このエントリーをはてなブックマークに追加
フジロック 持ち物 チェックリスト

【初心者向け】フジロックの持ち物チェックリスト(経験談含む)

フジロックに行く前に必ず話題になるのが

持ち物

ですよね。



一緒に行く友だちと、当日のタイムテーブルについてあ~だこ~だと白熱し、その帰り道でふと我に返ると

結局何を持っていけばいいんだっけ?

ということになりがち笑



この記事では、フジロックで必要になるであろう持ち物を、体験談も含めてまとめてみました。
忘れ物のチェックリストとしても機能するかと思います。

それでは早速ご確認を!


■必需品となる持ち物

基本的なもの

□チケット
・忘れたら泣いておうちに帰ることに。。
 だいぶ前に郵送されるので、意外と落とし穴が。。お気をつけて。
・新幹線のチケットも同様に注意!

□お金(おさいふ)、その中身
・交通費(会場から宿までタクシーを使う人もいるのでは?)
・宿代
・食費、飲み代(ライブ後は宿に帰って一杯やりたくなります)
・グッズを買う場合はグッズ代
※雨などでぐっちゃぐちゃになる可能性もあるので、サイフはいつも使っているものではないナイロン系のものがベストです
※首にかけられて、小銭をぱっと出せると理想

□ケータイ
・電波はなんとか入りますが弱いときもあるので、電池消費は早め

□ケータイの充電器
モバイルバッテリーがあると、SNSへのアップ分の電力も安心!笑

4回フル充電できれば、3日間キャンプする場合もなんとかなるでしょうか。不安な方は大容量タイプを。
電源コードもお忘れなく。

場内のブースで充電することも可能。正直面倒ですが笑

□ビニール袋
・会場内で濡れた後に、脱ぎたい衣類をカバンの中に入れるときに使用したり
・座るために使用したり(疲れて寝たいこともあるので、何枚か丈夫なのを持っているとよいかと。。)


服装関連

□着替え
・Tシャツ、下着、靴下は多めに。(日数分+1~2枚を)
 雨の場合、靴下は泥だらけになる可能性があるので、捨てるのも覚悟で。
・その他の衣類も基本的に多めで(濡れたら期間中に乾かないことがあるので)
・寒さで体力を奪われることもありますからね!

□防寒着
・雨が降るとかなり冷え込む、かつ、重くなるので、水を通さないものが理想(というかほぼ必須)
・パーカー+雨を防げるジャケットくらい持っていても過剰ではないです
 山の夜は寒い!!

やはりどうせならゴアテックスのジャケットを1枚持っておきたいですね!


□帽子
・日射病をガード!山なので日差しも強いです

□タオル
・汗だけでなく、日差しよけにも使ったり。(首に巻いたりとか)
・ライブ中に振り回す用にも必要笑
・苗場プリンスのお風呂を使いたい人は、お風呂用のバスタオルも。

□リュック
・ライブを観ながらだと、斜めがけのタイプはかなり負担がきついです
 疲れがたまると楽しめるものも楽しめなくなるので。。
・宿に置いていくものと、会場に持ち込むもので別にして
 小さいものと大きいものを準備。※これが重要!
・防水素材だと理想

□カッパ(ポンチョ)
・会場内は傘はNGですから、ご注意を。

・100円均一のカッパでいいだろうと思っているあなたは、やめといた方がいいです
 ⇒使っていたら、すぐに破れてほとんど機能しませんでした。。
 ⇒しかもカッパなのに、水が中に染みてくるんです。。(100円ですからね。。)

・アウトドア用のカッパがおすすめ
・「忘れた!」という場合は、会場近くの苗場のコンビニにも置いてあります。
 500円くらいのカッパなら、ある程度はしのげるかと。。(通気口があっても蒸れるのでおすすめはしません)

最近はこんなにかわいいポンチョもあって、女子に大人気みたいです。MONRO(モンロー)というブランドのポンチョ。


□ブーツ(※)
・可能であれば長靴がベスト(足が冷えると、からだ全体が冷えます。。)
・ブーツは普段用のものでいったら、雨が降った瞬間、確実に潰れます。。
・Dannerのブーツとかは使うとモッタイナイ印象。。(捨て用ならいいですが)

※ブーツについては、歴代のフジロッカーの方々に聞いていて、コスパ最高だとみなさんに言われて、自分も購入したのが、こちらの日本野鳥の会の長靴。



野鳥の会???と思われると思うのですが(僕も思ったのですが笑)、この長靴、フィット感があって履き心地もいいですし、収納袋もついていて、なんと折りたたみができるんです!なので、かさばらず、お値段も4,000~5,000円代、という素晴らしさ。

最近は公認過ぎて、ディスクユニオンの店頭でも販売しているほどの逸品!!!
会場内でも、かなり多くの人が使っているのを確認できます。

フジロックシーズンになると売り切れるところも多々で、各所に電話で在庫を確認することになるので(自分がそうなったのですw)、お買い求めはお早めに。

⇒リーズナブルかつ高性能な日本野鳥の会長靴の詳細はこちらの記事で紹介しています


■持って行くとナイスな持ち物

あるといいよね、とか、持ってるとポイントアップ!的なものが以下です。

□ケータイケース
・豪雨になると、ケータイを守るものがないと危ういです。(落としたら、とかもありますし。)
・雨の時に使いづらくならないように、そのままタッチも可能なものを。


□虫よけスプレー
・行ったら、変な虫刺され跡ができたことがあります。。
 山の中なので、当然虫がたくさんいますよ~!要注意!

