このエントリーをはてなブックマークに追加

石橋英子 – forgotten faces



石橋英子の「forgotten faces」。

石橋英子さんの軽快なピアノと
タップダンサーの熊谷和徳さんのタップのリズム。
これって実際の曲にも入ってるんですかね。


刻んである部分とぐわーっと広がる部分があって、その振れ幅がいいです。



自分が石橋さんのピアノを最初に聴いたのは
渋谷のWWWがオープンして間もなかった時期のこのイベント。

渋谷慶一郎 / 石橋英子 with ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久 / スガダイロー TRIO
WWW presents “Touch My Piano vol.1”

ピアノを使うアーティストが一堂に会したこのイベント。
渋谷慶一郎さん、スガダイローさんという超豪華な対バンのみなさまも最高でしたし、
WWWの音響の良さもあってめちゃくちゃよかったのを記憶しています。

ジムオルークさんのギターも最高だった。。


石橋さんは、twitter上では七尾旅人さんとよくやりとりしてて笑えます。
石橋英子さんの人となりが気になる方はぜひtwitterを笑


こういう音とPVを見ただけでは人まで見えませんもんね~
そのあたりをうまいこと伝えていけたらいいなーと思います。


記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております