このエントリーをはてなブックマークに追加
avalanches_ since i left you

フジロックではアヴァランチーズを見たい

さてさて今日の話題はこちらです。

アヴァランチーズ
最高。


こーれは絶対に聞いておいたほうがいいでしょう。

ということで、早速音源をはりつけます。再生ボタンを押しましょう。(強制)

The Avalanches – Since I Left You



一曲目、アルバムのタイトル曲でもある「Since I Left You」が頭から離れない、離れない。

気持ちいいビート、美しいフルートの音、「Since I Left You」のボーカル。(あとサンプリング元であろうレコードのビリビリ音)

これ、最高でしょう。

※欧米では「ビースティーボーイズ・ミーツ・ビーチボーイズ」と言われているらしく、これも超納得。

そのまま続けて聞いていくと、途切れずに続いていくメロディーがこれまた極上。
通して聞いてみていただくと、アルバムの完成度の高さもお分かりになるのではないかと。(もちろん一曲目を聞いただけでも分かっちゃうんですが笑)

アヴァランチーズの情報としては、
※にわかアヴァランチーズファンなので、Wiki(英語)と「Since I Left You」のライナーノーツによると、

・オーストラリアのバンド

・オリジナルアルバムは2000年に発表した「Since I Left You」だけ
-REMIX音源などはありますが

・アルバム「Since I Left You」では900以上ものサンプリング曲を使用して制作した
-これだけの楽曲の著作権のOKを取るだけでも一苦労。。

・2005年から2ndアルバムの制作には取り掛かっているらしい(が、できていない笑)
-2012年から外部のアーティストともコラボして制作しているらしい(が、できていない笑)

・本格的に再始動したのは2016年
-フジロック以外にも、プリマベーラサウンズなど、海外のフェスにも参加

・ライブではトンデモナイことになるらしい
-オーストラリアではライブにこのアルバムを期待してはいけないと知っている笑
-メンバーが股間を出して、別のメンバーの頬をはたいたり。。苦笑

あたりでしょうか笑

アヴァランチーズのメンバー

こんな素晴らしい音楽を誰が作っているんだ、ということでメンバーも少し調べてみました。
メンバーの入れ替わりもちょこちょこあるようですが、「Since I left you」の当時は以下。

中心人物として、

・ロビー・チャター
・ダレン・セルトマン ※2014年に脱退

が95年にバンドを組み、

それに加えて、

・ゴードン・マッキルテン ※2011年に脱退
・トニー・ディ・ブラーシ
・デクスター・ファベイ ※2003年に脱退
・ジェームズ・デ・ラ・クルーズ

の6人。

かつては日本人のドラマー(MANABU ETOH)もいたらしいです。(調べてみましたが全然情報なしでした)
「Since I left you」収録の「ETOH」っていう曲もこのお方の影響?

アヴァランチーズを聞いて感じたこと

(音源としてはアヴァランチーズの方が先だと思いますが)ヌジャベスの初期のミックステープを聞いているような感覚でした。

サンプリングしている音源の時代感も似通っているんじゃないかなと。
気持ちよく踊れる感じ。



ヌジャベスの方がシンプルに素材を活かしている感じで、アヴァランチーズの方がより音を細かく切って複雑にサンプリングしてる感じですかね。

まあとにかくサンプリングがうますぎる。
これは良質な音楽を膨大に知っていて、かつ、センスがよくないとできませんわ。

あとはLAVAとか。こちらもヌジャベスのコンピに入っていたものです。


このあたりの、リピートしてるだけ(失礼)なのに、どんどんどんどん盛り上がっちゃう感じがたまらんですね~

最高。


アヴァランチーズが使っている元ネタを知りたい

そしてなんと!

アヴァランチーズの曲「Since I Left You」のサンプリング音源を解説した動画もありました笑

こちらもぜひチェックしてみてください。すごいですから。構成も分かりやすいですし。



頭から離れない「Since I left you」の声は、女性ボーカルだと思い込んでいたんですが、男性ボーカルのピッチを上げると出現するものだったんですねwww
(というか、ピッチ上げて初めて分かるサンプリングなんて、どうやって解読したんだ。。)

この動画、ひとつひとつ音を分解してくれていてすごくわかりやすいですね。
そして超マニアックだし、よくわかったなあと。。。

ライブだとどんなことになるのか、全く想像がつかないだけに、すごくたのしみなのであります。

フジロックでは、レッチリやグラスパー、バトルス、カマシなどと時間がかぶらなければいいんですが。。
タイムテーブルに期待です!!!

余談

個人的なアヴァランチーズとの出会いは昨年。

仕事で泊まりの撮影に行ったときに、その移動の車中で同僚がかけていたCDでした。

「なにこれ!?」っていう衝撃とともに「これ全部サンプリングで作られてるんすよね~」という話で一発で興味が沸いて。

その時の衝撃から、結局音源を聞いてなかったのですが笑、ずっと頭の中にはアヴァランチーズがいて。

そして先日「フジロックにアヴァランチーズが来る!」ということで、もう一度音源をチェックしてみたのでした。

やはり最高。

聞いてビビッと来たらしっかり記憶にとどめておくなり、Shazamするなり、メモするなり、即行動するなり、逃さないことが大事ですね~

初期衝動を大切に。

これ、LPで欲しいんですけど、高騰してるんですよね。。
アヴァランチーズ再始動を期に、再発しないかしら。



他にもレアなミックス音源があるらしく、こちらも気になり過ぎる。。。
絶対地方のブック◯フとかで眠ってるやつやコレ。。

見つけたら即買いリストに追加や。。


ということで、フジロックに行かれる方は、アヴァランチーズをぜひご贔屓にどうぞ。

ではでは。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております