このエントリーをはてなブックマークに追加

José James – It's All Over Your Body



José James(ホセ・ジェイムズ)の「It’s All Over Your Body」。

これは間違いなく、2013年の必聴盤でしょう!


もしかしたら1月発売にして今年のベストになるかも、という気さえします。
(まだ全曲は聴いてないですが。)


この曲は「It’s All Over~」の繰り返しの流れからぐぐーっと来る音がすごく心地よいです。



ちなみにこのホセ・ジェイムズのバンドでトランペットを吹いているのは日本のお方。

黒田卓也さんというトランペッターです。


最近ライブを見に行ったり、知り合いのつながりでイベントに出て頂いたりもしたんですが、やっぱりすごい。
派手なところはもちろんすごいんですが、小さい音もすごい。
どう違うのか言語化できないけれど、素人の自分でも分かるレベルの明らかな違いがある。

ぜひ生でお聴き頂きたい。


1月にはそんなホセ・ジェイムズがビルボード東京に来日!
この盤を引っさげての来日は相当ヤバいです。

自分は前回来日時にビルボードでのライブを見ました。
テイラー・マクファーリンのボイスパーカッションとの共演。

特殊な演出はないのに、楽器の音だけでエンターテイメントショーにも近いライブでした。

ぜひ生でお聴き頂きたい。(大事なので二回言いました)

ライブ詳細はこちらから
金曜日分はやや売り切れつつあるのでお早めに!


今回のアルバムには先日ご紹介したロバート・グラスパーも参加。
今回のアルバムにちなんで、ホセ・ジェイムズとロバート・グラスパーの対談動画もありました。


































うーん、英語がさっぱりわからない。





まずは音が楽しめればいいのではなかろうかと。うん。



▼収録アルバムはこちら

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております