The Cinematic Orchestra Late Night Tales

The Cinematic Orchestraのコンピ盤「Late Night Tales」は一生モノ

2019年の4月にThe Cinematic Orchestraの来日公演が東京でありまして、ライブに行ったんですよ。


ライブはこんな感じで文句なしに最高だったんですが、それ以外にもよかった点がありまして。




それは開演前のBGM。

会場はホールだったんですがBjorkの「Joga」や、いかにもシネマティック・オーケストラらしい美しく、乗れる音楽が壮大な音で流れていたんですよ。

物販などを見終わって開演を待ちながら

「開演前からこりゃ最高だなシネマティック・オーケストラ」

と思っていて、終演後にも当然興奮しながらTwitterでみなさまの感想をいろいろと見ていたところ、こちらのTweetを発見しまして。




Shazamしてたこの人、自分かもしれない。


と思いつつも、あれはシネマティック・オーケストラ関連の音源だったのか~ということに気づくことができました。(ありがとうございます、なんとこの方フォロワーさんでした。音楽好きはどこかで繋がっているものですね。)

※ちなみにこのときShazamを試したのですが、うまく認識してもらえず、曲はわからないままだったのでこの情報はとてもありがたかったんですよね。。このとき以外にもライブ後のTwitterで見た感想で勉強になったことは多々あるのでTwitterは最高。


その情報をもとに、無事シネマティック・オーケストラ関連のアナログ一式を購入しまして。
その中に当然「Late Night Tales」も入れたわけです。


音源としてなんとなく想像がつくものは後にして、一番イメージがわかなかった「Late Night Tales」を先に聞いてみたわけです。(実は一番期待していたかもしれない)


これがドあたりでして。

この記事ではこの音源のよさの3%、いや、もっと少ない程度しか伝えることができないのですが、どれほどよろしい音源なのかを伝えることを試みてみようと思います。



まず「Late Night Tales」はコンピレーションアルバム

音源の紹介に入る前にまずは「Late Night Tales」というコンピレーション盤の説明しましょう。

「Late Night Tales」はシネマティック・オーケストラのオリジナルアルバムではなく、アーティストがピックアップした曲のリミックスを一枚のアルバムにしたもので、音源選定のコンセプトは「夜に聞きたい音楽」。それがシリーズ化されて、いろいろなアーティストで作られ続けています。

これまでにメジャーどころだとTommy Guerrero、Jamiroquai、The Flaming Lips、Belle & Sebastian、Fatboy Slim、MGMT、Franz Ferdinandなどが選曲者として携わっており、個人的に好きなところで、かつこの企画に合っていると思うところだとFour Tet、Bonobo、Jon Hopkins、Nils Frahm、Floating Pointsなども参加しています。


そんな中にこのシネマティック・オーケストラの一枚も存在しているのです。





The Cinematic Orchestra「Late Night Tales」から最高な曲を一部ご紹介

アーティストが選ぶ他のアーティストの音源、というだけで興味深く、信頼に値するものなのですが、当然聞いても最高ということで、曲を並べて聞いてみるだけでもその価値が伝わるかもしれないのでここからご紹介してまいります。

※「Late Night Tales」のアルバムジャケットが動画に出ているものは音源そのままのものです、その他はリミックスされる前の原曲を掲載


Flying Lotus – Auntie’s Harp



一曲目はFlying LotusのRemixから。実際の収録曲は「Auntie’s Harp (Rebekah Raff Remix)」というもので、こちらの曲とは結構違いますが、ハープを使った曲からの入りで、物語が始まりますよ感がとてもいいんです。


Terry Callier – You’re Goin’ Miss Your Candyman



フライング・ロータスの入りからクリーンな感じでNick Drakeなど数曲が繋がれるんですが、この曲で一気に黒っぽさとグルーヴが増してくる感じが素晴らしいです。夜に聞いたら眠れなくなりそうなんですけどね笑


The Freedom Sounds Featuring Wayne Henderson – Behold The Day



ここからこういう踊れるノリで来るんです。
イメージ的にこういう音楽ってシネマティック・オーケストラとあんまり繋がらないんですが、こういう音も入れてるからこそのグルーヴだよなあと思ったり。(ジャイルス・ピーターソンっぽいバランスというか)


Thom Yorke – Black Swan



そこから一気にトム・ヨークに。この記事上では明らかに不自然な大きな展開に聞こえると思うのですが、音源では全く不自然でない繋ぎ方が素晴らしいというか。

こういうところでアーティスト(DJ)の実力が出るのか、と自分のような素人でも気づけました。


Steve Reich – Electric Counterpoint



そしてスティーヴ・ライヒ。この曲はもともと中毒性が強すぎる。
さらにこのアルバムに入ってしまったらもう抜け出せませんわ。


Bjork – Joga



ライヒの次はビョーク。
それぞれ素晴らしいのは理解しつつもここに共通性を見つけて繋げるあたりがさすがというか。

個人的にアルバム全体を通して聞いたことがある曲がちょこちょこと入ってくることでメリハリがありました。


Imogen Heap – Cumulus



ここからはもう怒涛の流れ。

自分の不勉強で、知らないアーティストも多いのですが、このあたりを繰り返し聞いています。

ビョークに続くのはImogen Heapというお方。
「Joga」の流れを受け継ぐために作られたかのような一曲。

こんな関係性、どこから引っ張ってくるんだよ。。耳が肥えすぎてる。(最高)


St Germain – Rose Rouge



そして中盤で重ためだったところから上げていく流れに入ってくるわけです。
このアップダウンの自由自在さは言いようがありません。もう乗っかるしかないわけで。

こうも簡単に踊らされるもんですかね、人の感情は。(最高)


The Songstress – See Line Woman



そしてこのアルバムの中で個人的に一番好きなこの曲へと流れ込んでいきます。

権利関係で日本だと再生ができないようなので原曲を。これがリミックスされてこれまた最高な仕上がりになっているのでぜひ音源で聞いていただきたい。(原曲も最高。この曲がなかったらこのアルバムに収録されることもなかったわけで)

Nina Simoneの「See-Line Woman」が元ネタ。

Nina Simone – See-Line Woman



ニーナ・シモンのハスキーボイスに加えて、フルートの音がたまりません。めちゃくちゃいいです。


Sébastien Tellier – La Ritournelle



(個人的に前曲のこのアルバムの頂点を)引き継ぐこの曲もまた美しくて。。

シネマティック・オーケストラの曲かな?と思ったほど。(このコンピに2曲シネマティック・オーケストラの曲が入っています)

こうして新しいアーティストの発見ができるのもコンピ盤のいいところですね。
好きなアーティストがアルバムに収録するほど好きなんだから悪い人なわけがないんですから。(単純)


Burial – Dog Shelter



そして続くはBurial。もうたまりません。

この揺れをこの後半で持ってこないでくれ笑、結構不安定になる。(褒め言葉)


The Cinematic Orchestra – Talking About Freedom



Burialの不安感のある曲から、しっかり自身の曲で落ち着かせておやすみの体制へ持っていってくれます笑
さすがでございます。


アルバムの収録曲を歯抜けでご紹介しましたが、これらをノンストップで聞いたらよりリアルにこの上げ下げを感じられて最高なわけです。


ぜひこの一枚をあなたの手に。
個人的にこのアルバムは一生聞けそうな気がしましたのでご紹介しました!





CDでも最高ですがアナログレコードだとさらにいい体験ができるかも

このシネマティック・オーケストラの「Late Night Tales」ですが、アナログ盤は180gの重量盤。

さらにハーフスピードでのカッティングをしており、音質もかなりいいものになっているはずです。(わたくしの再生環境は全く強くはないのですが、その良さが感じられるほどいいです。)

アナログアナログとうるさいのもどうかと思いますが、この一枚はアナログで買う意味がある一枚のように感じます。よろしければ。





そして最後に、この音源とは特に関係ないのですが、ライブ後に読んだシネマティック・オーケストラのこのインタビューの内容もとてもよかったのでぜひ!

現代の日本に染まってきている自分が大事にしたい感覚な気がしました。
シネマティック・オーケストラの音源でも聞きながらゆったりしつつぜひ。



それではみなさま、よき夜を。ごきげんよう。

Night Tempo

Night Tempoという、昭和歌謡をリスペクトしまくった上に生まれた令和歌謡

Night Tempoのことはですね、フジロック直前の深夜に放送されたフジロック特番で知りました。(ハライチの澤部さんとかが出てるもはやフジロッカーには定番のあれです)

その中でおそらくアーティスト紹介としては10秒くらいだったんじゃないでしょうか。各曜日のおすすめアーティスト!みたいなコーナーで、1日あたり10組ぐらい紹介される中でNight Tempoもさらっと紹介されてまして。

その10秒で「なんだこのアーティストは!」と衝撃を受け、なんとなく韓国のDJであることだけを記憶して、フジロックの出演アーティストの中を探した記憶があります。

確かそのフジロック特番でかかっていたのはこの曲だったんじゃないだろうか。 続きを読む

踊ってばかりの国 - ghost

踊ってばかりの国 – ghost 〜 !!!

今年はですねえ、朝霧JAMに行くかどうか迷ってるんですよ。

というのもGEZANが主催している全感覚祭と日程がかぶっているから。




だって、全感覚祭ではこんなライブが見れるんですもん。 続きを読む

君島大空 - 遠視のコントラルト

君島大空 – 遠視のコントラルト

君島大空、めっちゃくちゃかっこいいですね。

君島大空 – 遠視のコントラルト



このギターの唸り。

唸ってうねって。唸ってうねって。


この中でもアコギの美しいメロディーが後ろに走っていて。

これだけ展開もポンポンと変わっていって、すべての部分で違うことをやってるような感覚。

これ、エレキギター、12弦ギター、アコースティックギター、エレキベースそしてボーカルはすべて君島さんひとりでやってるそうですよ。 続きを読む

Penfold – Amateurs And Professionals

Penfold – I’ll Take You Everywhere (Amateurs And Professionals)

Penfold、名前自体はレコード屋さんのtweetなどで何度も目にしていたのですが、チェックするのが10年遅れましたね。。苦笑

こんなエモの塊の動画、ありますか?

まだご覧になったことがない方がいらっしゃるのであれば今すぐこの動画を見てください。
Penfoldのラストライブ。 続きを読む

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/28(日)3日目)

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/28(日)3日目)

フジロック2019、初日のおすすめ2日目のおすすめに続きまして、いよいよ最終日である日曜日のおすすめアーティストのご紹介でございます!(導入文がワンパターンになってきたな笑)

日曜日はですね、個人的に一番好きなtoeというバンドが出るのでご贔屓によろしくお願いいたします。

続きを読む

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/27(土)2日目)

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/27(土)2日目)

フジロック2019、初日のおすすめに続きまして、2日目土曜日のおすすめアーティストのご紹介でございます!

個人的に土曜日はホワイトステージのラインナップが最高ですね~

ホワイト!ホワイト!ホワイト!と続いておりますが、どれもおすすめのバンドですのでご容赦を!

続きを読む

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/26(金)初日)

フジロック2019 個人的おすすめアーティスト(7/26(金)初日)

もうこのブログの定番となってまいりました!
フジロックのおすすめアーティスト紹介の記事でございます!

今年は第一弾発表から「さすがフジロック!」というような声を多く見られましたね。

昨年の記事に続いて、おすすめをご紹介してまいります!

まずは7/26金曜日のおすすめアーティストから。
初日からめちゃくちゃ見たいアーティスト多いんですが!(もしかしたら金曜日が一番多いかも)
※実際チケットの売れ行きも一番いいみたいですね

ステージ割も出ましたが、トリ周辺がぶつかりまくりそうな予感。。


何にせよこれ、お仕事がある方は有給取るしかないのでは。

有給の申請はお早めにどうぞ!

※以下、アーティスト名のところに()でステージ名を入れております!

続きを読む

Clever Girl - No Drum And Bass In The Jazz Room

Clever Girlの「No Drum and Bass in the Jazz Room」というアルバム、めちゃくちゃよい

いや~Clever Girlというバンド、最近初めて知ったんですが非常にいいですね~

フォロワーさんどなたかのプロフィール画像とかになっていてアルバムのジャケットビジュアル?を覚えていて、YouTubeでそれが偶然リコメンドされたのでふと聞いてみただけなんですがそれがめちゃくちゃよくて。

なんと音源は2010年に発売されていたそうで。


とりあえず個人的おすすめの一曲聞いてみてくださいよ。これポストロック、マスロック好きにはたまらないんじゃないでしょうか。(自分) 続きを読む

原田知世 - ten va pas

【懐かしいEDWINのCM】原田知世 – T’EN VA PAS

昔見たCMの曲ってなんでこうも記憶に残っているんですかね。

このCMのバックで流れている曲もこないだラジオで久しぶりに聞いたらめちゃくちゃ強烈に思い出してですね。(このときのEDWIN、すごい勢いだったようなぼんやりとした記憶)

即YouTubeを探しますよね。そして、出てくるんですね笑 続きを読む

揺らぎ

シューゲイザーのその先へ。“揺らぎ”というバンドを紹介したい。

「存在は気になっていながらもずっと聞けていなかったバンドがこんなによかったとは!」

という経験は、誰にでも、そして音楽好きには割と何度でも経験があるのではないかと思います。


自分にとっての揺らぎはまさにそういうバンドでありまして、過去に何度もFLAKE RECORDSさんのtwitterでプッシュされているのを見ていたり、その周辺で話題になっていたり、このブログの名前とバンドの名前が似ていたり笑、聞くチャンスはいくらでもあったのですが、なんとなく聞けていなかったのです。(本当になんとなく、さりげなく)


で、ようやく初めて聞いたのがこのとき。(即購入。)

現状で最新の「Still Dreaming, Still Deafening」と、旧譜でCDは廃盤、完売となっていた「nightlife e.p」のカセットをすべりこみで購入したのでありました。 続きを読む

SILENT POETS - SAVE THE DAY

SILENT POETSの音楽で、物語を描く

先日、SILENT POETS(サイレント・ポエツ)のフルバンドライブを映画化した映画「SAVE THE DAY -SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE」をシネマート新宿にて観てきました。

この作品はクラウドファンディングによって制作が実現したわけですが、ファンにとっては当然見逃してはならない映画でしょうし、ファンでない方も一見の価値がある映画なのではなかろうかと。 続きを読む

松原みき - 真夜中のドア〜Stay With Me

松原みき – 真夜中のドア〜Stay With Me

松原みきさんの「真夜中のドア〜Stay With Me」。

これも野村訓市さんのラジオ「Travelling without Moving」で流れているのを聞いて、一発で好きになった曲です。

和モノクラシックとして、有名なところでは有名で、定番となっている曲だそう。

自分は全く知らなかったんですが、めちゃくちゃいい曲ですね。。 続きを読む

独断と偏見によるベストディスク2018

独断と偏見によるベストディスク2018

1/f揺らぎ的、 独断と偏見による2018年のベストディスクをご紹介します。

毎年恒例で、特に2018年のリリースに限ったものでなく、個人的に2018年に出会った音源をピックアップ。

音源が最高で記事にしたいな~と思いつつ、結局今年中に間に合わなかったものも多々あるので、ぜひおさらいとして。

それでは、どうぞ。 続きを読む

Holy Fuck - Lovely Allen

Holy Fuck – Lovely Allen

これは大ヒット。(個人的な意味で)

Holy Fuckの「Lovely Allen」。 ※2007年リリース

J-WAVEで放送中の野村訓市さんのラジオ「Travelling Without Moving」(選曲最高で、かつ話もおもしろいので最近めっちゃ聞いている)の中で初めて聞いて即ハマり。

同じようにあなたにもまず聞いてみていただきたい。 続きを読む

100s「OZ」

まさに“ファーストにして、すでにベスト!” 100sの1stアルバム「OZ」

2008年にこのブログで紹介していたんですが、まさか10年越しでこんな記事を書くとは思ってませんでしたよ、100s(ひゃくしき)。



11月に中村一義のワンマンライブがあるとの情報を最近見て

「あ、そういえば久しぶりに100sでも聞いてみるか」

と思ったんです。※100sは中村一義を中心としたバンドです


今聞いても最高過ぎる。

とりあえず一曲聞いてください。※音源は2005年に発売されたものです 続きを読む

鈴木実貴子ズ - アンダーグラウンドで待ってる

鈴木実貴子ズ – アンダーグラウンドで待ってる



この曲が、あの場の雰囲気を一転させた。

とはいえ、鈴木実貴子ズのライブに行ったわけではない。

Climb The MindというバンドのワンマンライブのSEで、確か暗転と同時にこの曲が流れた。

ざわついていた会場が、一気にクライムのライブの空気になったように感じたのを覚えている。 続きを読む

Jon Vinyl

Jon Vinyl – Nostalgia



アヴァランチーズの来日があった2018年、アヴァランチーズと親交の深い野村訓市さんのラジオ「TRAVELLING WITHOUT MOVING」(激おすすめ番組)にアヴァランチーズがゲスト出演しておりまして。