※最近は虫よけリング、アロマバンドなども。
 かわいい色も多いので、フェスのコーディネイトに合わせてカラーを選べるのもいいですね!(カラーは、これら以外にも多数あり)


□虫さされ
・虫除けをしても、万が一刺された場合のために持って行きましょう!

定番のムヒ。いろいろな新種が発売されていますが、この初代パッケージが好きなんです。(どうでもいい)
万が一に備えて、毒を吸い出すためのポイズンリムーバーがあれば完璧。


□日焼け止め
・雨も多いですが、日差しが出るとかなりきついです!
 基本的に山ですから笑、SPF高めのもので、対策は万全に!これはどちらかというと必須かも。



□サングラス
・日差しと関連しますが、晴れすぎると砂埃がとんでもないです!
 アクトが終了して、大移動が始まった瞬間に、砂嵐のように立ち込めます笑
 目をいたわる意味でも。

Twitterのスパムで話題のレイバンw


□ビニールシート(レジャーシート)
・会場内では座りたくても(濡れていて)座れないことが多々。。
・場所取りにも利用できます(特にグリーンステージは場所取りしてる人が多いです)

□防水スプレー
・荷物が濡れるとそう簡単に乾かせないですから。特に晴れてない場合。
 各自持つ必要はないですが、いっしょに行く誰かが持っていくとよいでしょう。


□折りたたみ椅子(※)
・これもあると相当ありがたいはず。
 雨が降ると、座る場所を探すのには意外と苦労しました。。
・最近は100均でも売っていますよ。

雑誌ポパイに載ってた、カーミットチェアがかっこよくて欲しいので、誰か買ってください笑(フェス向きかどうかは未検証ですw、キャンプには最高そう。)

機能性でいったらやはり超軽量でコンパクト、形・カラーもかっこいいヘリノックスでしょうか。(最近は似た感じので安い、他のメーカーのものも出てますね笑)

そこまでお金を使いたくないし、そもそもそんなに休まずライブを見る!という方は、小さくてめちゃくちゃ軽く、折りたためるのでかさばらない簡易なマットもアリです。


□ウェットティッシュ
・泥が跳ねまくるので拭きたいんです。。

・男子なら身体をふいたりするものも。(女子のものは分からず。。)


□ソフトボトル
・これ、おすすめされて買いました。
 場内でドリンクを買いまくるのはお金もかかるので、持ち込めるものは持ち込みで。
 持ち運びもしやすいように、中身がなくなったら薄くなるソフトボトルで。
 (ウイダーインの入れ物のようなやつです)

・グリーンステージの奥側でお茶の無料給水所もありますので、そこでも活躍します!(並びますが笑)

以下のリンクの山柄がかわいくて好きで、買いました!(他にもいろいろな柄があります)
吉祥寺の親切なおじさんがやってる、小さな山グッズ専門店に置いてあったので間違いないと思います!笑


□マグライト
・キャンプの方は必須かもしれないマグライト。
 キャンプをしない方も、暗い道を歩くときには、これがあると安心ですね。(夜のステージ間の移動は、場所によってはかなり暗いので、足元が見えづらいです)

 自分はこちらのマグライトを買いました。(ビジュアル重視でw)
 人差し指サイズながら、かなりの明るさ!
 「非常用としても使うから!」という理由で自分を言い聞かせ、いいものを買いました笑


□保険証
・忘れがちですが、万が一のためにコピーは持っておくとよいかと

□リュックカバー
・雨が降った時に、リュックの中身が、、、ということのないように、
 リュックカバーを持っていると理想的!
・最悪、入場ゲートでもらえるビニール袋をリュックにつける、、というのも可能ですが。。


□サンダル
・ブーツで歩きまわっていると蒸れるし窮屈なので、サンダルを持ってると息抜きできます
・個人的には軽くて薄い、ルナサンダルがおすすめ過ぎます
 -トレイルラン用に作られているので、とても丈夫ですし、見た目が◎

⇒ルナサンダルのおすすめポイントはこちらの記事でも紹介しています



□双眼鏡?
・ステージが遠い時もありますのでw
 たまにモニターに映像を映さないアーティストもいますので要注意!

□デジカメ
・水没の危険性を常に持つため、ストラップをしておいた方がグッド
・カバンから何度も出し入れするのは結構な手間でした
※最近はケータイで充分ですかね。

□宿の連絡先
・責任者の方はお忘れなく

注:上記は、ホテル・民宿に泊まった場合を想定しています
  キャンプをする方は+αの装備をご準備ください!


■あまりにも荷物が多い!という方は

荷物をフジロックの会場に送ったり、逆に会場から自宅に荷物を送ったりできるサービスがあります!

会場に着く前に体力が奪われてライブが楽しめなかったり、疲れたまま帰りの移動で重い荷物を持っているとさらに疲れますからね。。

もちろん重い荷物の送料はかかりますが、より快適に楽しむには惜しくないお金かと思います!


他にも何かありそうでしたら、コメント頂けたらうれしいです!


家に帰るまでがフジロック、とも言いますが、準備段階からフジロックは始まっています!笑

持ち物のチェック、抜かりなきよう。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております