このエントリーをはてなブックマークに追加
ジム・オルーク 演歌 平成歌謡塾 矢切の渡し

【ジム・オルークが演歌?】「平成歌謡塾」本日のゲストはジム・オルークさんです!??

TV番組「平成歌謡塾」に、激震が走りました。


「本日のレッスン生はジム・オルークさんです♪」


!??


続けて、

「実は、ジム・オルークさんは世界的に活躍されるミュージシャンで、今日は演歌の心を学びたい、とレッスンを受けることになりました~。」

と笑


ということで早速、世界的に活躍されるミュージシャン、ジム・オルークさんによる、ちあきなおみ&細川たかし「矢切の渡し」お聴きください笑
※ジム・オルークって?という方は、まずこちらを読んでいただくとよいかと

平成歌謡塾:四方章人先生のレッスンコーナー特別編




動画から人の良さが滲み出まくってる。。。


そして、


どんだけ謙虚なの?


という。。



先生やアナウンサーとのやりとりで、

「う~ん、ハイ。少し恥ずかしいけどガンバリます。」

「歌詞も間違いました、スイマセン。。」

「よく間違えます。。」

「あ!八分。ハイ、ハイ。。スイマセン。。」

などという受け答えをし、
しまいには、先生に「いや~大変素晴らしい!」と言われてもなお、

「いや~間違えました、スイマセン!」

と笑


ぼそぼそと語るジムさんの謙虚さ、正直さ、新しいことを学ぼうとする姿勢、素晴らしいですね!これぞ一流。



という、ネタ的な要素が先行してしまいましたが、ジムさんの声。


優しくてとてもいい。


丁寧に音を発していることが、伝わってきますね。
音楽への愛というか。

音楽が好きなんです!というのが、じんわりと、しかし確実に伝わってくるのが、個人的にこのお方が好きな理由です。


ということで、ジムさんのすごさも改めて確認しておきましょう。

ジム・オルークとは

※素晴らしいソロ音源を聴きながらどうぞ。(ジャケもヤバいですが、1曲目から最高)
Jim O’Rourke – Eureka



冒頭の「平成歌謡塾」の動画を見ていて、ふとした疑問が。

アナウンサーの方、ジムさんの本当のすごさを知っていますか?

※本当にご存知でしたらスイマセン。。

ということで、世界的に活躍されるミュージシャン(笑)、ジム・オルークさんを簡単に3つに分けてご紹介します!

①バンドでの活躍
まずバンドとしての経歴としては、以前はソニック・ユースにも所属していたり、TORTOISEやthe sea and cakeのジョン・マッケンタイアなどとのバンド「Gastr del Sol(ガスター・デル・ソル)」でもその才能を遺憾なく発揮しております。

ジムさんが所属していたときのソニック・ユースのアルバム。

Sonic Youth – Murray Street


ナイスですね。
関係ないと思うんですが、ジャケットもめちゃくちゃかっこいい。
(動画の中で曲名が分かるのはうれしいんですが、邪魔なくらいw)


ガスター・デル・ソルの音源はもっと実験的な音で、こちらもかっこいいです。
知名度はやや低めかもしれませんが、素晴らしいのでぜひご一聴を。

Gastr del sol – Crookt Crackt or Fly


いかにも、こういう音楽がやりたかったんだろうな~という感じ笑



②大の日本好きで、日本のアーティストとの交流も多数
ジムさんは大の日本好きで、今も日本に住んで活動されています。

日本のアーティストとの交流も多々あり、石橋英子、坂田明、大友良英、前野健太、高田漣などとライブをやっていたり、くるりの「図鑑」で一部の曲をプロデュースしていたりと、その活動の自由さというか、自然さ、そのまわりに集まるアーティストも素晴らしい方々ばかりです。

これもジムさんの人柄によるものなのかなあと思います。(もちろん音楽的なセンスもありますが。)

実験的要素満載で、ぶっ飛びまくっている大友さんとのセッション。

大友良英&ジム・オルーク @新宿PIT INN




③今もアンダーグラウンドで一線級の音楽を提供中
過去の話や、有名人とのつながりもありますが、本当に信頼できるのは、この点ですよね。

こちらも日本でのソロライブの様子。(六本木のスーパーデラックスで、よくいい感じのアーティストたちと即興を含めた、セッション的なライブをしている印象が強いです。スーパーデラックスは、ハコ的にもそういう実験的な音を提供してくれるハコですよね。)

Jim O’Rourke – LIVE @六本木SuperDeluxe



ギターの音がいいんですよね~

テクニックがある、というか、いい音を引き出すのがうまい感じ。(それがテクニックか笑)

こういう演奏の中から、今でも、ジムさんの琴線に触れたであろう音楽に正直に向き合って、新たな音楽を創作していこう、という姿勢が伝わってくるのです。

実際にそれをインタビューで読んだ、とかではないですが、言葉でそれを伝える、というのではなく、音楽に向き合う姿勢でそれを感じさせてくれる、というところがこれまた素晴らしい。

↓たぶんこれを読めば、そういうことが書いてあると思うんです!(予想w)



そして今回の動画でも、そのお人柄が滲み出ていて、ますます納得できたというか笑

こういうお方の作品はぜひぜひ手にして、長く愛していきたいですね~


ということで、番組で登場するアナウンサーの方にも、ぜひジムさんのライブ見て欲しいです!

すでにご覧になられていたらスイマセン、、!!
(個人的には、今月の草月ホールでの再現ライブに参加します)

それではこんなところで。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております