ミシェル・ゴンドリーのPVまとめ20本!

【厳選20本!】ミシェル・ゴンドリーのPVまとめ ※メイキングあり

ミシェル・ゴンドリー。

今や映画監督としてその名を轟かせていますが、原点は音楽PVにあるのではないでしょうか。
その緻密な映像、大胆な発想は唸らされるものばかりです。

自身がバンドでドラマーをしていたこともあるためか、リズムに合わせた映像を撮るのがうまいなあと思います。特にケミカル・ブラザーズの「Star Guitar」は必見なのでぜひ。

そんなミシェル・ゴンドリーのPVを年代順にまとめてどうぞ!

個人的なおすすめは
Kylie Minogue – Come Into My World
The White Stripes – Fell in Love with a Girl
The White Stripes – The Hardest Button To Button
The Vines – Ride
あたりです!

必ず何か新しい発見があること間違いなし! 続きを読む

夏のおすすめ名曲

【ド定番から隠れた名曲まで!】夏に聞きたいおすすめ名曲26選

夏。


日本の夏。


さて、今年も夏がやってまいりました。

うだるような暑さの夏は「せめて夏っぽい音楽でも聞いて、夏を楽しみましょうよ」という方に捧げたいのが、こちらの記事であります。

夏を、これらのおすすめ曲とともに楽しんでいただけたら幸いです。


さて、まずは

誰のせい、それはあれだ、夏のせい!

の、スチャダラのこの曲から。 続きを読む

toe入場SE

【toeのライブ前に流れている曲は何?】toeのライブ入場SE曲まとめ

toeのライブに行くと、ライブはもちろん楽しみなのですが、もうひとつ楽しめる音があります。

それがライブ前の入場SE。


(おそらく)山㟢さんセレクトの良曲の数々が聴ける、っていう機会はなかなかないですからね~
最近は山㟢さんがDJでイベントに出演していたりもしますが、SEで流すのとは違うでしょうし。

ということで、過去の山㟢さんのtwitterでのつぶやきをさかのぼってSEを検索してみました。


入場SEのセンスがいいと、そのバンドがよりかっこよく見えたりしますので(笑)、
toeが好きなバンドマンのみなさんはぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか?

それではどうぞ。 続きを読む

「BRAINFEEDER」からリリース! Taylor McFerrin – Early Riser



Taylor McFerrin(テイラー・マクファーリン)のアルバム「Early Riser」から3曲。

(個人的な)2014年のベストアルバムに確実に入ってくるであろうと思われる一枚。

ロバート・グラスパーのような、フライング・ロータスのような、そんな音でありながら、オリジナルなリズムがあり、電子音独特のきつさがあまりない、とても心地よい音楽です。
(言葉でゴタゴタ言うより、聴いていただければその良さが伝わるとは思いますが笑) 続きを読む

Bibio – À tout à l’heure (「Silver Wilkinson」)



Bibio(ビビオ)の「À tout à l’heure」。

あたたかみのあるメロディーに打ち込みの音が不思議とマッチしているBibio。

この曲を収録したアルバム「Silver Wilkinson」は2013年発売のものですが、これを聴き逃していたのは勿体なかった。。

そのアルバムの中でも、この曲は特に好きです。 続きを読む

syrup16g おすすめ名曲まとめ

【これだけは聞いておきたい!】syrup16gのおすすめしたい名曲たち

Syrup16g復活。

公式HPでの記載によると、武道館でのラストライブで五十嵐さんは、

「明日は来ないね。明日はない。終わってしまうね。」

と思ったそうですが、その”明日”がやってきました。



自分も例に漏れず、もう一度シロップの名曲を聞き返しているわけですが、その中で独断と偏見により決定した、特におすすめの名曲をご紹介します。 続きを読む

日本野鳥の会長靴

【フェスでも活躍◎】折りたたみ長靴なら野鳥の会 長靴の一択!安くて柔軟!

フェスや梅雨、雪のシーズンが来たときに、ぜひともおすすめしたい折りたたみ長靴があります。


日本野鳥の会 長靴


です。




「野鳥の会の長靴!?」

と思ったあなたに、


「安い!柔軟!折りたたみ可!」


というキャッチコピー(自分が考えたものですが笑)が売りで、あまりにも素晴らしいコスパである、日本野鳥の会 長靴の特徴をご紹介してまいります。


※わたくしも、野鳥の会長靴を先輩フジロッカーから教えていただき、購入し、そのコスパのあまりの高さに感動したひとりです


それでは早速どうぞ!

続きを読む

Aphex Twinの曲をオーケストラが再現

【結構すごい】Aphex Twinの超難解な曲をオーケストラが再現したらこうなった

いや~、こんなことにチャレンジする果敢なオーケストラのみなさんがいらしゃるとはねぇ~

今回、このオーケストラがチャレンジした曲はAphex Twinのアルバム「Drukqs」収録の「Omgyjya Switch 7」。


まずはその超難解な曲をAphex Twinの音源でお楽しみください。 続きを読む

Luv(sic)元ネタまとめ

【名曲揃い!】Luv(Sic)シリーズ 元ネタまとめ(サンプリング) Nujabes×Shing02

Nujabes(ヌジャベス)とShing02(シンゴツー)の代表的なシリーズ曲、「Luv(Sic)」。

名曲の数々の中に使われた、サンプリング曲(元ネタ)をまとめましたのでご紹介です。
※サンプリングとは、過去の音源の一部を引用し、それを曲として再構成すること。ヒップホップの曲は元ネタがあるものが多々。

一般的に知られる「ヌジャベスの曲」というのも、元ネタを使用したものが多く、有名なLuv(Sic)シリーズも例外ではありません。

それでは早速、Luv(Sic)の元ネタをご紹介しましょう。
ヌジャベスの曲と元ネタの聴き比べができるように、Luv(Sic)⇒元ネタの順で掲載しておきますね! 続きを読む

旅する映像詩人 ヴィンセント・ムーンの世界

【上映動画まとめ】旅する映像詩人 ヴィンセント・ムーンの世界 地中海・アフリカ @下高井戸シネマ

ヴィンセント・ムーン特集上映「旅する映像詩人 ヴィンセント・ムーンの世界」@下高井戸シネマ、行ってまいりました。

今回の特集では毎日、別の作品の上映がありますが、今日は「地中海、アフリカ」の日でした。

※下高井戸シネマでは上映後に、劇中に使われた動画の一覧を記載した紙を配ってくれていて、ありがたい限りです。
それを参照して、上映された動画をまとめておきます。


それでは早速上映された映画をどうぞ。 続きを読む

【スクエアプッシャー×オーケストラ!】Squarepusher & Charles Hazlewood vs Southbank Sinfonia – Excerpt from Ufabulum (「Ufabulum」)



Squarepusher & Charles Hazlewood vs Southbank Sinfoniaの「Excerpt from Ufabulum」。

スクエアプッシャー、仕掛けのレベルが段違いです。。。


スクエアプッシャー×オーケストラ。


まさかこう来るとは。。。



自分のこの電子音とオーケストラを混ぜようとしますかね普通、、笑


しかもそれがめちゃくちゃマッチして、とてつもなくいい音楽になっているという。。。


素晴らしいです。 続きを読む

toe us tour boston

【高画質・高音質】 toe アメリカ、カナダツアー ボストンでのライブ動画 全曲まとめ

toeのレコードをアメリカで作成・流通させているTOPSHELF RECORDSの公式YouTubeにて、toeのアメリカ ボストンでのライブ動画が一挙にアップされましたのでご紹介です。

TOPSHELF RECORDSの本拠地がボストンなので、機材もいろいろ揃っていたのか、音も映像も今までアップされてきたアメリカ、カナダツアー各地のものよりかなりいいように思いますのでぜひ。

おそらくですが、セットリストも上から順になっていると思いますよ。


では早速どうぞ。
続きを読む

wrong scale おすすめ曲

WRONG SCALEを聞くならこの10曲をおすすめしたい

大学時代に、部活の後輩から教えてもらったWRONG SCALE(ロングスケール)。
かなり聞きこんで、ライブにも行きましたし、解散ライブにも行きました。

そんなロンスケがまさかの復活!!!

