このエントリーをはてなブックマークに追加

【シャカゾンビとブラフマンがコラボ!】 SHAKKAZOMBIE & BRAHMAN – KOKORO WARP (BRAHMAN REMIX) (「REVOLVER FLAVOUR」)



SHAKKAZOMBIE & BRAHMANの「KOKORO WARP (BRAHMAN REMIX)」。

シャカゾンビとブラフマンがコラボしたこの「KOKORO WARP」。
いい時代ですね~!


原曲はシャカゾンビのもので、この動画はファッションブランドのREVOLVERが主催していた「REVOLVER FLAVOUR」での一幕です。


この当時、音楽とファッションが融合していて、すごく面白かったですよね~


このライブ動画の後ろにある、ブラフマンのロゴはREVOLVERのKIRIさんのデザインですし、
シャカゾンビのオオスミさんがやっているSWAGGER(懐かしい。。。涙)など
アーティスト自身がやっているブランドもあったりしましたよね。
(他にもあったと思うのですが、遥か昔すぎて思い出せません。。)

裏原×インディーズ、という感じで、バンドマンがそのブランドの服を着て、
ファッション誌に出ているのもしょっちゅう見かけました。



そういうのってめっきりなくなりましたね~



カルチャーとカルチャーのコラボって理想的な形だと思うのですが。
(西海岸のサーフィン×音楽、的なノリとかもいい例かなと。)



今思えば、裏原ブランドは、音楽とのコラボだけに限らず、
今や現代アートの大御所的な立ち位置にいる、
KAWS(×Ape)Futura(×STUSSY)、ジュリアン・オピー(×SOPH.)、宮島達男(×SOPH.)など、
アート業界ともその当時からコラボしていた、という点でとてつもなくすごいな~と思うわけです。
というのと「ありがたや、ありがたや」という思い。
(他にもたくさんのコラボがあったと思います。)


やはり突出した文化は、その周辺の文化をも巻き込んで新たな文化を掲載していく、ということなのでしょうか。
当時のファッションバブル、すごかったもんなあ。(AIR MAXが1足20万とかね苦笑)





あ、話がそれましたが、ブラフマンとシャカゾンビの曲の方も最高です。



まずメンバーのみなさんが若いことに驚きますが笑

最後のサビで畳み掛けるような声、声、声。


当時、ヒップホップとパンクロック(というジャンルわけでいいのか?)の融合は
とても新鮮に聞こえて「かっこいい~」と思った記憶があります。


もう今じゃあこういうノリのことはしてくれないんだろうなあと思いつつ笑

ブラフマンは、今でもバリバリに活動していて、それもまたすごいことだなあと思います。
まだまだこれからも楽しいことを作ってくれそうです。


記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!