向井秀徳インタビュー

【向井秀徳を知る】向井秀徳のインタビュー記事まとめ

向井秀徳。
何度かライブで拝見したのですが、どうしてもこのお方はつかめない。

そんな向井さんが語る言葉から、少しでも向井秀徳という人物を知れたらと思いまして、ナンバーガール、ZAZEN BOYS、KIMONOS、それぞれの時代のインタビューを集めてみました。

「向井は向井でも、向井理より向井秀徳!」という硬派な方は必読であります。

※向井理は結婚しましたしね。


早速、ナンバーガール時代のインタビュー動画からどうぞ。

特に「URBAN GUITAR SAYONARA」のインタビューがかなりシュールで面白いのでご覧いただきたく笑

ナンバーガール時代のインタビュー



「鉄風鋭くなって」のPVから入りつつ、短いインタビューの中に名言、向井秀徳観がたっぷり。

ロックバンドとして真っ当なことをやりたい。
曲を作ってライブするだけなんですけど。

ライブはやっぱりこれだけ数をやっていたら、ひとつひとつが薄くなるような気になる時があるんですよね。
その時は結構ちょっと自分が、ぬるいなあと思いますね。
そういうときは自分に喝を入れます。喝を入れますね。自分にね。

自分たちがすごいバンドかもしれないというのはねえ、酒飲んで気が大きくなったときくらいしか思わないですよ。

なんで続けているかと言ったら、まだまだやろ。まだ、まだ出るやろ、ここらへんから。っていうのを思ってやってますからね。

などなど。

なんというか絶妙に引っかかる言葉のセレクトとリズム、語り口が向井さんのおもしろさというか惹きつけられる部分ですかね。


そして、インタビューチックになっていて、その語り方がじわじわ来る「URBAN GUITAR SAYONARA」の告知動画を笑

これぞ向井秀徳の真骨頂、といった感じですw

URBAN GUITAR SAYONARA」の告知動画



このリピートwww


YouTubeのコメント欄では
「壊れたレコードかよwww」
という秀逸なコメントも笑

このシュールな感じ、個人的にも大好物であります。



向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしてのインタビュー

こちらはアップルストアでのライブも含んだインタビューから。


ライブでもよく語られる”福岡市博多区”から、東京 渋谷へと移り住んだ向井さん。
その違いについて語っています。

その後の渋谷感あふれる「YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWING」。いいですね。
アップルストアでのライブの様子を収録。(インタビューは4:12あたりから。)


渋谷の伝説的なロック喫茶「B.Y.G」でのインタビューとライブ。

このライブは贅沢ですね~!「B.Y.G」では、はっぴいえんどなどもライブをしていたとか。

ぜひ一度足を運んでみたいところです。



「ZAZEN BOYS」としてのインタビュー

ZAZEN BOYSとしてのインタビューは複数ありますので、アルバム別にご紹介しましょう。

「ZAZEN BOYS」発売時のインタビュー

結成当初の話や、ZAZEN BOYSのヴィジョンについても。

※リンク先がなくなってしまいましたが、引用を。

ロック音楽をして、自分がどれだけ脳内電気をビリビリさせるかってことをやっていきますよね。

で、さらにはそのビリビリをどれだけ人に伝染すかっていうことを最終目的にしていきます。なぜならそれが楽しいからですね。

みんながビリビリして、それぞれのダンスで踊り狂う状況になれば、それが祭となって、面白いと思います。

という言葉はいかにも向井さんらしい言葉です。


「ZAZEN BOYS2」発売時のインタビュー

ナンバーガール以降についても語っています。
この当時の勢いを感じる、攻撃的な言葉が多め。
http://www.fact-mag.com/review/music/1109334665.html
※改行がなく読みにくいですが、内容は濃いです。。

後半で、椎名林檎の歌声について、

ちょっと色気があって図太い方向で歌ったりもしてるんですけど、非常にさわやかな部分も持っていると私は思っているので。

だから彼女にやってもらおうかなと思ってやってもらったら、エロくもありさわやかでもあるちゅうね。

と語っています。


「ZAZEN BOYS3」発売時のインタビュー

ドラムがアヒト・イナザワさんから、松下敦さんに変わったことについても言及。

ライブにいらっしゃいと。我々、ZAZEN BOYSのライブは異空間ですから、体験しにいらっしゃい。

という言葉はまさにその通り、と思います。

http://www.hotexpress.co.jp/interview/zazenboys_060118/#official


「ZAZEN BOYS4」発売時のインタビュー

こちらは打ち込みの音が多用された「ZAZEN BOYS4」が発売された当時のもの。
http://mnavi.roland.jp/interview/200810_01.html

打ち込みの音への考え方、曲の作り方、機材関係の話が多く、貴重なインタビューです。
機材からジャケ写の話にも。2008年。


「すとーりーず」発売時のインタビュー

ZAZEN BOYSの最新作「すとーりーず」発売時のインタビュー。
http://store.cinra.net/static?content=interview-zazen1

バンドにとっての呼吸合わせの必要さを語っています。

いかに呼吸を合わせて、快感を得るか

という言葉が印象的。

いろいろなフォーマットでの音源リリースについても語っており、DIY STARSを使った音源販売についても言及しています。

インディーズならではの予算のエクセル計算など、裏話も笑


同じく「すとーりーず」発売時のインタビュー。
http://ototoy.jp/feature/index.php/20120910

音源について「どのタイミングでOKを出すんですか?」との質問に、

泥酔したらOKですね。酩酊して「これで良かばい」って。「これ以上はなかばい」って。

と回答していて吹きましたw



「KIMONOS」としてのインタビュー

LEO今井とのユニット「KIMONOS」としてのインタビュー。
http://www.iloud.jp/interview/kimonos/

KIMONOSのバンド名の由来について語っています。
KIMONOSの音楽観、PVの制作についても。

最後に、KIMONOSのルーツ的な、インスパイアされた音源や映画が紹介されているのが◎です。



今後の向井秀徳について

“向井秀徳が語る、音楽に向かう原動力「私は自意識恥野郎ですよ」”っていうタイトルからして読みたくなる、さすが向井さんの語彙力。
https://www.cinra.net/interview/201704-mukaishutoku

