このエントリーをはてなブックマークに追加
井手健介と母船

井手健介と母船の「青い山賊」で浄化されよう

個人的なお話で申し訳ないですが、先日、SoundcloudでClimb The Mindの曲を聞いていたんですよ。


そしたら自動再生で次にこの曲が流れまして。


めちゃいい。


となりまして。


よかったらちょっと聞いてください。(本当はちょっとと言わず全部聞いて欲しい)
※ちなみに音楽性は違えど、Climb The Mindもとてもいいバンドなのでぜひ


井手健介と母船 – 青い山賊






「井手健介と母船」というバンドの曲です。



この深遠な音。

ゆるーく気持ちいい時間がすーっと過ぎていくような。



こういう音、いいですよね。
たまにこういう音をすごく聞きたくなる時があるんです。
(王舟とかも似たような音楽かと)


ポイントが高いのは、フルートの音も入っていること。(特に後半3分過ぎから目立ってきます)
個人的にフルートが好きなんですよね笑



この曲、2015年に発売の曲のようなのですが、なんで誰も教えてくれないのかと。(怒)


あまりにもいいので少し調べてみると、この曲のメンバー、すごいですね。


井手健介:ボーカル、クラシック・ギター
墓場戯太郎:ベース
山本達久:ドラム
石橋英子:アコースティック・ピアノ、フルート
柴田聡子:コーラス
清岡秀哉:ラップスチール・ギター

墓場戯太郎さん、清岡秀哉さんについては残念ながらちゃんと知りませんが、石橋英子、柴田聡子、山本達久って。

こんなメンツどうやったら集められたんでしょう。(レーベル(P-VINE)の繋がりかな?)


ちなみに現状のライブメンバーは

井手健介:ヴォーカル&ガットギター/エレキギター
墓場戯太郎:ベース
山本達久:ドラムス
清岡秀哉:ラップスチールギター/エレキギター
ジュネーヴの4時:コーラス&キーボード

だそうです。


井手健介と母船のライブ

ライブだとこんな感じ。

井手健介と母船 – 青い山賊




味わい深い。


6月には「TONOFON FESTIVAL 2017」というイベントで、

・トクマルシューゴ
・二階堂和美 with Gentle Forest Quintet
・never young beach
・Open Reel Ensemble

とともに井手健介と母船が出演していたそうで。


こんなにいいメンツだったのに・・・


何で誰も教えてくれなかったんですか。



調べたところ、秋葉原の試聴室というところで毎月イベントをしているそうなので、これからも見る機会はありそうです!



アナログ音源リリース直前らしい

さらに調べていたら2017年の7月にアナログが出るらしいじゃないですか。


この音はアナログで聞くと味わい深そう。



と思いつつ、あまりにもスムーズに音源発売情報にたどり着いたので、出会うきっかけとなったSoundcloudの時点から振り返って、


これはもしや広告戦略にやられたのか!?


と思いつつも、こんないい音楽に出会える広告なら大歓迎かなと笑


ということで「井手健介と母船」、気にしていこうと思います。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!