにというか・・・

おっさんっぽくなりました。。



さて、ハービー・ハンコックといえば名曲「Maiden Voyage」というイメージが強くて、スタンダードなジャズをやっている人なのかなと思っていたのですが、このアルバムで「全然違うんじゃん!」ってなったのも、購買意欲を掻き立てられた理由なのかなと。

音は、なんだかYMOのような質感も感じつつ。
ということで、久々に衝撃を受けた一枚でした。


ちなみにジャズの超定番「Maiden Voyage」はこちら。
これからの音楽人生で、絶対一度は耳にする曲でしょうから、おさえておきましょう。
Herbie Hancock – Maiden Voyage


ハービー・ハンコック、この時期にジャズとヒップホップのミックスにチャレンジした、という点でも偉大な功績ですね。


その意志を継いだ、ロバート・グラスパーの「Black Radio2」も当然ながら素晴らしいですよ。買いです。



そしてきっと、タワレコの店員さんは、ロバート・グラスパーのこの曲までつながることを想定して、商品の陳列を行っていたに違いない。

こちら。
Robert Glasper Trio – Maiden Voyage/ Everything in its right place


なんと、Herbie Hancockの「Maiden Voyage」と、Radioheadの「Everything in its right place」がマッシュアップされちゃいました笑

これはハンパない。

ということで、この「Maiden Voyage/ Everything in its right place」を収録したアルバム「In My Element」、こちらも買いです笑


陳列でここまで広がる音楽、すてきですね~
陳列にロマンあり。

ではでは。


記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております