カテゴリー別アーカイブ: くるり

くるり – ロックンロール



くるりの「ロックンロール」。


じゃーん!!!!!



というイントロでうわああああ!となりますね笑




あったかい感じのロックンロール。




これぞくるりの真骨頂、という曲な気がします。



くるり – 言葉はさんかく こころは四角 (「ワルツを踊れ Tanz Walzer」)



くるりの「言葉はさんかく こころは四角」。


動画はライブでの様子で、スペシャルなオーケストラとの演奏。
音の厚みがすごいです。

オーケストラの方々の演奏もキレッキレですしね笑



拍手喝采、スタンディングオベーションの理由にも大納得の一曲。
動画の後半は、まさかの、、、ずっと拍手です笑



くるりのメンバー、オーケストラメンバーの楽しそうな表情もまた最高です。




めっちゃいいライブだったんでしょうねぇ~





アーティストのこんな表情、なかなか見れないなあと思います。


そして、ここまで大きな集団を動かす一曲の音。
そこに感動すら覚えます。。涙



さらにはタイトル。

こういう、
言葉だけ見ると何も意味がなさそうで、
少し考えてみるとその後ろに広がる何かが一気に広がりそうだけど
結局のところ意味不明な言葉の羅列、かなり好きです。


名曲ですね~




映画「天然コケッコー」の主題歌にもなっていますよ。


くるり – ハイウェイ (「ジョゼと虎と魚たち」)



くるりの「ハイウェイ」。

まったりしたPVかと思いきや、、、これは完全に犯罪です。


2分代に出てくる幼稚園児とか
送迎バスを奪われているのに手を振っちゃってますけど、


君達、明日から幼稚園に行けなくなってしまうんだぞ!



犯罪も見せ方次第でどうにでもなるということなのか。。


テレビで「警察24時」とかいう番組もよくやってますが、
個人的にあれはどうも犯罪を増やしているような気がしてならないわけです。

犯罪をして捕まってる人が苦しんでいるんではなく、警察が苦しそうなだけだし、
そういう犯罪もあるか!と悪い人に広めることになりそうな感じがするんですよね。



まぁこのPVを見て犯罪に走る人はいないかと思いますが(笑)
要するに撮り方次第ってことですね。

この曲は映画「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌にもなっています。
なので、映画の主演をした妻夫木くんがPVにも出ています。


映画の方もなかなか切ない感じでとてもいい映画ですのであわせてぜひ。


くるり – 春風 (「ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER-」)



くるりの「春風」。

イントロのあまーい感じとサビの裏声がいいです!
5thシングルですが普通のアルバムには入っておらず、ベストアルバムに初めて収録された名曲。
(wikiによると、シングルで発売された音源とベストアルバムに収録された音源は異なるようですね。さらにwikiによると、岸田さんの自宅の機材で収録したようですね笑、すごい。)



なんだか、はっぴいえんどの「風をあつめて」のような感覚を持つ曲です↓


これ、絶対にはっぴいえんどの影響も少なからず受けてるんだろうなあ、と個人的に確信を持っております笑
岸田さんってこの世代の曲もかなり聴いてそうですもんね。(リスペクトもしてそうですし。)


くるり – ばらの花 (「TEAM ROCK」)



くるりの「ばらの花」。

2008年のフジロックでのライブの様子。
グリーンステージがゆらゆらと揺れております。

ある意味、


「これがロックフェスティバルでのライブだろうか?」


と、思ってしまうほどの感覚ですが、苗場の大自然の中、この広い空間でこの曲を聴けるのは最高の体験でしょうね~。


岸田さんの声が終盤で大きくなるのも納得です笑
最後の方に「Baby I love you」のフレーズも挟んでますね。こういうのはライブならではでうれしい。



曲を通じて、盛り上がりがないと言えばない曲なんですが、
それでも聞いていて全く飽きないっていうのが名曲たる所以なんですかね。
すばらしい曲です。


CDに収録されている「ばらの花」のコーラスはスーパーカーのフルカワミキである、というのは豆知識であります。(スーパーカーとくるりの共演だなんて最高な組み合わせですよね。)


フルカワミキの声は、サビ部分、最後の「ラーラーララー♪」を聴いて頂くとわかりやすいかと。

ぜひ音源で確認してみてくださいませ。

※くるりのオフィシャルYouTubeでPVもアップされているんですが、動画が途中までで、肝心のコーラス部分がほんの少ししか聴けないんですよね。。。↓


フルで出した方が曲の良さが伝わって、音源も売れると思うんですけど。。
買わない人は全部聴いても買わないし、買う人は全部聴こうが音源を買います。(と、、思いたい。。)