今のシーンはまったくわからないですね。完全にタッチしてないです。

前はね、レコードショップに行って、棚の雰囲気から、こういうものが今プッシュされているんだとか、そういうのが目に見えてわかったけど、今はレコードショップ自体行かなくなったし、行くとしても中古屋の餌箱ですからね。

というのはとても意外ながら、独自路線を行っている分納得な部分も笑

とても今っぽい、誰もがなんとなく感じていることもさらっと発言していてさすがだなと思いました。

家のレコードがある程度限界に達して、「持ってる分でいいや」みたいに自分が聴けるキャパがいっぱいになった頃ですかね。

「もう飽きたから、新しいものに触れたい」ということであれば、トレンドを追いかけるんだろうけど、飽きませんからね。だから、飽きないような音楽ばっかり聴いているってことかな。

たとえば、プリンスにしても、未だにいろんな発見があるし、聴くときどきによって曲の印象が違って聴こえたりしますしね。


無料や、果てしなく増え続ける音楽の終着点を垣間見たような。



向井秀徳の死生観

死生観についてのインタビュー。切り口がおもしろいですね。

年齢とともに変わる感覚について語っています。
飼い猫の話にも話が飛んでいて、他では聴けないインタビューになってます笑

2010年。
http://modernfart.jp/2010/03/6945/



「ライブ」がテーマのインタビュー

こちらは「ライブ」がテーマ。
http://heathaze.tokyo.jp/2013/04/mukaisyutoku/


ライブの中でのお客さんとのやりとりやZAZEN BOYS結成当初のコンセプト(ラップの存在の大きさ)について話しています。

ライブに行ったことのある方はわかるかと思いますが、なぜか笑ってしまうライブになることについてはこんな風に語っています。
笑かそうとは思ってないですけどね(笑)。まあ、ガチガチに眉間にシワを寄せてやるっていうタイプでもないんでですね、私としては。シリアスにポーズを決めることもできるとは思うんですよ。トム・ヴァーレインとか、憧れですからね。ギターの音も冷たくて、むちゃくちゃかっこいいですけど、私がやったらそれこそギャグになりますよね。


そしてやはり「酒」笑
ほんとおもしれーなー、このお方は。

決して気を抜いてるわけではないですね。ライブに関しては必死こいてやってますから。まあ、途中で酔っ払ってくると楽しくなってきたりはしますけど、普通に(笑)。


アウェイなイベントではこういう感じ。

最近は我々をあまり聴かないようなすごい若いお客さんがいっぱいいるイベントとかにも出ますけど、若い子たちがポカーンとしてるんですね。
チャルメラとか、「何やってるの?」みたいな(笑)。

「これ、笑っていいの? 何を私たちに求めてるの?」みたいなね。理解できないんでしょう。

そういう状況もよくあるわけですけど、昔だったら、そういうときは「ガキども! 全員正座!」みたいなね(笑)。

最近はそのわからなさが消えていく様子を楽しんでいるみたいですが笑

生涯のベストライブについても語っていますので必読。向井秀徳の生涯ベストライブとは!?(結局、ストーリーの中に酒が絡んでますがw)
2013年。



ライブでの向井秀徳

インタビューを読んだ後だと一層しみるライブ動画をご紹介。

こちらは他者からのインタビューではなく「自問自答」。

向井秀徳 – 自問自答



素晴らしいスタジオライブですのでぜひ。

この番組では椎名林檎とも「KIMOCHI」を歌っていて最高です。



そして向井さんの泥酔感全開のDOMMUNEで行われたこの曲のカバー笑

「福岡の後輩の・・・」

向井秀徳が歌う、YUIの「CHE.R.RY」






向井さんのインタビュー記事、いかがでしたでしょうか?

結局インタビューを読んだところで、どんな人かなんてつかめないのでありますが笑、できるだけ多く生で見ておきたい人物だと思います。



向井さんのインタビューが掲載されているロッキンオン2014年6月号。
ナンバーガールとしてのメジャーデビューから3年半についてロングインタビューで語っているそうですので合わせてぜひ。



※上記のロングインタビューの一部が、こちらの記事で紹介されていますのでよろしければ。
NUMBER GIRLとは何だったのか? 突然の解散から12年、向井秀徳が今語る、伝説の3年半
http://ro69.jp/news/detail/101213



あと、注目なのはこちら!

あまり知られてないですが向井さんが書いている本です。
その名も「厚岸のおかず」。

自分は購入したのですが、これはいかにもシュールで向井さんな感じがサイコーです。

文章で書いても伝わらない絶妙な向井感。ぜひ。




おまけ:神出鬼没!向井秀徳

路上ライブでもよく出没する向井さんですが、こんなところにもゲリラ的に出没笑

マジでこういうところが最高なんですよね。

きっとこれからもふと現れてくれることでしょう。


アラバキ出演帰りの仙台駅にて。



こちらはふと下北沢で「鉄風鋭くなって」。いいなあ。。。



笑笑笑

向井秀徳展、大好評でしたね。



こちらも向井秀徳展終了後何日かしてからの下北にて笑

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!