このエントリーをはてなブックマークに追加
brahmanおすすめ曲(アルバム別)

【AIR JAM世代以外も必聴】 BRAHMANのアルバム別おすすめ曲

映画化が決まったブラフマンについて、前回のTOSHI-LOWさんインタビュー記事のまとめに引き続き、特集第二弾!

ブラフマンのおすすめ曲を、アルバム別にご紹介します。
個人的には、幸運なことに、わりと初期のアルバム「A MAN OF THE WORLD」の時代からリアルタイムに近い形で聞けていて、(最近こそ、あまり音源を聴かなくなりましたが)未だにずっと好きなバンドです。

いや~、このバンドが日本のバンドでよかったですよ。
ライブの楽しさを教えてもらったのも、このバンドだったなあとか思い出しつつ。

(個人的な嗜好で笑)初期の方の音源が好きなので、最近のアルバムは入っていませんが、初期の音源もこの機会に振り返ってみましょう!ということでご紹介です!!



Grope our way
音源リリースから約20年たった今も、未だにライブで演奏されることも多い曲が複数収録された名盤からご紹介です。
これ以前にデモテープのリリースもありましたが、CDとしての音源はこれが初ですね。


売れ始めた当時から高騰してましたが、音源は相変わらず高騰してますね~

さて、まずはこちら。

ARTMAN


ARTMAN。ライブのアンコールのラストで使われることが多いこの曲。特にこの動画、最高ですね~
※DVD「THEORIA」に収録されている動画ですが、残念ながら途中で切れてます


TOSHI-LOWさんの、歪むほどに力んだ表情が最高。


BEYOND THE MOUNTAIN

この曲、とてつもないスピードで展開されるので、ライブでの盛り上がりがすごいんですよね。

特に「BOX」⇒「BEYOND THE MOUNTAIN」と間髪入れずに繋げられて演奏されたときにはたまりません。(そのライブ動画があるとよかったのですが、見つからず。。ライブで遭遇した方は、みなさまの記憶の中に笑)

レア音源なのですが、YouTubeにCDまるごとの動画もあったので貼っておきます。
インターネットの黎明期に、この音源を何とか手に入れようとして頑張っていた時代が泣けてきますよ。。
当時、同じ思いだった方もいらっしゃるのでは?笑




WAIT AND WAIT

※録音の音の悪ささえよく聴こえてきてしまう名盤!笑
 この音源、TOSHI-LOWさんがギターを弾いてたっていうのは今回初めて知りました。。

FLYING SAUCER

こういうややポップさも感じられる曲もあったな~とか。
この音源は、「ETERNAL RECURRENCE」収録の再録バージョンの方ですかね?久しぶりに聞くとところどころに違和感があったので。

再録のアルバムは、「wait and wait」より前にリリースされたレア盤「Grope our way」収録の「The SAME」、「ARTMAN」、「RESULT OF NEXT」、「BEYOND THE MOUNTAIN」とかも入ってていいですね~


SWAY


若さを感じるような単純な構成で突っ走るこの感じ、とても好きなのです。


ROOTS OF TREE

沖縄の音楽かのような広がりを持った曲。こちらのPVは再録のバージョンですね。
この曲が他の曲と同じ音源の中に入っているなんとも言えない違和感はおもしろかった記憶があります。



A MAN OF THE WORLD


10代の頃は、このアルバムか、ハイスタの「MAKING THE ROAD」を一番多く聴いた気がします。
ああ懐かしや。。

特にこのアルバムは全体を通してよくて、全曲紹介したいくらいですが、その中の名曲をいくつか。
11曲で約30分という濃密さも好きだったな~とか。

THERE’S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE

個人的にはこの曲がこのアルバムの中で一番好きです。

There’s no shorter way in this life
There’s only longer way in this life

There’s no shorter way even if we tried another way
There’s no shorter way even if we tried another way

っていう歌詞に、そんなもんだよなあと思うことも多々ありまして笑

上京してから、初めてブラフマンのライブに行った時に、生でこの曲を聴いたときは感動したなあ。。とか。




ANSWER FOR・・・

静⇒動。J-POPを聴いていた当時の自分は、この差にぶっ飛んだ記憶があります。


TONGFARR

ライブのオープニング曲と言えばこれ。
偶然現場にいたのですが、特にこのライブのときの演出はよかったなあ。。2,500円のチケットでこのレベルってすごいですよね。。

ギターに民族的な音も感じつつ、徐々に広がっていく音は素晴らしいですね。


SEE OFF

フジロック出演時のライブ。イントロからとんでもない盛り上がり。
TOSHI-LOWさん短パン時代ですね笑

「SEE OFF」は、今や高校野球の応援歌にも使われるほどになりました。
AIR JAM世代の高校球児のみなさん、この曲を残してくれてありがとう。


時の鐘

アルバムのラストはこの曲。
うわあああっと盛り上がった後の虚無感、余韻がいいです。



A FORLOAN HOPE


FOR ONE’S LIFE
YouTubeなし。。
この曲のイントロが好きで、借りたギターでここだけ練習してたこともいい思い出です笑(素人レベル。。)


BASIS


「deep」の後にメディアにブラフマンが出てきたのが、この曲のPVでした。
今振り返ると、とてつもなくすごいことなのですが、朝の情報番組のランキングで放送されていたり、とにかくこの時代のインディーズと言われる音楽シーンが盛り上がっている感が半端じゃなかったのが記憶にあります。

PVは、TOSHI-LOWの動きと火花がいい感じです。
これだけTOSHI-LOWの動きをまじまじと見られるのもうれしかったり笑

音楽だけでなく、この”動き”にも、多くの人を引きつける魅力があると思うんですよね。


DEEP

この曲も、個人的にPVの記憶が強いのでPVを笑
シングルでも発売され、一番乗りに乗っていた時期の曲かと。
今聴いてもかっこいいですね~

まだ田舎にいたので、ライブってこんな感じなのか~とか思いながら見ていた記憶が。

PVが消えていたので音源を。。


YouTubeもあまり機能していなかった時代で、バンドに対して距離がある感覚で、より”アーティスト”らしい感覚を持っていたように思います。
※個人的な話過ぎてすみません。。

2分弱の尺の中に、タイトに詰まっている音がかっこよかったのかな。
PVではシングルで出た方の音源が使われています。


PLASTIC SMILE

このPVの色がいいんですよね笑
ファッションは、メンバー全員「REVOLVER」のものを使っているんじゃないかな~と。
REVOLERのデザイナーであるKIRIさんとコラボしてバンドTを作ってた記憶があります。

というビジュアル面に言及しましたが、歌詞からのメッセージを考えさせる、という観点をもらったのもこのバンドからだったのかなと思います。

意味をしっかり理解できているかは不明ですが、歌詞のその向こう側にある思考のおもしろさに気づかせてくれたような。


ARRIVAL TIME

この曲ですよね~
前半の寂寥感。そして、後半の山に向けてスライドしていくところの心の高鳴りが笑

TOSHI-LOWの奥さんりょうさんもこの曲が好きなんだそうですよ。



THE MIDDLE WAY

※発売当時のAmazonのレビューを読むと、「音楽性が変わった」とか書かれていて、当時そう思ったな~とか思い出しますね笑

THE VOID

破壊的な音と次々に散っていく破片、サブリミナルのように入ってくるライブ写真。
この楽器、もったいね~、とか思いながら見てました笑


A WHITE DEEP MORNING


本人たちの出演がない、ストーリー性のあるPVが印象的だった一曲。
CGも使われていてメジャー感も出てきたな、とも思ったり。

曲はギターの高音がとにかく好きです。
ライブでは、やや長めに入っている間奏で、TOSHI-LOWさんが踊るように動くのがすごくいいです。
言葉では言い表せないあの動き…!

この時代に使われていたブラフマンのロゴ、好きだったな~とかも思ったり。


SHOW
フジロックのライブで、メンバーが珍しくカラフルなTシャツを着て演奏している動画が最高だったんですが、なくなってました。。

今のライブではやったりするのかな?
ぜひライブにてご鑑賞を笑



番外編:REVOLVER FLAVOUR、デモテープ


SHAKKAZOMBIE & BRAHMAN – KOKORO WARP

この曲は衝撃でしたね~
シャカゾンビの「KOKORO WARP」にブラフマンが!

なかなかに最高なライブ動画、ぜひ「REVOLVER FLAVOUR」にてご堪能ください。
音源はSHAKKAZOMBIEのアルバムでも聴けるようです。




demo tape

ブラフマンのデモテープ音源。
このご時世、一度ググれば出てくるんですね~、すごい笑
この音源もインターネット黎明期に必死こいて探した記憶が(泣)

そして、このデモテープ、録音がとてつもなく粗い!笑
後の音源に収録される曲の荒削りな感じも、時代を感じさせる逸品でございます涙


これらのアルバムの後にも、アルバムのリリースはありますが、ちゃんと聴けていないため、ブラフマンのおすすめ曲、こんなところで!

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております