タッシュ・サルタナ

このお方、天才につき タッシュ・サルタナ(23歳・女性)

2018年4月のコーチェラの配信を「要所だけは抑えておくかな」くらいの生半可な気持ちでざーっと聞いていたんですよ。


そしたらチャンネルをまわしていた隙間時間で見た、このお方のライブに一瞬で引き込まれてしまいました。


Tash Sultana(タッシュ・サルタナ)。


※注:配信は終了しているので今は巻き戻しで見られません!



本当にTL上でもタッシュ初見ながらかなり盛り上がっている声の数々を見かけたので、相当な数があの配信を見てファンになったんだろうなあと。


上のTweetでもリンクしたロラパルーザでのタッシュのライブ。
(この記事のTOPの画像もロラパルーザの動画から。)

Tash Sultana – Lollapalooza 2018




このデカいステージでこの存在感。23歳ですよ。(現時点。このライブのときは22歳かな)


西海岸っぽいゆるさもありつつ、メタルかのようなギターのフレーズもあり。


とにかく自由に気が赴くままに。躍動感溢れすぎ。

ノリのすべてがすごくナチュラル。


うわあああっってなるところもとにかくアーティスト自身があがっちゃってる感があって。
だからこそこちらも引き込まれてしまうというか。



このライブを見た直後に「音源はないのか?」と探したんですが、まだアルバムは出ておらず、「アルバムが出てないのにこのライブってヤバ過ぎだろ。。」と思いながら、

「音源はよ」

という気持ちが抑えられませんでした。




そして8月末。

気づけばいつの間にか音源が発売しており、ちょうどFLAKE RECORDSさんのTweetで気づいたので即購入。(写真右)




そのときに公開されていたPV。ライブでのノリとは違うこのPVもこれまた最高で。

Tash Sultana – SALVATION



ロバート・グラスパーとかそっち系の流れすら感じる音。

即来日希望案件であります。



2017年にはしっかりTiny Desk Concertにも出演しておりまして。

Tash Sultana – Tiny Desk Concert



最高なんだけどタッシュにとっては狭そう笑


なんていうか、これを全部ひとりでやっちゃう演奏もすごいんだけど、もうそれどころじゃなくこっちも体を動かさずにはいられない不可避な何かがあります。


もはや楽譜とか関係なく演奏してるんじゃないかくらいの。

いやそれでも最高だ、くらいの。


下手したら、演奏してるうちに新曲とか勝手にできちゃってるんじゃないかくらいの入り込み方。


こういう人に人は惹きつけられるんだなあと。


ほんと、なれるものならこういう存在になりたいのであります。



新譜もYouTubeチャンネルで全曲公開されてるし(最近海外のレーベルはこういう流れなのかな)、ぜひご一聴を。

⇒Tash SultanaのYouTubeチャンネル


新譜の中からも一曲はっておきましょう。

Tash Sultana – Cigarettes



オーガニックなギターの音から入り、ズン!チャ!とビートが入ってきて、それらが開放される1:00あたり。

気持ちよすぎる。。


そしてそれだけじゃ飽き足らず、まだまだぶっこむ3:15過ぎからのアウトロ。最高。



ああ、今後も楽しみだ。


記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます!
よろしければこの曲、情報をご紹介いただけたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!