作成者別アーカイブ: 1overf-noise

レッチリおすすめ曲

【名曲ばかり!】レッチリの必ず聞いておくべきおすすめ曲

フジロックに出演が決定した、”レッチリ”ことRed Hot Chili Peppers。

個人的にはあまりにも有名であるがゆえに、大学生ごろまで全く聞いていませんでした。(もちろん自然と耳にしている機会はあったと思いますが意識して聞いていなかった感じで。)

インディーズの音楽が好きで、どうせメジャーなんて・・・という考えが強かった分、レッチリほどのメジャー度になるとあまり眼中になかったというか。。


ライブに行くようになって、音楽好きのみなさまから耳にしたのが「レッチリのライブはすごい」という情報。

そこでYouTubeを検索して出会ったのが、こちらのSlane Catsle(スレインキャッスルというアイルランドの古城)でのレッチリのライブ動画でした。

Red Hot Chili Peppers – By the Way & Scar Tissue



なんつーサイコーなライブ!!!


「By the Way」「Scar Tissue」というあまりにも最高な二曲が立て続けに演奏されているのもありますが、この会場(8万人入るらしいです)の熱狂、大合唱っぷりにもワクワクが止まらない状態になったのを覚えています笑

ということで、そこからレッチリを聞き始めたのでした。


以下、アルバム別におすすめの曲をご紹介しますので、ぜひお聞き下さい。

メジャーにはメジャーの良さ、世界で売れるだけの良さがある、というのが身にしみて分かると思いますよ。(自分がそれを痛感した記憶が蘇ってきました、、笑)

では、どうぞ。 続きを読む

My Bloody Valentine - Loveless

【シューゲイザーの超名盤!】My Bloody Valentine「Loveless」を聴く

今までちゃんと聞いておらず、申し訳ございません!!!



マイブラ。


My Bloody Valentine。


先日、TSUTAYAでレンタルしてきました笑


「Loveless」。




このアルバム、超名盤過ぎて。(今さら笑)



もともと、


・名盤のレビューでの頻出度
 -明らかに「LOVELESS」の紹介率が高い。

・数多のフォロワーを生み出した音楽性
 -いわゆる”シューゲイザー”バンドとして。

・ライブはあまりの轟音なので、会場で耳栓が配られる(笑)
 -気にせざるを得ないw



など、その断片的な情報の数々から、マイブラが気になってはいたんですが、なぜかこれまでノータッチで来てしまっていました。

この度、ちゃんと聴かせて頂きまして、今までの情報が全て繋がった感覚が得られたため、この記事を書いております!


その中で、冒頭でも書いたように、なんというか「今まで聞いてなくて申し訳ございません」と謝りたくなっている次第なのですが、その音源を聴いてみて頂ければと思います。

※このサイトをご覧の皆様の中では、もうすでにご存知で、何を今さら、という方も多いのは重々承知の上なのですが。。いつ聞いてもいいものはいいではないかということでご容赦を。



「実はまだ聞いてなかったんだよね。。(ボソリ)」という方がいらっしゃればぜひこの機会にお聞きいただければと思います!

それではどうぞ。 続きを読む

jazzy sport ジャジスポ

音楽とスポーツを融合させるレーベル「JAZZY SPORT」とは?

音楽とスポーツをこよなく愛する女性に優しいハードコア集団「JAZZY SPORT」(ジャジースポート)。
(キャッチコピーが最高)

この音楽レーベル兼レコードショップを、みなさんはご存知でしょうか?


ジャジースポートは2001年に発足、2003年にレコードの街 渋谷の宇田川町に一号店が誕生し、2010年に移転。現在は、東横線の学芸大学駅近くの五本木というところにショップを構えており、2015年には下北沢に2店舗目がオープンしました。

※五本木のショップは、toeの山嵜さんのMETRONOME.INCも同じ場所に事務所を構え、内装も山嵜さんが担当しており、お隣はファッションブランドの「BAL」。


このジャジースポート(通称ジャジスポ、以下ジャジスポ)は、音楽レーベルであるとともに、音楽をフックにして、スポーツや映画などの文化をボーダレスに繋げる役割を担っています。

そのブレないスタンス、シーンを作っていく求心力、そして発信する音楽のセンスの良さはどれもリスペクトすべきものがありますので、ジャジースポートファンのひとりとして、その活動をご紹介していきましょう。 続きを読む

2015アクセスTOP10

2015年アクセスランキング TOP10

先日、2015年のベストディスクの記事をアップしましたが、今回は、2015年のアクセス数ランキングをご紹介します。
※集計期間は2015年1月1日~12月28日まで、アクセス数はGoogle Analyticsで取得しました

※アクセスランキングの記事は、サボっていたので3年ぶりとなりました笑

おかげさまで、以前のアクセスランキングとは、かなり変わっていますね。
(そして、以前の記事は、文章の書き方もかなりお粗末な感じですね。。苦笑、まあご参考程度として。)

⇒ 2012年アクセスランキング TOP10
⇒ 2010年アクセスランキング TOP10
⇒ 2008年アクセスランキング TOP10

それでは早速、今年のベスト10をお届けします。 続きを読む

2015年ベストディスク

2015年ベストディスク10枚

1/f揺らぎ的、2015年のベストディスクをご紹介します。

この手の企画って、自分自身で振り返って楽しいからいいですよね笑


去年のベストディスク記事を見ても、ああこういうの聴いてたよな~とか、あのライブ最高だったな~など、記憶が蘇ってきて楽しいというか。

一種の自分ログ的なものになるので、実際にやってる方も多いのかなと思います。(やったことのない方はぜひ一度やってみてください!楽しいので笑)

※その点でいくと、このサイト全体が自分ログみたいなもので、自分でもたまに過去記事やまとめ記事を見ていたりします笑、「自分で見ない程度のサイトなら他の人も見ないだろう」という観点ではいいことなのかなと思ったり


それでは早速、独断と偏見による2015年のベストディスク、ご紹介していきます。
(去年同様、2015年に発売、という枠ではなく、2015年に出会った音楽という形です)

⇒2014年のベストディスクはこちら
⇒2013年のベストディスクはこちら



吉田ヨウヘイgroup – paradise lost, it begins

去年に続けて、吉田ヨウヘイgroup。このアルバム、楽しかったな~

アップテンポな「サバービア」ありつつ、ファンクな感じありつつ、怪しさも漂う「ユー・エフ・オー」ありつつ、ラストはダウンテンポな「間違って欲しくない」もあるという、幅の広さがすてきでした。

トレーラーでも頭に入っている一曲目、手拍子の入った「Music,you all」がライブのラストで演奏されていたのはめちゃくちゃかっこよかった!

大谷能生さんや、ex.森は生きているの岡田さんも出演したリリースツアーファイナル、見に行きたかったデス。。





Lantern Parade – LANTERN PARADE
ずっと前から気になっていたランタンパレード。

ついにライブにも行けて、最新アルバムも買って、過去音源もいくつか買ったのが2015年でした。
その中でもやっぱりこの曲が気持ち良すぎて、季節外れのリピートに継ぐリピートをしていた時期がありました笑



来年の夏にも聴きまくりたい一曲。

音源は、(ものによっては)ローズレコーズのオフィシャルサイトで買うとMIX CDがついてきたりします。ランタンの清水さんの選曲が素晴らしく、最高に気持ちいいので、買うときはローズレコーズのオフィシャルで買うとよいかもです!(清水さんの音楽のルーツがちらりと見えるのも楽しい。)

あとは、amazonで在庫のない音源が普通にあったり、流通の少ないの限定アナログ音源もちょいちょい出ますので、チェックも大事です笑。





MOCKY – KEY CHANGE

このアルバム、最高に気持ちよかったですね~

口笛、フルートなど、周辺の高音がたまらない感じで。
来日時にライブも行けて、なんというかあれが「グルーヴが生まれる」ということなのか~と不思議な感覚を持った瞬間がありました。

再来日希望です。

こちらの動画
でアルバムの曲をもう何曲か聴けますが、どれも完成度が高くて、思わずポチってしまいますので、クリックはお気をつけて笑





malegoat – here and there
「ライブって、とてもかっこいいですね。」
そう思わせてくれたmalegoat。
インディーシーンをもっと大きなステージへと引っ張っていけるバンドではなかろうかと。

アルバム、全曲試聴できますのでぜひ。

聴いたら購入&ライブにてお会いしましょう。

旧譜の曲ですが、この「expression」、ホントサイコーです。






Faraquet – The View from This Tower

一曲目の「CUT SELF NOT」から、ボーカル含め、変拍子的な音が次々と入り込み、展開も次々に変わっていく感じ、最高です。
テクニカルなんだろうけど、テクニックを見せつける感じは全くない、自然な流れが作れているのがすごい。

toeの初期の音が好きな方や、ポストロック好きな方には絶対に聴いて頂きたい名盤。

実はmalegoatのライブDVDタイトルがこのFaraquetの「CUT SELF NOT」から命名された、ということで知りました!こういう出会いもありがたい限りですね~

malegoat好きはDVD「CUT SELF NOT」も要チェックです!





クラムボン – yet
最近クラムボンをそんなに聴いてなかったんですが、この曲はガツンと来ましたね。


「クラムボンはこういうテンポの曲が欲しかったんだよな~」という個人的なニーズを完全に満たしてくれました笑

しかもこの曲、菅野よう子さんがストリングスをアレンジ。
菅野よう子さん率いるオーケストラを迎えての武道館ライブ、さぞかし最高だったんでしょうな~

なんとかアナログ盤は手に入れられたので、なんとかわたくしの命は繋がれました笑
「yet」はアルバムにも収録されていますが、上記の動画のバージョンはシングルのバージョンの方で、個人的にはシングルがおすすめです。





cero – Obscure Ride


「Summer Soul」は夏の名曲入り間違いなし。ずっと聴かれ続けるでしょうねー
この曲のためにアルバムを買ったと言っても過言ではないです。(他の曲ももっとちゃんと聴いた方がいい気がします笑)

何かのインタビューで、アルバムを作る際に音源を持ち寄るんですが、今回のアルバムはホセ・ジェイムズの音源を参考にしました、というのを見て、「ああ、いいセンスですな~!」と思いました。

確かに言われてみるとホセ・ジェイムズ感あります。これに日本語が乗っかっているというのがまた乙。

ホセ・ジェイムズのライブでも演奏しているトランペッター黒田卓也さんとコラボライブもしていたり、その周辺が盛り上がっていてニヤニヤしてしまいます。





D’Angelo and The Vanguard – Black Messiah
2014年末に突如新譜発売が発表され、音楽業界が騒いだディアンジェロ。
2015年には来日もしましたね。(2016年も来日が決まったそうです

個人的には、こっち系の音楽をあまり聴かない方なので、「これだけ騒がれるなら聞いとくか」くらいの軽い気持ちで聞きました。

それで一曲目からこれですよ。



濃厚過ぎ。

アナログ買いました笑

評論家やレコード屋さんなどもギャーギャー騒いでいたのも納得の一枚。
ディアンジェロのYouTubeに他の曲もアップされてますので、あなたも軽い気持ちでお聞きになってみては?笑





toe – HEAR YOU
2015年はtoeのアルバムも出ましたね。
アルバム発売前の動きから、ワクワクしっぱなしだったんですが、やはり最高ということで。

初期のtoeのような「My Little Wish」から



ゲスト参加も豪華でした。
CHARAとの「Commit Ballad」



木村カエラとの「オトトタイミングキミト」



に加えて、

5lackとのコラボ曲がスーパークールでした笑



このあたりの日本語ラップ周辺とのコラボ、これからもっと盛り上がりそうな予感がします。どんどん繋がってきてます。楽しい。楽しい。2016年も楽しみ。

ライブでは、CHARA、木村カエラもゲスト出演した追加公演、最高でしたよー!
MCで山嵜さんは「微妙なアルバムをリリースしたtoeです~」なんて言ってましたが笑

アメリカツアーの高画質、高音質動画の公開もありがたい限りでございました涙





CHIC feat Nile Rodgers – I’ll Be There
セクシーなおねえさん目当てでもいい!
(ぶっちゃけ自分がそうだった!w)

とにかく聴いてみて欲しいのがギターレジェンド ナイル・ロジャースのCHIC。
グラミー賞にファレルの曲にダフト・パンク、スティービー・ワンダーとともに登場したり、話題になった後にリリースされたこちら。



ギターのカッティングの音、最高に踊れます。
この時代のディスコっぽい感じ、今もう一度再燃していいはずのノリかと。


おもしろい音ももっとある気がしますね~、2016年もっと眼を光らせたいジャンル。

12月に来日ライブにも行き、「GET LUCKY」や往年の名曲も聴けて大満足でした。(客層も年齢高めっていうのがいい感じで)

聴いておいて損なしとは、こういうお方の曲を言うのかも。





envy – Atheist’s cornea

envyってなんでこうもかっこいいいんですかね。

ちゃんと音源を聴かずにリリースのワンマンライブに行ったんですが、昔の曲も含めてかっこいいフレーズがあり過ぎて。

これぞ世界から評価されるバンド。日本で見られるなんて贅沢だよな~と思います。



トレーラーにも映像がちらっと入ってますが、toeとenvyの野音、行きたかったですねー!
最高に決まってますもん。





Jim O’Rourke – Simple Songs

ジムさん。

あったかい音が最高です。
そして、ライブでは真剣な眼差しがめちゃくちゃかっこいいという。

草月ホールでのライブは、最高の体験でした。即興あり、全曲再現ライブあり。
音色も生だとまた違って響いていたような気がします。

アルバム、ながら聞きでもいいので流しておいてみてください。不思議なほどの存在感のなさです。(いい意味で)
ロックってこんなに気持ちいいんだっけな~と。

次またワンマンをやってくれるならぜひ伺いたい。
MCのほんわかさ、ふと見せてくれる表情など、みなさんに愛される理由もよく分かりました笑





KOJOE × OLIVE OIL – blacknote
日本語ラップの特集記事でも紹介したKOJOE × OLIVE OILの「blacknote」。わたくしもまさに昨日、CDを注文しました笑

聴いてください。





この2曲が入ってるってだけでOKです。(他の曲もがっつり聴きたいですが)
自分も「dope」とか言うような存在になれるだろうか笑

ラップはまだ勉強不足でちゃんとした耳を持っていませんが(2016年にもっと詳しくなりたいですが)、トラックが本当にかっこいい。

ラップという次元を超えているような感覚。
実際に、(おそらく)JAZZY SPORTを軸にしつつ、toeなどのバンドや、トランペッターの黒田卓也さんを中心としたジャズ界隈とのつながりもできてきていて、ワクワクです。

ジャンルを超えた活躍を見せるアーティストが2016年はどんどん増えそうですね!それに合わせて、他ジャンルの混ざったイベントも増えそうなので、それぞれのファンが他ジャンルに入っていくきっかけになったらいいなあと思ったり。

いいものが繋がっていく、というのはとてもいい流れかと思います!





Tin Pan Alley – キャラメルママ
ラストはこちら。
レコードプレーヤーを買ってから、ちょこちょことレコードを買い集めていますが、こちらは、2015年に中目黒にできたWaltzというレコード屋さん(カセットの在庫もハンパじゃないのでぜひ行ってみて欲しい)で、アナログを手に入れられました。

特に曲をもともと知ってたとかではなかったんですが、山下達郎マニアの友達が5年前くらいに「『キャラメルママ』はマジでヤバイっす」と言ってたのをふと思い出して買ってみた次第です笑


細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆、佐藤博によるティン・パン・アレイ。

70年代のバンドで、上記までのアルバムとは全く時代が違うのですが笑、聞いてみたら「めちゃくちゃかっこいい!!!」と思ったのでご紹介します。

一曲お聞き頂くだけでも、その抜群のセンスがお分かりになるかと。



ファンキーなギターが一番目立って最高なんですが、周辺を支えるリズムの安定感も抜群。
そしてこのノリの良さ。

これを生で見ていた方たちがいるかと思うと羨ましすぎて。。
ファンク系の音楽ももうちょっと踏み込んでいきたいところですね~






ということで、2015年ベストディスクのご紹介でした。
10枚にしようと思ったんですが、するするっと14枚書けたので、そのままにしてあります笑

ご紹介した方々の8割ほどのライブにも行けて、ライブ的にもすごく豊作な一年だったような。
「ほんと、いいライブに行けたよな~」という感覚の強い一年でした。

特に年の後半のライブの豊富さにはお財布が困りましたが笑


来年もお財布が困るような曲と、多々出会えればいいなあと思います爆

ひとつでもみなさまの参考になる音があれば幸いです。

amadana music sibreco

Amadanaのレコードプレーヤー「SIBRECO」を他機種と徹底比較・分析!

高級家電で有名なAmadanaが、ブランドの割には安価なレコードプレーヤー「SIBRECO(シブレコ)」を発売!



個人的にはすでにレコードプレーヤーはION AUDIOの「Archive LP」を購入済みですが、Amadanaのレコードプレーヤーが発売と聞いて、どんな機種か気になったので調べてみました。

見た目のおしゃれさはもちろんのこと、レコードプレーヤーがどのような背景で発売されたものなのか、気になる性能はどの程度なのかをご紹介します。 続きを読む

日本語ラップおすすめ名曲

【名曲多数!】今チェックしたい日本語ラップのおすすめ曲20選

日本語ラップ、最近盛り上がっていますね~!

ラップはどうもとっつきにくい印象が強いですが、特に最近の楽曲はトラック(歌以外のメロディー的な部分)がかっこよくて、ラップをメインに聞かない方々にも受け入れられやすいのではないでしょうか。

かくいうわたくしも、ラップはほとんど聞かない派であるものの、最近は好きなバンドとその周辺でのコラボもあって、じわじわと日本語ラップにハマりつつある状況です。

そこで現在気になっている、おすすめの日本語ラップの曲をこの記事でご紹介します!

まずは個人的に最近一番聴いている、こちらの曲から。 続きを読む

ハイスタ おすすめ

エアジャム世代が熱狂する、Hi-STANDARDのおすすめ曲はこちら

当時、インディーズでCD100万枚を売って、飛ぶ鳥をも落とす勢いだったハイスタ。

この記事では復習の意味も込めて、ハイスタの個人的なおすすめ曲をご紹介します。

※実はハイスタは自分がインディーズ寄りの音楽を聞くようになったきっかけでもあり、とても思い入れも強いのです

久しぶりに見てみると、オフィシャルのYouTubeでも一部のPVがアップされていたり、これはうれしいですね!


動画を見ていて、その当時、VHS「ATTACK FROM THE FAR EAST」)を何回も見ていた記憶が蘇ってきました。(弟が買ったんですが笑)
今はDVDも出てるんですね~、曲の頭出しが便利な時代になりました笑

さて早速、当時のキッズ(今や30代という方が多いのでは)の皆様が狂乱していた曲の数々を紹介していきましょう!


それでは、まずはこちらの曲からどうぞ! 続きを読む

シガー・ロスおすすめ曲

シガー・ロスを聞くならこの曲から!おすすめ厳選15曲

アイスランド、至高のポストロックバンド、シガー・ロス。

ビョークとも親交があり、レディオヘッドのトム・ヨークもファンを公言するバンドです。


とはいえ、

シガー・ロスって、とっつきにくくないですか?


シガー・ロスは、ぱっと聴いて急に好きになる、というよりは、アルバムを聴くに連れて、じわじわとその良さが分かってくるような気がします。

そのわりに、音源を買う前の情報量が少ない。。
新譜が発売されれば、試聴機に並ぶこともあるでしょうが、都心部や大型レコード店で多少余裕があるところくらいではないでしょうか。

さらに曲で使われている言語も分からない。
アイスランドのバンドなので、アイスランド語がメイン。(英語の曲もごく一部ありますが。)


上記のような要素があり、自ら情報を取りに行かない限りは、なかなか辿りつけない、なかなか聴くきっかけが作りづらいアーティストであるように思います。


そういう自分はもうハマっている側ですが笑
「もっといろんな人が聴いてくれててもいいよな~」とは思っておりまして。


ですので、
「シガー・ロスに興味が沸いたら、まずはこれらの曲を聴いてみては?」
というおすすめ曲を、この記事でまとめてみました。

ミーハーな自分が選んでいるので笑、これで好きになれなかったら、それ以外の曲も結構つらいかもしれませんw(もちろん、他にもいい曲は多々あるので、その点ぜひ試してみて頂きたいのですが。)


ではまず、シガー・ロスの中でも一番有名であろう、こちらの曲から。 続きを読む

ジム・オルーク 演歌 平成歌謡塾 矢切の渡し

【ジム・オルークが演歌?】「平成歌謡塾」本日のゲストはジム・オルークさんです!??

TV番組「平成歌謡塾」に、激震が走りました。


「本日のレッスン生はジム・オルークさんです♪」


!??


続けて、

「実は、ジム・オルークさんは世界的に活躍されるミュージシャンで、今日は演歌の心を学びたい、とレッスンを受けることになりました~。」

と笑


ということで早速、世界的に活躍されるミュージシャン、ジム・オルークさんによる、ちあきなおみ&細川たかし「矢切の渡し」お聴きください笑 続きを読む

MOCKY JAPAN TOUR

【見逃し厳禁!】 最近気になっていたMOCKYが来日中!

ここのところMocky(モッキー)がずっと気になっていたんです。

もともとは、最近よく聴いている吉田ヨウヘイgroupのフルート担当である池田さんのつぶやきを見たところから始まりました。


アーティストの方がここまでおっしゃるほどなら間違いないでしょう、ということで聴いてみたわけです。
(こういう音楽の探し方は、よくやりますし、好きなアーティストさんのおすすめはほとんど当たりなので、アーティストのみなさん、ぜひご自身のおすすめの音楽を発信して欲しいです笑)


さて、最初に聴いたのはこちらの曲。 続きを読む

mogwai おすすめ曲

【ポストロック好きは必聴】MOGWAIのおすすめ曲13選

ポストロックが好きならば、必ずや通るであろうバンド、MOGWAI(モグワイ)。

楽曲から感じ取れる壮大なスケール、静と動、そしてそれがループされていく中での高揚感。


最・高。


ということで、この記事ではモグワイのおすすめ曲をご紹介します!
(自分はミーハーなので、モグワイの中ではわかりやすい曲が多いかと思います。)


モグワイ初心者の方は当然のこと、モグワイを既にご存知の方も「モグワイを知らない誰かにモグワイのことを教えたい!」というときにぜひご活用ください笑


最近は頻繁に来日してライブをしている印象ですので、次回のライブ仲間を増やせるかと思います!(個人的には、metamorphose2010での深夜のライブが素晴らしかったです。)


では早速、曲の紹介を。

まずはバンド名がタイトルに入っており、モグワイの曲の中でもファンに一番愛されているであろうこの名曲。 続きを読む

toe ライブ US TOUR 2015

【toeのライブ動画の決定版!】toe USツアーの高音質、高画質ライブ動画が公開!

とてつもなく素晴らしいtoeのライブ動画が公開されました。

2015年夏に行われた、アメリカ ロサンゼルス Regent Theaterでのライブのものです。


カメラ5台、高音質、モノクロ高画質、当然ながら編集もあり。
※撮影にあたってくれた、メインのカメラマンさんの言葉も泣けます。。


その割に再生回数が少なすぎる!!!

もっと多くの方が見るべき!


ということで、記事を書いています笑


実は2013年のUSツアーも、高画質のライブ動画が公開されていたのですが、なんと今年も公開されました。(誠にありがたいお話です笑)


アメリカのRestless Citiesというサイトで公開されたtoeのライブ動画。


全6曲。ぜひ。



まずはニューアルバムから、髭のPVが記憶に新しいこの曲。 続きを読む

tokyo

東京にまつわる名曲たち

コンクリートジャングル、東京(笑)

住んでいる人が多く、文化でも日本の最前線を行く街、東京では、日々、多くのドラマが生まれております。(たぶん)

田舎から出てきた人、仕事で奮闘する人、恋愛で一喜一憂する人などなど、それぞれの生活がそこにあります。


自分も今、そんな東京に住んでおりますが、この都市にまつわるドラマの中で、数々の名曲が過去に制作されています。

この記事では、それらの曲の中で、個人的に最も好きな曲を厳選し、9曲をご紹介します!


まずは「東京の曲」と言われたときに、音楽好きなら多くの方が思い出すであろうこの曲から。 続きを読む

ナカコー100年残って欲しい曲

ナカコーのtwitter企画「100年後も残ってほしい曲」の選曲が最高

ナカコー万歳。


ナカコー(ex.SUPERCAR、Koji Nakamura、NYANTORA、iLL)のtwitterで「100年後も残ってほしい曲」の紹介がいつの間にか始まっていました。


2015年8月9日現在、38曲が公開済み。
4曲目のつぶやきに「100選ぼ」とあるので、これから100曲まで公開されるようです!!!


最高。最高。


ということで、今まで紹介されてきた曲たちを25曲目まで、ご紹介します。


100年残って欲しい、ということで、さまざまなジャンルの、メジャーなところも含めたセレクトになっていて、いろいろな音楽を聴き直す機会としてもとてもいい企画かなと思います。


ナカコーの頭の中を一瞬でも見れているような感覚もとてもおもしろい。
こういう企画を、ぜひ別のアーティストさんにもやって欲しいところです。


それでは早速どうぞ。(以下、余計なコメントは必要ないと思ったので、ナカコーのつぶやきのみです笑) 続きを読む

レコード保護袋(ビニールカバー)

LPレコードの保存袋(ビニールカバー)を買ってみた

最近、レコードを買うことが増えて、じわじわとその知識が増えつつあり、その中で、レコードの保存方法についても調べたりしていました。

盤の保存には、薀蓄が山ほどありましたが笑、確実に必要であろうLPジャケットを保護する保存袋(ビニールのカバー)のおすすめはあるのかな?と思って、探しつつ、購入してみましたのでご報告です。 続きを読む

malegoat here and there

【全曲試聴あり】 malegoatのニューアルバム「here and there」は”買い”です

malegoatのニューアルバムが8/5に発売されます。
(Senseless Records、stiffslackでは先行販売中!)




これまで、このサイトでmalegoatの紹介はしてなかったのですが、今年に入ってライブで見る機会があり、そこから(個人的に笑)じわじわと自分の中でmalegoatの存在が大きくなってきていたのでした。


そして、今回発売されるアルバム「here and there」から先行公開されたのがこちらの曲。 続きを読む

handx_trax_usb おすすめ

おすすめのポータブルレコードプレーヤーは?

レコードがじわじわとまた普及してきている中で、ポータブルレコードプレーヤーも品揃えが増えてきましたので、おすすめの製品をこちらの記事でご紹介します!


レコードプレーヤーを選ぶ上で気になるのは、

見た目? 値段? 性能?

あなたの観点で、あなたに合ったものを見つけて頂けたらと思います。
それでは、おすすめのポータブルレコードプレーヤーをどうぞご覧ください。 続きを読む

電気グルーヴ フジロック2006

フジロック2006での電気グルーヴのライブが最高

フジロック動画を見ていて偶然発見した、フジロック2006の電気グルーヴの「虹」の動画。



最高ですね。



2006年のフジロックでは、土曜日のトリであるレッチリの前に、GREEN STAGEでライブをした、電気グルーヴ。
※ちなみに、電気グルーヴの前はSONIC YOUTH。すごい並びです笑


グリーンで電気グルーヴの音が聴けるって、相当気持ちいいでしょうね~
ましてやこのアクト。
レッチリ狙いで移動してきたみなさんも、踊り狂ったようですよw


今後、電気グルーヴのグリーンステージでの出演があるかわかりませんが、ぜひその場には立っていたいものです。


ということで、すんばらしいパフォーマンスの、電気グルーヴのフジロック2006でのライブ動画をご紹介します! 続きを読む

ルナサンダル おすすめ

【フェス好き必見!】本格派にもおすすめの、ルナサンダルを履いてみよう

夏に向けて、ご紹介したいサンダルがあって記事を書いています。


ルナサンダル。




個人的に、2年前に吉祥寺の某セレクトショップで購入して以来、かなりお気に入りで、夏の休みの日は、ほとんどこのサンダルを履いています。(最近はアウトドア系のショップや、セレクトショップでの取り扱いも増えてきているかと!)

フェスにもちょうどよく使えそうで、山好きな方にもかなりいい逸品かなと思いますので、その良さをこの記事でご紹介できたらと思います!


流行りのサンダルもいろいろありますが、よく見るな~ってなっちゃうとアレなので、そんなに流行ってない感じもポイント高いです笑


それでは早速どうぞ! 続きを読む

toe hear_you

【全曲試聴あり】 toe 3rdアルバム「HEAR YOU」の事前情報で盛り上がる

3rdフルアルバム「HEAR YOU」が7/22に発売するtoe。




「HEAR YOU」に関する情報の数々が、メンバーのみなさんからいい感じにちょい出しされているので、こちらでまとめてみました。


まずはじめに、一番気になる「音」。
レコーディングの中で発信された、音源のかけらたちを集めてみましょう。

これらの音が、またいい感じの短さで切られているんですが。。(インスタだからしょうがない!)
早速どうぞ! 続きを読む

ROVOおすすめライブ動画

【人力トランスでぶっ飛ぶ!】 ROVOのおすすめライブ動画7選

今年も、年に一度の宇宙の日がやって来ます。
※宇宙の日とは、ROVOが主催し、日比谷野外音楽堂で毎年開催されている「MDT FESTIVAL」の別名です


ROVOのライブは、とにかくいつも最っ高に盛り上がるので、ぜひ皆様にも体験して頂きたい!!
勝井さんの電子ヴァイオリンが唸りを上げる音、ツインドラムの安定感、山本精一さんのギターなどなど、、とにかく素晴らしいのであります。

ROVOって?という方はこちらの記事もぜひ


ということで、おすすめの動画でROVOの素晴らしさをご紹介します!
まあ、記事でご紹介できるのは、結局は動画なので、ぜひライブに行って頂きたいのですが笑

それでは早速まいります! 続きを読む

toe アルバム別おすすめ曲

【これだけは聴いて欲しい!】 toeのアルバム別おすすめ曲12選

toe。
まあ、そりゃあこれ以上ない、いいバンドですよ。


いい曲だらけで、動画を見ながら、改めて鳥肌を立て直しているわけですが笑
おすすめできる曲が多々ありますので、初めての方も、すでに知っている方も、ぜひお聴き頂けたらと思います。
※実は、このサイトの最初の投稿がtoeのグッドバイだったり、toeの記事が一番多かったりで、思い入れがハンパないので、多少、偏っているかもしれません笑


もし、toeを初めて聴く方がいらっしゃるなら、あなたの人生の30分くらいをこの記事に使ってみてもらえないでしょうか?
きっと人生が変わると思います。(人生の30分を使うのだから、当然ちょっと変わるんですが笑)

人生の30分を使う以上の、何かが得られるのでは?と思いますよ。
音源を、年代順、アルバム別に並べております。それでは早速どうぞ! 続きを読む

春のおすすめ曲まとめ

【最高に気持ちいい!】 春におすすめの名曲 厳選20曲!

春は、春らしい曲を聴いて、気持ちよくなりたいですね~

外に出て、芝生に寝転び、ビールを飲めたりする季節になってきたりして、これまた最高なわけです。


ということで、この記事では、個人的に春に聴きたくなるおすすめ曲をまとめてご紹介。
春の名曲、みなさんの一曲もぜひお聞かせください!

では独断と偏見による、春の名曲、早速どうぞ。
(なんとなく「曲」というよりは、「アーティスト自体」に春っぽい空気があるまとめになったような気がしますね。)

▼季節の曲シリーズ
夏のおすすめ名曲はこちらから 続きを読む