このエントリーをはてなブックマークに追加
レコードとCDの音質の違い

【音にこだわるなら知っておきたい!】レコードとCDの音質の違い

「レコードって過去のものでしょ?」

「レコードよりCDの方が新しいから音もいいんだよね?」

的な話をよく耳にします。


実際、自分も最近までそう思っていたのですが、そうではない!




実はレコードの方が音がいいんです!


ということで調べました。



※正確には「理論的にはレコードの方が音がいいはず」という言い方が正しいかもしれません。


まずはこちらをご覧ください。



※動画が途中から再生されない場合、8:02あたりからご覧ください。
※動画が消えてしまいましたので、番組のHPで内容をご確認ください!
 http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/13/09/0908.html
 ↑ページの中の「ポイント2」のところ。


所さんの目がテン!でレコードが特集された回のものです。

番組の中で、生演奏、レコード、CDの音を比較する実験を実施。
それぞれの音源に、どの範囲までの周波数が入っているかを調べています。


その結果、

・生演奏:40,000Hz(ヘルツ)まで
・CD  :22,000Hzまで
 ※人間に聞こえない範囲の周波数をカットしているため

が収録されていて、

レコードには、人間が聞こえないはずの、22,000Hz以上の周波数が録音されている

とのこと。


「レコードの音はあたたかみがある」
「レコードの方がいい音に聞こえる」

という感想は正しい?ものなのかもしれません。
実際、人間の耳がどこまで聞こえているか、っていうところによるのですが。



人間の聴覚はどこまで聞こえるか?
Wikipediaの「聴覚」のページを参照すると、

ヒトでは通常、下は20Hz程度から、上は(個人差があるが)15,000Hzないし20,000Hz程度までの鼓膜振動を音として感じることができ、この周波数帯域を可聴域という。

とのこと。

どのレベルの周波数まで入っているか、という話の前に、この「個人差」次第っていうところはありそうです笑
聞こえる人には聞こえるし、聞こえない人には聞こえない、という。



最終的にはその人次第とは言え、再生環境、録音環境による違いもあります。


再生環境による違い
レコードのほうが多くの情報が残っているとはいえ、音源を再生するスピーカーによっても違うのでは?というお話。(いわゆるオーディオマニア的な領域に入れば、機器をつなぐケーブル一本でウン十万とする世界ですからね。)

一説によると、

・スピーカー
・カートリッジ
・アンプ
・DAC (デジタル-アナログ変換回路)

と、上から順に音への影響が大きいと言われているようです。
参照:アナログカートリッジによる音の違いはどの程度?

※影響の大きさとしては、スピーカーを100とすると、カートリッジが10~20程度、アンプが0.1程度、DACがそれ以下、ということらしいです。

また、レコードは盤面に針を当てるため、盤面の劣化状況、という点でも変化があります。
中古レコードでも、その保存状態がどうこう、という話もよくありますし。



よって、レコードは多くの情報が残っているとしても、再生するまでにいろいろな変数がかかってきて、結局本来持っている情報を全て出しきれないかもね、ということでしょう。

その分、環境を変えることでいろいろな音を楽しめる、ということでもあるのかなと思います。
(実際、昔はレコードごとにカートリッジを変えて、音に合ったカートリッジでレコードの再生をしていたようです。)



再生環境によって違うのと同様に、録音環境にも当然左右されます。

録音環境による違い
CD、レコードを制作する中でのマスタリングの作業の質によっても、その音が変わってくるそうです。

↓特にこちらの記事のCDの音の特性、レッチリのアルバムの音についての記載が興味深かったです。
http://blog.livedoor.jp/jazzaudiofan/archives/50606813.html


一部を抜粋すると、

特にポピュラー音楽のCD制作現場では「かけたときに音が大きい」ことが至上命題となっていて、そのためにダイナミック・レンジが犠牲になっているという実例である。この「音量競争」のおかげで、マスタリング段階でデジタル・コンプレッションをかけてダイナミック・レンジを圧縮した上で、全体的な音量を引き上げるという「操作」が行われるようになった。最初はそのコンプレッションも2dBと控えめだったのが、4dB、6dBとだんだん量が増えてきて、最近は8dBもの圧縮が珍しくないという。

また、CDの最大録音音量レベルである0dBFを超えると、音の波形は上が押しつぶされて、方形波、つまりディストーションをかけたエレキギターのような歪んだ音になる。マスタリング・エンジニアは本来であれば、0dBFを超えるようなレベルを採用してはならないのだが、これも「音量競争」のせいで、最近は0dBFを超えまくるようなCDが増えているという。

こういう話はレコーディングエンジニアがどこまで音質にこだわるか、というところにもよるのでしょうね。

で、最近はレコーディングにそれほど予算をかけられないので、人間に聞こえにくいであろう部分はカットされていく(その部分への手間も省かれる)、ということになるのでしょう。



結論
最終的に耳に入ってくる音は再生環境によるとしても、レコードはCDよりも広い周波数の音が収録されている可能性が高い、ということは間違いなさそうです。

音楽が好きであれば、レコードを買って、その音をいろいろな再生環境で楽しむ、というのも一興ですね。


今年のレコード・ストア・デイも近いですし、アジカンなどを始め、国内のバンドもレコード回帰の動きを始めています。
その筋の話では、CDは音源のフォーマットとして存在しなくなるのではないか、というのがウワサになっているほどです。

海外ではもう再燃しつつあるレコード熱、一歩先取って聴いてみませんか??


最近は、
・アンダー1万円
・USB録音可能(iTunesへの登録可能)
・内蔵スピーカー付(スピーカーを別で買う必要なし!)
・デザインもいい

というこんなレコードプレーヤーも発売されていますよ!

ArchiveLP



個人的な余談
この記事で書いた「CDよりレコードの方が音質がいい」という話は、5年ほど前に名古屋のレコードショップStiffslackで店長さんと立ち話をしているときに知りました。

その話を聞いた瞬間は、

「どうせレコードを売るための売り文句でしょ」

とか思ってましたが、

実際にその場でレコードを試聴させてもらうと、、、



なんかいい音な気がしたんですよね笑
おそらく、stiffslackの音響がよかったんだと思いますが。

それが個人的な”レコード原体験”的なものになるかと。

実際、音にこだわる海外のバンド(最近は国内のバンド)も、音源をレコードでリリースし、パソコンにも取り込めるように、MP3のダウンロードクーポンをつける、という形にするのが流行り始めているようです。

音源のレコード化は、特に音にこだわるレーベルには顕著な傾向らしいので、その観点で、音質にこだわる良質なレーベルかどうかを見分けられる、という段階かもしれませんね。


甲本ヒロトがレコードとCDの音質の違いについて語っているYouTube動画があって、その言葉がこういう議論を吹っ飛ばすくらい、的を得た発言だなあと思っていたのですが、YouTube動画が削除されてしまっていて残念です。。。

もし、お持ちの方がいましたら、もしくはここにアップされています、という情報がありましたらぜひコメント欄からご一報を。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております