カテゴリー別アーカイブ: Their / They're / There

Their / They’re / There – Their / They’re / Therapy (Nervous Energies session) (「Their / They’re / There」)



Their / They’re / There(ゼアゼアゼア)の「Their / They’re / Therapy」。


おおお、アコースティックなのにメチャクチャかっこいい。。。


どう考えても、電気の力が必要そうに思えるこのバンド。


アコースティックでもめちゃくちゃいいですね。

むしろ、演奏のうまさが際立つというか、これはこれですごくおもしろい気がします。
(アコースティックライブだとさすがに物足りないかもですが。)


こちらの動画、おそらく企画モノで「Nervous Energies」(ナーバスエナジーズ)という
普段はエレキで演奏するバンドのアコースティックでのライブ動画を撮っているものだと思われます。


これはおもしろい企画。


ぜひ国内でもこういう企画をやって欲しいものです。


アコースティックの演奏から好きになる人もいるのではなかろうかと。


海外は見せ方を工夫して、音楽を届けよう、とする姿勢があって、
すごくいいなあと思います。

日本は既存の枠に沿って、というか、むしろ、無理やり沿わせている感じがすごく強いので。
(特にメジャーについてはそういうイメージ。)


こういういい感じのライブが出てくる感覚が強いので、
海外の企画モノ、もう少し探ってもいいかもしれないなと思いました。


▼収録アルバムはこちら



Their / They’re / There OFFICIAL HP : http://www.tttmusic.com/
Their / They’re / There twitter : https://twitter.com/T_T_T_music
Their / They’re / There facebook : https://www.facebook.com/theirtheyrethere

Their / They’re / There – Curtain Call (「Analog Weeend」)



Their / They’re / There(ゼアゼアゼア)の「Curtain Call」。

イントロを聴くと、なんだか10年前のパンクロックを聴いているような感覚に陥りました笑
ハイスタではないですが、その世代のなにかのバンドの音楽を聴いているような。。


ただ、よく聴くとおもしろい音がいっぱい入っていて、
現代風になっている気がします。


なんにせよ、このスピード感でこういうギターの音が入っているには
個人的には嬉しすぎてたまりませんね~


1stに続いて、今回もEPで3曲のリリースとなりますが、
フルアルバムにも期待したいところです。


ゼアゼアゼアは
・Evan Weiss (INTO IT. OVER IT.)
・Mike Kinsella (OWEN/AMERICAN FOOTBALL/JOAN OF ARC)
・Matthew Frank (LOOSE LIPS SINK SHIPS)
と、とんでもないメンツが集まっているので、
今後もこのインディーシーンを引っ張っていくバンドになるんでしょうね~

たのしみ。


再来日にも期待です。
(次こそは絶対に行きたいな。。。)


▼収録アルバムはこちら



Their / They’re / There OFFICIAL HP : http://www.tttmusic.com/
Their / They’re / There twitter : https://twitter.com/T_T_T_music
Their / They’re / There facebook : https://www.facebook.com/theirtheyrethere

Their / They're / There – Their / They're / Therapy (「Their / They're / There」)



Their / They’re / There(ゼア・ゼア・ゼア)の「Their / They’re / Therapy」。

これは絶対聴いておいたほうがいいです。
CAP’N JAZZ、AMERICAN FOOTBALLでも活動し、
現在もOWEN名義で活動中のマイク・キンセラの新バンド「Their / They’re / There」。

こちらの曲が1stアルバムに収録される曲で、4/20発売です。

stiffslackさんのtwitterで知ったのですが、めっちゃくちゃいいです。
やっぱりこういうスピード感があって、よくわからんくらいの高音ギターが入っているのが好きな気がしました。
改めて。

他にはいったいどんな曲が仕込まれているのか。
今一番楽しみかも知れません。

キンセラ兄弟関連のバンドが好きな方はもちろんのこと、
Ghosts and vodkaやtoeが好きな人にもかなりオススメであります。

ジャケットもめちゃくちゃかっこいいのでどうせならレコードで欲しいのですが、
国内ではなかなか手に入れにくそうです。
(レコードストアデイ限定で販売されるみたいですが、通販はしない、と書いてました。)

※CDはstiffslackからの発売なのでamazonでも買えます。
 レコードはPolivinylからの発売なので。。。


そしてまた、来日して欲しいですね~
今度はTheir / They’re / There名義で。

プロモーターのみなさま、よろしくお願いします笑


※追記
こちらでもう一曲(Concession Speech Writerという曲)が聴けるみたいです!
http://www.rollingstone.com/music/news/their-theyre-there-reach-punk-unity-on-concession-speech-writer-song-premiere-20130321

イントロからめちゃくちゃいい~。。。
久しぶりに発売が待ちきれないアルバムです。


▼収録アルバムはこちら



Their / They’re / There OFFICIAL HP : http://www.tttmusic.com/
Their / They’re / There twitter : https://twitter.com/T_T_T_music
Their / They’re / There facebook : https://www.facebook.com/theirtheyrethere