このエントリーをはてなブックマークに追加
stiff slack 外観

【ポストロック好きはマスト!】レコードショップ「Stiff Slack」が超おすすめ @名古屋

前から、名古屋に行った時には立ち寄りたいと思っていたレコードショップ「Stiff Slack」(スティッフスラック)。


もともと国内ポストロックの雄であるtoeの山嵜さんが、Stiff Slackについて「最高の空間だ」みたいなことをtwitterでつぶやいていて、気になり始めたのですが、ついにこの年末にこのレコードショップを訪れることができました。
※2009年の話です

お店は名古屋、栄の裏のあたりの雑居ビルの中に。(若干迷った。。)



ビルのエレベーターを出ると、近代的(近未来的?)な赤と白の外装のStiff Slackの外観が!
(この記事のトップ写真がそれです)




かっこええ。。




そんなStiff Slackのどこが素晴らしいのか?をここからご紹介しましょう!

↓説明の前に、とりあえず品揃えを見てもらったら早いと思うので、ウェブショップへのリンクをはっておきます!
http://www.sswatcher.jp/



その1:品揃え(というかセレクトセンス)が抜群にいい

棚には、基本的にインスト、ポストロック系がメインのラインナップ。
(当時はMERCURY PROGRAMや、LOOK MEXICOなどが特に推されていました。)

その他、イケてるエレクトロニカなど、かゆいところに手が届く感全開のラインナップ。
(PREFUSE73や、telefon tel aviv、フェネスなど)


▼スティッフスラックのレコード棚(まるごと欲しい。。)
Stiff Slackのレコード棚
当然、そのセレクトセンスの背景には知識があります。
Stiff Slack自体、レコードショップであると同時に、レコードレーベルでもあるのです。

国内では、CLIMB THE MIND、LITE、BALOONS、MIRROR、FOLIO、MALEGOATなど、海外ではENEMIES、EMPIRE! EMPIRE! (I WAS A LONELY ESTATE) 、INTO IT. OVER IT.などがStiff SlackからCD/レコードをリリースしています。

せっかくなので、個人的なおすすめ曲もご紹介しておきます。
※聞きながら記事をお楽しみください~

Climb The Mind – 萌える傘の下





malegoat – expression





Enemies – Coral Castle





いやー、どの曲も最高。

※ちなみに他にも最高なやつがいっぱいありますので、Stiff Slackのウェブショップを探してみましょう笑(オーナーの新川さんの、音源への愛を感じる紹介文とともに、YouTubeへのリンクもはってあったり、ありがたいサイトです)

これらのアーティストが惹きつけられるほどのレコードショップ、行ってみたくないですか?



その2:店内の音がいい(気がする)

その後、ふと店内でかかったCDのギターがめちゃくちゃかっこよくて気に入ったので、

「このCDいいですね。誰のCDですか?」

と店長さんに聞くと

「もっといろいろ聴いてく??」

とレコードプレーヤーでいろいろなレコードを聴かせてくれました。
(しかも相当な大音量(笑))


レコードで音がいいので、音源もめちゃくちゃよく聴こえるんですよね。
この瞬間に、確かに山嵜さんの言うとおり、


「ここ、最高の空間だな」


と。


ちなみに店内の音響以外に、もちろん普通の試聴機(1台・10枚ほどのアルバムが試聴可)もあり、この日は年末でお客さんが他にいなかったので、しばらく(おそらく30分以上。。)試聴機でCDを次から次へと聴きふけっておりました。
※他にお客さんがいなければ、こういうのも全然アリな雰囲気です

ヘッドホンもがっちりしたやつで良い音質で(爆音で)聴けます。(なので、音源が2割増くらいで聴こえて、最終的に買っちゃうのですが笑)



その3:音楽に関連するものも揃っている

ショップの横にカフェ・バースペースのAbsentee(アブセンティー)もあります。

Absentee

今はだいぶ変わってそうな気もしますが、店舗はこんな感じ。

bar absentee
よりゆったり音楽が楽しめる最高の空間が揃っているわけであります!
(最近はStiff Slackのようにバーが横にあるレコード屋さんもちょこちょこ増えてる印象)

さらに海外アーティストが来日で名古屋に寄ったりするときは、Absenteeでこんなインストア?ライブもあったり。

TTNG – Adventure, Stamina & Anger (acoustic)




マイク・キンセラも。動画にありますが、Stiff Slackの壁のアーティストのサインを眺めるのもいいかも。

OWEN – No Place Like Home



これもすべてStiff Slackと海外アーティストの関係性があってこそできるものですなあ。


こんなことを言えるのもStiff Slackならでは。漢です。
素晴らしい。(もちろん黒字になる方がいいのでみなさん行きましょう!)


stiffslack guitar equipment

最近は、Absenteeでstiffslack guitar equipmentとして、エフェクターの販売も始めていたり、その活動はレコードショップの最先端を走っているのであります!!

この品揃え、圧巻です。。



⇒stiffslack guitar equipment


たまーに、関連するアーティストのライブ時に、東京などに出張Stiff Slackが出店することがありますので、その際にもぜひ。



その4:店長さんがいい

結局はここに尽きるのかもしれません。
やはり人ですね、人。

セレクトや空間だけでなく、店長の新川さんもめっちゃおもろいお方でありまして、いろんなレコード聴かせてくれるとともに、

・レコードとは?っていうような初歩的な話
・レコードはなぜ音質がいいのか?
・音楽にこだわるやつらは、いずれレコードに回帰する(むしろ海外はすでにそういう流れ)的な話

などの話をマシンガントークで話された挙句、店長の音楽のルーツを聞いたり、店長のギターの腕前を見せてもらったり(妙に得意げに楽しそうにライトハンドで弾いてくれる(笑))、常連さん(ディストロをやってらっしゃるらしい)と絡んだり、なんだかんだで3時間近くお店に滞在しておりました。。


まあ、大変おもろかったのでいいのですが。


※ちなみに店長さんには、toeの山嵜さんからプライベートの電話がかかってくるほどらしいので驚き。



(話に乗せられて?)この日はCDを2枚ゲット。
買った2枚以外にも、Stiff Slackのレーベルで、これから発売する未発売の音源も流していて、その音源がこれまたよかった。(バンド名は忘れました。。)

買ったのはこの2枚(だったと思う)。
この2枚もめちゃくちゃかっこいいので、かなりおすすめです。

Castevet – Six Parts Summer


※アルバムは「The Echo & The Light」
※今は「CSTVT」というバンド名になってます



Folio – The Curve Causes A Shiver





店長の新川さんいわく、

「給料少ねぇんだよ。だからもっとレコード買ってね。東京住んでるなら通販もあるよ。」

と、どストレートな営業トークも清々しかったです(笑)


ほんと、話を聞くだけでもかなりおもしろいお方だと思います。(レコードも買ってあげて下さい笑)


レコードを再生するためのレコードプレーヤー。めっっちゃ欲しいなあ。。
※これがきっかけで2015年、ついにレコードプレーヤーを購入しました。ありがとう新川さん。。



Stiff Slackの環境の良さも影響しているとは思うのですが、レコードのあの音質の良さは度肝を抜かれた。。
絶対、耳に聞こえている音以外の何かもレコードから出ているに違いない。気持ちよすぎる。

CDやMP3のような圧縮音源とは異なる、何かがそこにあるはず。。
(と、すでに洗脳されておりますが笑)



その5:WEBショップがいい

やはりね、素晴らしいお店には素晴らしい人も自然と集まりますよね。

Stiff Slackのウェブショップにはそれが溢れているというか。

⇒Stiff Slackのウェブショップ stiff slack watcher

サイトを作っている方は外部の方のようなのですが、いかにも音楽が大好きっぽくて最高。

少し調べたら、「音楽に絡むと俄然やる気になるエンジニアのブログ」っていう、sswatcher(Stiff Slackのウェブショップ)を作ったお方のブログもありました笑

この気持ち、すごく分かるというか。


そしてサイトのUI(ユーザー・インターフェース)もレコードをディグっているような感覚。

次のページへ次のページへいくのが楽しくなってしまうようなUIは、他のレコードショップやショッピングモールサイトにはなかなかないんですよね。

ジャケットがずらーっと並んでいるのは壮観で、前回も見たと思うところまでドンドン見てしまう。(というのは私だけでしょうか。)


でもみんな気をつけろ!

ジャケットを見ているといつの間にかそれが脳内に焼き付いて、いつの間にかポチッとしている時があるので笑
(まあ、どれもいい音源なのでポチっても間違いはないのですが、お財布と相談は必要ですからね)



まとめ

こんな感じで、

・新しい音楽との出会いもあり
・”音”そのものについて学ぶこともできる

そして、

・素晴らしい人にも出会える

という一挙両得を超え、三方良し?(は、意味が違うか)のレコードショップ「Stiff Slack」。

お近くの方、もしくは名古屋にいらした際には、ぜひ一度ご活用いただけたらと思います。
(そして、こんなすんばらしいことをしている、新川さんのお給料を増やしてあげたい!笑)


こんなレコード屋さん、ずっと続いて欲しいですよね。

※ちなみにポストロック好きはマスト!というのは確実に言えます。

ぜひぜひ。


▼Stiff Slackのサイトはこちら
http://www.stiffslack.com/

※ウェブショップも大充実!ポストロック好きは涙目です
http://www.sswatcher.jp/


後日談

店長さんが名刺をくれたので、後日、店長さんにメールで連絡してみたら、
「とりあえずレコードプレーヤー買ってからよろしくお願いします!?!?! 」
と書いてあった。。笑


みなさん、がんばってレコードプレーヤーを買いましょう笑


そしてこれもまたさらに後日談なのですが、その時にいらっしゃった、妙に新川さんと仲の良さそうなお客さんとその当時mixiで繋がりました。

その当時、「ニイミキンセラ」というmixiネームだったのですが、実はそのお方がその数年後こういう動画を撮ったりしていたっぽいです。(YouTubeチャンネルのラインナップを見るに多分間違いないと思われます)


football, etc.とか。(ライブのこの曲、めちゃよかったです。。)

football, etc. – safety




そして先日発売されたClimb The Mind「チャンネル3」のトレーラーもニイミさんが作ってらっしゃるみたいで。

Climb The Mind – 「チャンネル3」トレーラー




YouTubeチャンネルのトップに上がっているニイミさんの紹介動画もすごくイイです。ぜひ。





こんな感じで、音楽っておもしろいところで繋がるよなあとか。しみじみ感じているわけであります。


いいですねえ。



みなさまの人生にもStiff Slackを。ぜひ。

Stiff Slackの情報はtwitterもご活用ください!
⇒ Stiff Slack twitter

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております