このエントリーをはてなブックマークに追加
vincent moon

【ミュージックビデオの革命児!】ヴィンセント・ムーン撮影の動画まとめ (Take Away showなど)

ミュージックビデオの革命児と呼ばれている、ヴィンセント・ムーン。

その動画があまりにも素晴らしいので個人的に好きな映像をまとめました。
好きなものがありすぎて、ページが重くなっていますが、きっといいモノが見られますのでご容赦を笑

※ヴィンセント・ムーンは今日から新宿K’s Cinemaでヴィンセント・ムーンレトロスペクティブという特集上映、3月にはバウスシアターでの爆音上映、さらに3月には来日して、新プロジェクト「HIBIKI 響」が動く模様です。
 こちらも楽しみなところですが、その予習の前の復習?の意味も含めて。


おそらくヴィンセント・ムーンの作品には、他にもいい動画が山ほど眠っていると思いますので、おすすめがありましたらコメント欄などでぜひご紹介くださいませ。

では早速どうぞ。



Arcade Fire – Neon Bible,Wake Up


これぞライブの醍醐味。撮影とかそういうの以前に、最高に楽しそう。
個人的にアーケード・ファイアってあまり聴いたことなかったのですが、
この動画で一気に好きになっちゃいました。



Battles – Wall Street


こういう感じの建物特有の冷たい音の響き方が最高です。
音に合わせた画面の動きも好き。
個人的な話ですが、この動画で「TAKE AWAY SHOW」という企画として撮影してるんだ、と認識した記憶が。



Beirut – Nantes


こちらは最近知ったバンド。ベイルート。
「CHEAP MAGIC INSIDE」という動画がこれまた最高なのでぜひ。(下の方に追加してあります。)

こういう大編成のバンドを撮るのがうまいんですよね~



テニスコーツ – バイババビンバ


テニスコーツの自由さが開放されている感じが素晴らしいです。
嫌味のない自由さ加減が絶妙。

友川カズキ、踊ってばかりの国、二階堂和美なども撮影しており、日本とも交流が深いように思います。
日本に限らず、世界中の素晴らしいアーティスト、音楽とコラボする姿勢がかっこいいです。



Vampire Weekend – The Kids Don’t Stand a Chance


野外でこれだけ声が響いいていると普段気づきにくい、声量のすごさに気づきます。
自然に近い形で音が聴こえるのもこの企画のおもしろいところです。
建物からの反響音も楽しめます。



PHOENIX – Lisztomania


自然に街並みや人の中に溶け込みながら鳴る音楽ほど気持ちいいものはないなあ、と再認識させてくれるような動画。
一般の人もナチュラルに写っているのがいいです。



Bon Iver – For Emma, Forever Ago


この動画が最初のヴィンセント・ムーンとの出会いだったような。
Bon Iverの「Perth」という曲にハマって動画を探していたら、なんかかっこいい動画あるぞ、と。

リハみたいなところから撮影されてたりするのも、普通のPVには入っていないアーティストの一面が見れるような気がして、すごくうれしいものです。



Sigur Rós – Við spilum endalaust



シガー・ロス レベルのメジャーさのアーティストも参加しています。
また、こういう、自分たちの見せ方を非常に大事にするアーティストにまで認められているのが素晴らしいところ。



Sufjan Stevens – The Lakes of Canada



スフィアン・スティーブンスのようなカントリーチックなアーティストを撮らせたら右に出るものなし、という感じですね~
NGテイクも含めての収録です笑

屋根の上が似合ってます。



友川カズキ


ここまで行くと、ドキュメンタリー映画です笑
飛田新地というロケーションもまたすごいw
友川カズキさん×飛田新地という掛け算は無敵ですね。。
(ヴィンセント・ムーンがどこまでこのロケーションを理解しているやら不明ですが、
映像の中でも説明を受けている感じを見るに、誰かが紹介したんですかね。)

ヴィンセント・ムーンは友川カズキさんのドキュメンタリー映画「花々の過失」を制作したりもしています。
これもいつか観たい作品。


以下はTAKE AWAY SHOW以外の動画です。
ORQUESTRA VOADORA – AO VIVO EM MONTMARTRE


このORQUESTRA VOADORA(オルケスタ・ボアドラ)というバンドがファンキー過ぎて速攻で心奪われました笑
来日してこんなライブをして欲しいです笑



Beirut – Cheap Magic Inside

上でも紹介したベイルート。
こうやって場面が切り替わっていくのもヴィンセント・ムーンっぽいと言えるかもしれません。
歩きながら演奏している動画も結構多いので。



MOGWAI – Burning

モノクロ×モグワイ×ヴィンセント・ムーン、という、どうやっても間違えなさそうな組み合わせです笑



最後はこちら。吉祥寺バウスシアターでの爆音上映でワールドプレミア公開されるのでは?ということになっているATP(All Tomorrow’s Parties)の動画。

このときはキックスターター(海外のクラウドファンディングサイト)で、資金調達しようとしていました。
結局うまくいったのかな。。。?と思ってましたが資金調達できたみたいですね!
https://www.kickstarter.com/projects/613961261/from-atp-four-short-films-by-vincent-moon

素晴らしいことです。


ということで、ヴィンセント・ムーン撮影の動画いろいろでした。
このお方は今でもビッグなのですが、きっともっとビッグな人になるんだろうなあと思います。

注目です。


▼ヴィンセント・ムーン関連の販売されている作品



▼関連リンク
TAKE AWAY SHOWを企画している、La Blogothèque
http://www.blogotheque.net/

Vincent Moon OFFICIAL HP : http://www.vincentmoon.com/
Vincent Moon twitter : https://twitter.com/vincentmoon
Vincent Moon facebook : https://www.facebook.com/pages/Vincent-Moon/190144594338943
Vincent Moon YouTube : http://www.youtube.com/user/vincentmoon
※これはチャンネル登録しておくときっといいことありますよ笑

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております