月別アーカイブ: 2008年12月

2008年アクセスランキング TOP5

それなりのブログらしく、年間ランキングなぞをしてみよふかと。
ランキングって何かテンション上がりますしね。
(要は年末でやることが意外になく、更新しています、とw)

最も読まれた記事ランキング
1位:BRAHMAN – LIVE入場 ~ SPECULATION
ブラフのライブを絶賛している記事が1位!今見返すと熱がこもり過ぎで少しウザいですがw
動画は文句なしにかっこいいです。祝!!



2位:toe – グッドバイ
自分の中で見て欲しい記事としては相当上だったので、非常にうれしい結果。
記念すべき、このブログの最初の記事でもあります。

記事の中で今一番好きなバンドって書いてますが、それは今でも変わりないです。



3位:toe – グッドバイ (featuring 土岐麻子)
続けてグッドバイ。
こちらは去年の今日(大晦日)書いた記事ですね。
最高の曲なのに相当くだらない記事を書いてます。。



4位:X JAPAN 「攻撃再開 2008 I.V.~破滅に向かって~/~無謀の夜~」ライブレポート、セットリスト付き
「X復活」は2008年の一大ニュースでしたね。

注目度も高かったらしく、アクセスも伸びてました。
ライブ翌日のアクセスがほとんどだったので、記事の新鮮さは重要ですね。



5位:YUKI – ファイト! (中島みゆきのカバー)
こちらは非常に残念ながら、動画を見ることができない状態になってしまっていますね。
再発見したらアップします。隠れ名曲。みんなが探してます。



ここからは検索されたキーワードのランキングを。

最も検索されたキーワードランキング
1位:toe グッドバイ 歌詞

2位:toe グッドバイ

3位:1/f揺らぎ

4位:yuki ファイト

5位:monteroza4950

6位:nenem

7位:world’s end girlfriend myspace

8位:brahman セットリスト

9位:meg 髪型

10位:mouse on the keys

こう見ると結構、今年の自分が聴いた音楽に沿った結果になっているのかなという感じ。

monteroza4950やnenem、mouse on the keysが入っているのは、アーティストの記事を書いている数自体が少ないから検索にヒットしやすいんでしょう。

来年も、目指せ先取り!!

NUMBER GIRL – OMOIDE IN MY HEAD (「サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態」)



NUMBER GIRLの「OMOIDE IN MY HEAD」。

さぁ、今年もいろいろありましたが、一年が終わります。
(さり気にこのブログもいつの間にか一年以上続いてますね。)

ってことで「オモイデ イン マイ ヘッド」です。



この曲は、まずイントロ笑


アヒト・イナザワさんのドラムから
輝くようなギターの音(向井秀徳がMCで話している、ブラッドサースティ・ブッチャーズの7月を思い出すような)
ギターをかき鳴らす音。
音が歪み過ぎてわけわからない音になっています笑

そして、イントロのラスト



「オイ!」



という観客の皆様。


ああなんと素晴らしい曲、瞬間なのでしょうか。

この空間に自分が存在したかった。
(ちなみにこれはラストライブの動画ですね。)



そして、5:25以降の田渕さんのギターがたまらねぇっす。

もはや曲の通り弾けているのかどうかなど関係なく、
乱れすらも魅力に変わってしまうこのナンバーガールというバンド。
やはり本物、最高ですね。


佇まいすらもかっこいい、こんなバンドがまた出てくるといいなあと願うばかりです。



個人的には大学卒業、引っ越し、就職、オフィス移転と変化が多かった一年でしたが、おかげ様で楽しく過ごせました。

感謝です。




それでは来年もいい音楽に出会えますように。

皆様、良いお年を!


he – designed



heの「designed」。

年末に聞いても、春の風や夏の海が思い浮かぶ程の爽やかさ。

寝起きにかけるといい朝が迎えられそうです。


年末はダラダラしちゃいますからねー。。
うまくリズムを作りたいですね。


Nujabes – Aruarian Dance (「samurai champloo music record 『departure』」)



Nujabesの「Aruarian Dance」。



「あれ?NujabesのアルバムはHydeoutのやつも含めて全部もってるのにこの曲は知らないぞ??」


って思った方、正しいです。



これは深夜アニメ「サムライチャンプルー」のサウンドトラックの中に収録されている曲なんです。
アニメには、Shing02とかも関わっていたり。


ぼく自身も、実は、Amerieの「1 Thing」という曲を探していて、
http://jp.youtube.com/watch?v=3iCwr5AZHzE&feature=related
を発見したのが「Aruarian Dance」を知ったきっかけでした。
このAmerieの「1 Thing」とNujabesの「Aruarian Dance」のミックス(マッシュアップって言うんでしたっけ?)
がほんとに良くできてるんですわ。
(見たことない人は必見です。別の曲が合わさってるようには聞こえないです。)



















さて、聴いてみた方、いかがでしょう?



個人的には、2曲とも好きなのでヒットしましたが、
逆になぜこの曲と合わせてしまったんだ。。。と感じる方もやっぱりいるんですかね。


まぁ、他にも面白い曲があれば教えてください!
(「このマッシュアップはキビシイ。。」とかも集めると面白いかもですね。)


the band apart – coral reef



the band apartの「coral reef」。

最近あんまり聞いてなかったんですが、久し振りにYouTubeで見かけて。

しかもライブのほうがアップされてて。


DVDはもちろん購入済みなんですが、このイントロ前+coral reefのイントロで



買ってよかった。。。



って思いましたもんね。



バンアパは、大学時代の中で、最も、

「このCD誰のやつですか?」

と言われたことが多かったバンドだったように思います。(そればっか聴いていたっていうのもありますが笑)


Jhon Lennon – Happy Christmas (War is Over)



Jhon Lennonの「Happy Christmas (War is Over)」。

「Happy Christmas」という願いと、「War is Over」という祈りと。


考えさせられる曲です。




『「目には目を」という考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。』


という最後のガンジーの言葉もささります。


アイデン&ティティ(峯田和伸) – 君がロック



アイデン&ティティ(峯田和伸)の「君がロック」。
※曲が消えてしまっていたので予告編で。。


この映画は良かった。

「自分に正直に生きる」ってことがかっこいいと思えたような。


最後の



「やらなきゃならないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ。」



は、個人的に名言集入り決定。

予告編を見ればわかりますが、
・ゴイステの峯田伸和主演
・中村獅童、大森南朋、マギーがバンドメンバー
・宮藤官九郎脚本
・麻生久美子がヒロイン
・脇役で大杉漣、ピエール瀧
・エンディングはボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」
という素晴らしいつくり。

もちろんつくりだけではなく、実際観るととてもいいです。
挿入歌も名曲揃い。

アイデンアンドティティ、ぜひ。



Coldplay – In My Place



Coldplayの「In My Place」。


含みを持ったイントロの最初(ドラム音のみの部分)が最高。
そりゃあ世界中がアルバムの発売を待ちわびますよ。

毎回こんないい曲が入っちゃってたら。


2:50あたりから、想定20メートルの助走を取ってのラストのサビが圧巻。


WRONG SCALE – frames laid out



WRONG SCALEの「frames laid out」。

3人のボーカルが超素晴らしい絡み方をしているこの曲。

初めてライブで見たとき、3人が歌っているとは知らず、衝撃だったことが懐かしいです。
(※2:07~のサビを聴いてもらうと、知らない人はド肝を抜かれるはずです。(声が似過ぎているため、見ないとすごさがわからない可能性大))

ロンスケは、メインで聞こえるギターも随時入れ替わるところがかっこよくて好きでした。
ギターのおしゃれさは圧倒的でした。。。
この曲は、個人的に、アルバムに入ってるバージョンより、こっちの方がイントロとかの入り方が好き。


2:27の「ジャカジャッ」ってとこがいい演出してます。


「解散」って聞くと、また違う視点で曲を聴いてしまいますね。
当時を思い出したり、やっぱりこの曲好きだなぁと思ったり、何となくさびしい気持ちになったり。。


置かれている環境って、やっぱり物事の見方に関係あるんだなぁと思いました。

the band apart – Snowscape



the band apartの「Snowscape」。

やいのやいの言われた後の原さんのMC、

「五月蝿え」

が最高www

ライブに行くときは、曲のほかにもこういう楽しみがあるといいすね。


Dragon Ash – Grateful Days



Dragon Ashの「Grateful Days」。

ウワサの曲です。(昨日から、かつ、個人的に)




やっぱりACOの存在感ヤバい!





kjにも負けてないっすね。



やっぱり3:45からのソロんとこが一番の見せ場か。
後ろでつけてる歓声と一緒にわーわーやりたいですね。


再コラボとか今さらないっすよね。。



ACO – 悦びに咲く花



ACOの「悦びに咲く花」。


「ACOさん、すんません!」


と言いつつこの曲をアップ。




だって、Dragon Ashの「Grateful Days」のコーラスがACOさんだったなんて。。。


この曲も数年ぶりに聞いたらめちゃくちゃいいし!
どうやらコラボで知られるようになって、一気にブレイクしたみたいですね。




すると、逆にDragon AshはどうやってACOを抜擢したんでしょうね。。



ACIDMAN – colors of the wind



ACIDMANの「colors of the wind」。

V.A「MOSH PIT ON DISNEY」で知ったこの曲。

上記のCDにしか入ってないと思いこんでいたんですが、
なんだか、アルバム「EQUAL」にも入ってるらしいですね。


「レア曲知ってるぜ」みたいなちょっとした優越感がなくなって残念な気がしつつも、
「こんだけいい曲なら、そりゃあもっと世に出るべきだもんなぁ。」と思ったのでしたw


4:15~のラストは完全燃焼感抜群。


T-SQUARE – TRUTH



T-SQUAREの「TRUTH」。

アイルトン・セナが圧倒的な強さを誇っていた、小学生くらいの頃から、
何となくずっと好きなこの曲。

F1のレースの面白さはあんまり理解できていなかったけど、
エンジンの音とか車の通り過ぎる時の独特な音とか、この曲とか、色んな音を楽しんでいたような。

今でも、結構好きです。
深夜にたまにやってるとぼぉーーっと30分くらい見たり。



でも、




まさか、、








まぁさか、、、、



























こんなダンディーなヒゲおじさまが音を奏でているとは知りませんでしたよ!





いや、、もちろん名曲ですよ。。



↑TRUTHをひたすら聴き倒せる。。

Dom Mino’ – Arrive



Dom Mino’の「Arrive」。

これはめっちゃくちゃ面白いところでつながりました!

分かる人は鬼レアだと思われますので若干のテンションのズレはご了承ください。


あのRadioheadやPrefuse73にイケてるPVを提供しているEd Holdsworthと、今年春ごろ?発見したscholeというレーベルのDom Mino’がコラボしてました!
(Dom Mino’の音源発売より、結構昔だと予想される。)

すげぇ。


もともと、「イケてるPVだなぁ、いつか紹介しよう!」とブックマークしてたんですが、
You Tubeのタイトルが

「arrive from ed holdsworth」

とつけられていて、何がタイトルで、どこがアーティスト名なのかよく分かっていなかったので
紹介をためらってたんです。

どうも調べてみると、「えどほーるずわーす」って人は音楽を作る人ではないらしい、ということが分かり、紹介しづれぇ、、という気持ちは徐々に大きくなっていました。



しかし、最近、再びストックの中から呼び起こし、映像を見て、YouTube画面の右にある、詳細をクリックすると、最後に

「Accompanied by beautiful music from Dom Mino.」

の記載。



Dom Mino!?



と思い、「Dom Mino  ed holdsworth」で検索すると、Dom Mino’はed holdsworthのショートフィルムやアニメーションへ楽曲提供していた、との記事を発見!












キター!











すごいっす。こういういいなぁと思った音楽が、偶然、自分の知ってる(ただあんまりメジャーではない)アーティストだった時は感動します。





























自分の耳、素晴らしい、と。



he – murmur (「FURTHER SHORE」)



heの「murmur」。

heの動画がようやく。
youtubeにもなかなか上がらなかったので、これはうれしいかも。


最近はあんまり聞いてなかったんですが、やっぱり爽やかな声、音ですね。

バンアパ、ロンスケ、heという流れで一気にこういう音楽が好きになっていった時代が
既に懐かしくもある今日この頃です。

そういう意味ではSTUDIO VANQUISH TOURのメンツは神だったなぁ。。


次に好きになるジャンルはどんな音楽か。
今んとこ、ポストロック、インスト、JAZZY HIPHOPが有力。
この時点で何か崩壊している気がする。。


he OFFICIAL HP : http://www.heweb.net/
he MySpace(試聴可能) : http://www.myspace.com/heweb
he ブログ : http://heweb.exblog.jp/

▼収録アルバムはこちら