archive lp 交換針

ION AUDIO Archive LPの替え針(交換針)を買う!

あまりのコスパの凄まじさに、レコード業界に激震を走らせたION AUDIOのレコードプレーヤーArchive LP

未だに売れ続け、レコードリスナーを増やし続けていると思いますが、プレーヤーのユーザーが増えると、次に必要になるのは機器のメンテナンス。

最近レコードの音がイマイチ、だったり、針がレコードを傷つけないか気になるという人は一度パーツ交換を考えてみてもよいかもしれませんね。


この記事では、ION AUDIOのレコードプレーヤーの交換針、カートリッジなど、周辺パーツをまとめてご紹介します!

※ちなみにArchive LP以降に発売された、Max LP、Air LPも同じもので対応が可能です
※他の機種はダイヤモンド針のものもあるので、ION AUDIO公式サイトにてご確認ください


交換針

Archive LP専用の交換針がありまして、PT01-RS1、もしくはPT01-RS2が対応しています。
PT01-RS2は2セット付き。ひとつだけで良い場合、RS1の方を。

交換針は出荷時のものと同じものなので安心です。


ちなみにレコード針をどの程度の期間で交換するのがいいのか調べていたら、ION AUDIOの公式サイトには、

使用耐久時間は、ご使用環境にもよりますが、およそ300〜500時間となります。

とあったのですが、

レコード針で有名なナガオカの公式サイトこのページにたどりついて衝撃でした。

サイトの記述の一部を抜粋すると、

レコード針の寿命、これはなかなか判断しにくい部分です。磨耗部分をチェックするには高倍率の顕微鏡が必要ですし、熟練が必要です。そこで使用時間を目安にするのが良いと思います。

一本溝のレコード盤に針を置き、回し続けて磨耗量をチェックする方法で、磨耗テストを行った結果、

ダイヤモンド針 200時間
サファイア針 15時間

というところがレコード盤にダメージを与えない使用時間とされています。

とのこと。

Archive LPに使われているのはサファイア針ですので、なんとナガオカのおすすめでは15時間したら交換した方がよいということになります。。

結構すぐですね苦笑

これだけ大きな開きがあると、ION AUDIOが耐久性能を長く見せようとしているか、ナガオカが相当シビアなテストをしているであろうことが想定されますが笑、希少なレコードを持っているとか、お気に入りの盤があるなどという方は、せっかくのレコードを傷つけないよう、少々気にしておいたほうがよさそうです!



カートリッジ

カートリッジの交換はそれほど頻繁にしないとは思いますが、あわせてご紹介。
「PT01RS」という商品が対応しています。価格は2,000円程度。 ※針付きです





78回転用交換針

78回転のレコードをお持ちの方はこちら「PT01RSSP」も。
上記の交換針はサファイヤですが、こちらはダイヤモンドだそうです。






Archive LPの製品に関するお問い合わせをしたいときは・・・

交換針などを買って、取り付けようと思ったらうまくいかないなど、トラブルがあるときは専門の人に聴きたいですね。

そんなときのサポートのため、発売元のニュマークジャパンが専用の問い合わせ窓口を作ってくれています。(専用窓口を作るということはそれだけ気合いも入っているんだと思います!笑)

株式会社ニュマークジャパンコーポレーション ION Audio LPサポート部
TEL:0466-86-9505 <9:30〜12:00、13:00〜17:30(月〜金・祝祭日は除く)



お手頃なお値段で買えるプレーヤーとはいえ、長く使えるように気を使っていきたいですね。
(レコード盤も大切にしたいですし。)

ということで、ION AUDIO Archive LPの交換針、カートリッジのご紹介でした。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!