ということで、いてもたってもいられずに記事を書いている次第です。 続きを読む

向井秀徳インタビュー

【向井秀徳を知る】向井秀徳のインタビュー記事まとめ

向井秀徳。
何度かライブで拝見したのですが、どうしてもこのお方はつかめない。

そんな向井さんが語る言葉から、少しでも向井秀徳という人物を知れたらと思いまして、ナンバーガール、ZAZEN BOYS、KIMONOS、それぞれの時代のインタビューを集めてみました。

「向井は向井でも、向井理より向井秀徳!」という硬派な方は必読であります。

※向井理は結婚しましたしね。


早速、ナンバーガール時代のインタビュー動画からどうぞ。

特に「URBAN GUITAR SAYONARA」のインタビューがかなりシュールで面白いのでご覧いただきたく笑
続きを読む

american football never meant

American Footballの名曲「Never Meant」のオフィシャルPVがYouTubeにて限定公開!



言わずと知れた大名曲American Footballの「Never Meant」のPVが公開されました!
※現状、YouTube上では限定公開に設定されているので検索には出てこないかもしれません。


アメリカンフットボールの再結成とデラックス・エディションの発売によって盛り上がっている、その周辺の方々を盛り上げるべく、PVも新作として撮ったようですね。 続きを読む

ナンバーガールおすすめライブ動画まとめ

【90年代の伝説】ナンバーガールおすすめ曲のライブ動画8選+番外編

ナンバーガール。

このバンドが生み出した名曲の数々は、バンドが解散してしまった今となってはライブで見ることはできないわけですが、そのライブを録画した動画は多数残っているわけでありまして。(自分も実際にライブを見られなかったひとりです。。悔しい。。笑)


まだ未見のナンバーガール動画がある方は、ぜひ一度ご覧になっていただきたいのであります。

このバンドの熱量、すごいですから。


メンバーはこちら。

ギター、ボーカル: 向井秀徳(ZAZEN BOYS、KIMONOS、向井秀徳アコースティック&エレクトリック)

ギター: 田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、toddle、LAMA)

ベース: 中尾憲太郎(Crypt City、ART-SCHOOLのサポート)

ドラム: アヒト・イナザワ(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)


これだけの面々が集まっていたんですから、中尾さんが脱退しようとしたときに、この4人でこそナンバーガールである、という理由でバンド解散となったことも納得がいきます。


90年代の伝説と言っても過言ではない、数多のバンドに多大な影響を与えたナンバーガールのライブ動画、ぜひお楽しみください!
続きを読む

Whenever, If Ever

The World is a Beautiful Place & I am No Longer Afraid to Die – Whenever, If Ever





The World is a Beautiful Place & I am No Longer Afraid to Dieの「Whenever, If Ever」というアルバム。

これは2014年のトップテンに確実に入るであろうアルバムになりそうです。(もちろん個人的にですが笑)



このバンドは3段階で好きになったんですが、音楽は最後だったんですよね。
印象的だったので書いておきます。



①ジャケットのセンスがいい

最初は、ジャケットがいいなあと思って見ていたのがきっかけ。 続きを読む

TTNG acoustic @absentee

【壮絶なタッピング!】 TTNG – Adventure, Stamina & Anger (acoustic)



TTNGの「Adventure, Stamina & Anger (acoustic)」。

TTNG、アコースティックで聴いてもおもしろいですね。

原曲だとギターのタッピングがハンパじゃないこちらの曲ですが、
このときはJAPAN TOURの途中で、名古屋のレコードショップstiffslackの横の
Absenteeにてアコースティックライブをしたようです。

※Absenteeにはお客さんは10人以下しかいなかったとのことなので超レアなライブですね。 続きを読む

TTNG JAPAN TOUR 2014

【ライブレポート】TTNG JAPAN TOUR 2014 @渋谷O-nest ’14.05.15 セットリスト付 w/peelingwards,MIRROR

TTNGが来日!
TTNG JAPAN TOUR 2014、行ってまいりました!
東京の初日。渋谷O-nestにて。

そもそもTTNGとは?という方はこちらの記事を読んでもいいかもしれません。

少し遅れて会場に着きまして、会場のドアを開けると人がいっぱいでほとんど動けず、
対バンのMIRRORを一番後ろの出口あたりほうで見ていました。

ふと見ると、なんか背の高いかっこいい外人さんがドリンクの前あたりで立っており、
まあ海外のバンドだから海外のお客さんもいるよな~とか思いつつ見ておりました。


すると、TTNGのセットチェンジの際にドラムのところにそのお方が!!!

続きを読む

TTNG(This Town Needs Guns) – 13.0.0.0.0



TTNG(This Town Needs Guns)のアルバム「13.0.0.0.0」。

これぞ次世代エモ・ポストロック。

変拍子あり、高音ギターあり、美麗なギターアルペジオあり、透き通ったボーカルあり、それらが複雑に絡まりつつもスムーズに進んでいく音。

素晴らしいですね。


2014年秋に復活することで話題となっているAmerican footballを彷彿とさせる、その音色。
キンセラ兄弟に続く次世代として、注目したいところです。 続きを読む

【思い出のマーニー主題歌に抜擢!】Priscilla Ahn – The Moon



Priscilla Ahn(プリシラ・アーン)の「The Moon」。

歌もすばらしいのですが、それ以前に、通りかかりの女の子たちとのやりとりのナチュラルさと、その声で、すでに心奪われてしまうという。。そんな動画です笑
女の子たちの「芸能人と会っちゃった~」感のある表情、リアクションもナチュラルでいい感じ笑


プリシラ・アーンは、スタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』の主題歌に抜擢されているそうで、公開に向けて、これからさらに日本のメディアへの露出が増えそうです。 続きを読む

EVISBEATS – ゆれる feat. 田我流 (「ひとつになるとき」)



EVISBEATS(エビスビーツ)の「ゆれる feat. 田我流」(でんがりゅう)。


朝にいい一曲ではないかと。
くるりの「ばらの花」にも似た鍵盤の音が入っているのが個人的にも好きなポイントかもしれません。

最近は、EVISBEATSも田我流もいろいろなアーティストとコラボしていて、その名を見る機会も増えたように思います。


自分自身はヒップホップ関係に詳しくないので少し調べたところ、 続きを読む

efterklang

Efterklangはもっと多くのファンがいてもいいバンドだと思う

Efterklang(エフタークラング)はデンマークの3人組のバンド。

このバンドが素晴らしい。


ポストロックやエレクトロニカの音を含みつつ、ライブの際は編成が増えて、オーケストラにも近いような感覚の音が出てきます。

ライブの中では、実験的に一般の方たちも巻き込んで、その音を作り上げていくような試みもしています。


そんなエフタークラングは2012年にHostess Club Weekenderで来日もしたりしつつ、残念ながら2014年に活動休止してしまったのですが(その後、地味に活動を続けつつ、2016年に新譜がリリースされました)、その曲はアンダーワールドのカール・ハイドにも絶賛されるほどだったそうです。
(カール・ハイドが自らエフタークラングの売り込みをして、世界的に有名になった部分もあるとか) 続きを読む

ポストロックの系譜

キンセラ兄弟、Cap’n Jazz・・・エモ・ポストロックの系譜をたどる樹形図

American Football、Mineralの再結成、Owlsの13年ぶりの新譜Ghosts and Vodkaのレコード発売BRAIDのニューアルバムsunny day real estate(サニー・デイ・リアル・エステイト)の14年ぶりの新曲など、エモ・ポストロック業界が湧いております2014年。

※それ以降のエモ・リバイバルの動きもかなり大きな動きになっていますね


せっかくのタイミングなので、その系譜をCap’n Jazz(キャップン・ジャズ)から辿ってみましょう。

ということで、こちらのtoe山㟢さんのつぶやきを参照します笑
続きを読む

American Football(アメリカンフットボール)が再結成!!!ライブ、フェスへの出演も決定!

エモ・ポストロック界の伝説、American Football(アメリカンフットボール)が15年ぶりに再結成!!!

これはビッグニュース過ぎます!
レコードのリイシューでデラックス・エディションが発売決定したり
Ghosts and Vodkaのレコードが発売されることが発表されたり
エモ・ポストロック界隈が動いてるな~と思っていたら、そういうことでしたか。

ソースは海外の音楽メディア、ピッチフォーク。 続きを読む

レコード初心者におすすめのレコードプレーヤー

【1万円以下も!】レコード初心者におすすめのレコードプレーヤーは?

レコードブームが再燃しつつあり、ひそかに盛り上がるレコード業界。
レコード・ストア・デイも毎年、じわじわと盛り上がってきていますし。)

CDよりレコードの方が音質がいいということが広まれば、音楽が好きな方の中では「音楽をレコードで聞きたい!」というニーズが当然増えると思います。

そこで気になるのが、レコードを再生するレコードプレーヤー。
何を買えばいいの?という話です。


自分もずっと買おうとしていたレコードプレーヤー。
最終的には①のレコードプレーヤーを購入しました!(そのとき②、③は発売されていませんでしたが。。)

購入後も含めて、いろいろな機種を比較した中での個人的におすすめしたい3機種をご紹介します!


まずはじめに・・・

この記事でご紹介するレコードプレーヤーは、以下の2つの機能を備えたものとします。

①すぐ再生できる
 -内蔵スピーカー付きなので、別売りのスピーカーなどを追加で買わなくてもOK
 -この一台さえ持っていれば、レコードが聞ける

②USB録音可能
 -レコードの音源をUSBを通じてPCに保存可能


上記の2つの性能があれば、レコードに初めて触れる方でも安心かと思いますので!

では早速まいりましょう。



①ION AUDIO Archive LP

ArchiveLP


まず最初にご紹介するのはレコード業界を震撼させ、かつ、レコードプレーヤーを革命的に手軽にしたこちらの一台。ION AUDIOから発売された「Archive LP」です。

こちら、
1.お値段
2.機能
3.見た目

の3つの面でおすすめができる一台であります。

1.お値段は約1万円!
から、さらに安く7,000円台に!

すごいです。1万円ぽっきりのインパクト。と思っていたのですが・・・
※さらにお安く、7,000円台になりました。。すごすぎる。。。(2016年6月)


7,000円という激安価格で、機能は大丈夫なの??

とご心配な方に、2番目、3番目のメリットが。

※ちなみに自分は1万円の時点で購入済みです笑


2.USB録音可能!内蔵スピーカー付!

Archive LPの詳細な紹介については、OTAI RECORDさんの解説YouTube動画がありますのでご紹介します。
※OTAI RECORDは名古屋のレコード機器専門店です



管理人の方がいいアジ出してます笑
そして「ヤバイっすね!」の連呼笑、それくらい言うほどの商品であるということでしょう!

動画の8:10あたりから、レコード再生の箇所があります。
スピーカーは、音もかなり大きく出るみたいですし、音のひずみもそれほどなく再生されるみたいです!


そして、パソコンへの録音も可能。(USB対応。)
動画で10:00あたりから説明されますが、パソコンにUSB接続してそのまま録音が可能!
(iPhoneへ直接録音する場合、コネクションキットが必要だそうです)


また、当然、33、45、78回転に対応。

アダプタも付いているので、ドーナツ盤(7inchレコード)にも対応可能です。


これは初心者の方にとって、全く申し分のないスペックと言えるでしょう。


※実際にArchive LPを入手してみました!さすがに内蔵スピーカーでは音は厳しいかなと思ったのですが、音質・音量ともに内蔵スピーカーで充分、というのが個人的感想です!
unnamed

3.見た目もいい!

Archive LPはすっきりした木目調で見た目もインテリアとして使えるレベルです。

ArchiveLP外観
このお値段で3拍子揃った逸品は、なかなか素晴らしいのではなかろうかと。

⇒Archive LPのより詳細な紹介はこちらの記事をご覧ください!


②ION AUDIO MAX LP

ION AUDIO MAX LP


①で紹介した「Archive LP」を進化させたのが「MAX LP」。

ダストカバーがついて、ヘッドホン端子が搭載された、という2つの進化を遂げています!

レコードについてしまうホコリなどをできるだけ避けたい、という方は「MAX LP」を選んでみてはいかがでしょうか?

⇒MAX LPのより詳細な紹介はこちらの記事をご覧ください!



③Amadana Music SIBRECO

amadana music sibreco


こちらは、①、②とほぼ同じと言ってよい機能を備えつつ、かつデザイン家電業界の雄、Amadana(アマダナ)がデザインしたレコードプレーヤーです。

MAX LPと①、②のレコードプレーヤーの機能を比較すると以下のような形になります。
amadana music MAX LP機能比較
お値段はAmadana価格という感じで笑、ややお高め。
その分、デザインの完成度はやや上でしょうか。(お好みによりますが)

※Archive LP、MAX LPは価格改定により上記の表よりさらにお安くなっております笑

⇒SIBRECOのより詳細な紹介はこちらの記事をご覧ください!


以上、レコードプレーヤーの購入をご検討の方は、ぜひ上記のおすすめレコードプレーヤーをご検討いただいてみてはいかがかと思います!

レコードライフ、お楽しみください!!