カテゴリー別アーカイブ: Shing02

Shing02 – Luv(sic) pt.1~pt.4



Shing02の「Luv(sic) pt.1~pt.4」。

これはおそらく8/14のNujabes Eternal Soul @代官山UNITのライブのときのものでしょうな。

この日はUNITのまわりに大行列ができて、開場の10分前くらいに着いたら駒沢通りのほうまで長蛇の列ができてました。。

通りすがりのどなたかから、
「これなら代官山じゃなくて恵比寿駅から来たほうが近かったよね」
とのコメントが飛び出すほど。
(結局UNITに入れたのは1時間後くらいだったような。)

しかもUNITに入った後も大混雑。
あんなに混むような場所、イベントじゃないと思ってたので、えらくびっくりしたっけ。



で、この日Shing02が登場したのは深夜の3時頃ですがこの熱気(笑)

まぁイベントに出てたメンツが半端じゃなかったからテンションが続くのも納得です。

参照:http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/08/14/100814_nujabes_eternal_soul_1.php
※Nujabesやhydeout productions関連のアーティストほぼ全員じゃないすかね!


フロアも開場後から混雑しすぎで入っていけないくらいの感じ(という実際自分は入れなかった)だったんですが、フロアはb-boyだらけでかなり男くさい感じになっていたらしい。。

しまいには、超大声でShing02と一緒に歌ってる人もいたとかww




いやぁそれにしても素晴らしいライブ。


ラストは最近はよくやってる、Luv(sic) pt.4もやってますね。
この日は、エミ・マイヤーさんに加えて、Uyama Hirotoさんもいてすごいことになってますな。



8:17あたりにShing02が


「Luv(sic) pt.4、YO!」


と言うところがあるんですが、そこの盛り上がり様(笑)


あんまり記憶にないですが、このときが初公開だったのかな。


Shing02はこの後、メタモでも見たけどそのときはそのときでまた良かった。
それはまた別の記事にて。



そういえば、ついでにお伝えすると、Nujabesのトリビュートアルバムの詳細も決まりましたね!
タイトルは「Modal Soul Classics II dedicate to…Nujabes」
参考記事はこちら。(タワレコの)
http://tower.jp/article/news/69957

個人的には、
頂、メタモでライブを見てよかったcalmの
2. Calm “Music is Ours (Saxmental Version)”
Music is mineのアレンジかなと。

このライブの日にお話してもらったケンモチさんの
6. Kenmochi Hidefumi “modal soul (Kenmochi Hidefumi Remix)”
超いいひとだった。ちょっと仲良くなったw

toe×クラムボンという無敵の布陣の
10. clammbon with yamazaki, mino & yamane from toe “reflection eternal”
※これはメタモでも流れたみたいですね(ぼくはトミーゲレロを見てたので聴けませんでしたが)

saxがかっちょいい
11. uyama hiroto “Homeward Journey”
※この日限定で、アナログ版が売ってました(みんな超買ってたw)

あたりが楽しみです。



いやもちろん全曲楽しみなんですけどね!


あーはやく11/10が来て欲しい。(11/11発売って11/10に店頭に並びますよね。)




今回のトリビュートアルバム「Modal Soul Classics II dedicate to…Nujabes」。


Luv(sic) pt.1,pt.2収録の「First Collection Hydeout Productions」。


Luv(sic) pt.3収録「Modal Soul」。



pt.4は何に収録されるやら。いやはや楽しみです。

Suburban feat. Shing02 – 栞 (「SUBURBAN」)



Suburban featuring Shing02の「栞」(しおり)。


これは名曲です。



※中学生の英語の教科書みたいな表現になってしまいましたが。。






タワレコで見かけた時に「待望のCD音源化!」みたいなことが書いてあったので、どれほどのもんかと思って聞いてみたら、思うままにグサリ!とやられました。
※これまではレコードでしか発売されておらず、入手困難になっていたようです



聴いていて初めて気づいたんですが、Shing02って、これだけ多くの言葉を発しているのに、歌詞がめちゃくちゃ聞き取りやすいですね。

普通のHIP HOPは、日本語かどうかもわからないくらい聞き取りづらくなる印象なのに、これだけクリアに聞き取れるのは奇跡。


初めて聞いて、聞きながらすぐに歌詞がすっと入ってくるなんて、いまどき、J-POPでもなかなか存在しないですからね~





Suburbanのメロディーの美しさ、Shing02のラップ、圧巻です。

このPVでは、輪派絵師団による動画もあって、これまた素晴らしいのであります。

ぜひ映像もお楽しみください。



SUBURBANのアルバムでの収録ですね。
少し調べたところ、「栞 feat.Shing02」は当時、アナログ初回オーダー数が5,000枚を突破していたとのこと。すごいですね。。