その中でアヴァランチーズのロビーおすすめの曲として紹介されたのがこちらのJon Vinylの曲。 続きを読む

Blood Orange - Best To You

Blood Orange – Best to You



日々紹介したい最高な音楽があるなあと思いつつ、しっかりボリュームで記事を書こうとすると日々が過ぎているうちに初期衝動的な熱量が減っていく感があり、かつ、1曲ずつ紹介していかないと自分がその当時何を聞いてたかいつの間にかわからなくなる、ということでこのブログの旧スタイルを復活。

自分の聞いてた音楽を、その当時の気持ちを反映した自分の文章で見るって結構おもしろくてですね笑(いつの間にかこのブログをスタートしてから10年以上が経過しており、そのおもしろみを改めて感じており)


まあ、日記みたいなもので。
自分のプラットフォームに自由になんとなく残していける、というのは楽しいものです。

それに今の時代、そういうものが自然と求められているようにも感じるので。 続きを読む

タッシュ・サルタナ

このお方、天才につき タッシュ・サルタナ(23歳・女性)

2018年4月のコーチェラの配信を「要所だけは抑えておくかな」くらいの生半可な気持ちでざーっと聞いていたんですよ。


そしたらチャンネルをまわしていた隙間時間で見た、このお方のライブに一瞬で引き込まれてしまいました。


Tash Sultana(タッシュ・サルタナ)。 続きを読む

フジロックのライブ配信を楽しむためのメモ

フジロックのライブ配信を楽しむためのメモ

フジロックのYouTubeライブ配信、最高でした。

SMASHさん、Softbankさん、配信にOKを出してくれたアーティストのみなさま、そして配信に関わったスタッフのみなさま本当にありがとうございました。

これだけの画質、音質で、あれだけ安定して配信ができる、となれば当然のように大絶賛の嵐なわけでありまして。

今年フジロックに課金してなかった身からしたら、感謝しかございません。誠にありがとうございます。


来年は現地に行く気がしますが、今年は自分自身がライブ配信をめちゃくちゃ楽しみつつ「ライブ配信を楽しむにはどうしたらいいか?」と考えながら(できる限り楽しみたいので当たり前ですが)見ていたので、そのあたりをメモとして残しておきたいと思います。


絶対来年には忘れてるんだ!こういうことは。(少なくとも自分は)
そしてまた同じ過ちを繰り返し、後悔するんだ!という意味でのメモです。 続きを読む

フジロック2018おすすめ7/29(日)3日目

フジロック2018 個人的おすすめアーティスト(7/29(日)3日目)

フジロック2018、初日のおすすめアーティスト2日目のおすすめアーティストに続いて3日目のおすすめアーティストをご紹介します。

さあ日曜日。ボブ・ディラン出演で大盛り上がりとなりましたが、自分はそれほど盛り上がったわけでもなかったりしました笑

ボブ・ディランは原曲がほとんど分からないくらいアレンジがすごいって言いますし、そんなにボブディランに詳しくないわたくしがこの記事で改めて「LIKE A ROLLING STONEがやっぱり最高でですね!」とか言っても、という感じなので、あえて省略にて失礼いたします。関係者のみなさま大変申し訳ございません。
※と、思ったのですが、おもしろいインタビューがあったのでそれだけ追記してあります!

※画像はこの記事を書きながらもっとも気になってしまったケイシー・マスグレイヴスのPVより。中毒性あって最高です。。


ということで、3日目のおすすめアーティストをご紹介してまいります!


続きを読む

フジロック2018おすすめ7/28(土)2日目

フジロック2018 個人的おすすめアーティスト(7/28(土)2日目)

フジロック2018、初日のおすすめアーティストに続いて2日目のおすすめアーティストをご紹介します。

※画像はこの日に出演するSuperorganismのボーカルOronoさん。


土曜日はステージ別で見ると、レッドマーキーが個人的に激アツですね。。ほぼレッドでもいいのではないかくらいの。

とか言いつつ、そんなことはムリなのであります!!!フジロックには誘惑がいっぱい!最高。


続きを読む

フジロック2018おすすめ7/27(金)初日

フジロック2018 個人的おすすめアーティスト(7/27(金)初日)

フジロックの日割り、ステージ割りが発表されたので、昨年の記事に続いて、おすすめアーティストの紹介を!


いよいよタイムテーブルも発表されましたので、時間帯も記載して更新しました!

見たいアーティストがすべて見れるなんて、フジロックの魅力的なタイムテーブルではありえないとも言えますが、できるだけ楽しめるよう、マイタイムテーブルを練っていきましょう!

まずは金曜日のおすすめアーティストから。

続きを読む