このエントリーをはてなブックマークに追加

TTNG(This Town Needs Guns) – 13.0.0.0.0



TTNG(This Town Needs Guns)のアルバム「13.0.0.0.0」。

これぞ次世代エモ・ポストロック。

変拍子あり、高音ギターあり、美麗なギターアルペジオあり、透き通ったボーカルあり、それらが複雑に絡まりつつもスムーズに進んでいく音。

素晴らしいですね。


2014年秋に復活することで話題となっているAmerican footballを彷彿とさせる、その音色。
キンセラ兄弟に続く次世代として、注目したいところです。
※このアルバム音源は2013年に発売されたものです


TTNGは、イギリス、オックスフォードのバンドで(レディオヘッドと同じですね)、以前まで「This Town Need Guns」(ディス・タウン・ニーズ・ガンズ)のバンド名で活動していました。

メンバーは、
Henry Tremain
Tim Collis
Chris Collis
の3人。

メンバーの入れ替わりが結構激しいバンドのようですが、ギターのティムとドラムのクリスは兄弟だそうで、まさにキンセラを継ぐ者たち感があります笑

なんとなく、アメリカのバンドかな、と思っていたので、イギリスのバンドだというのは意外でしたが。

イギリスでは、toeの「The Future Is Now」のLPをヨーロッパを中心に発売したレーベルBig Scary Monstersから音源リリースをしていたようです。


ちなみに、このTTNGは名古屋のレコードショップStiiffslackさんでおすすめだったので知りました。
やはりStiff slackさんの紹介する音楽はすごいなあと感服するばかりです。
(「13.0.0.0.0」も国内の音源発売はStiff slackさんから。)

Stiff slackさんの関係で、toeの山嵜さんがTTNGのアルバムの推薦文を書いております。

Victor Villarealばりのタッピングギターとアイデアの濁流のようなアンサンブル、そしてそこに浮遊する力まない美しいメロディ。

新ヴォーカリストを迎え新体制となったThis Town Needs Guns→TTNGの今作は、彼らの音楽的鬼センスを表現するのにmathrock/post hardcore的フィルター通しつつも「そんな枠なんかとっくに見てない」感。

それぞれの楽曲がとにかく素晴らしい。激買い必至の1枚!!!!!!!!!!うへいーーーー!

ヤマザキヒロカズ/toe

※Victor Villarealというのは、toe結成のきっかけとなったバンド「Ghosts And Vodka」のギタリストです。

TTNGについて、山嵜さんのこんなつぶやきも。


Stiff slackさんでは、TTNGの日本での音源リリースとジャパン・ツアーも組んでいて、なんと今週全国各地(東京、大阪、京都、名古屋)をTTNGがライブでまわります。


ライブ動画を見ると「TTNG、やはりライブで見ておくべきなのでは?」と思うはずです!!!


名古屋のチケットはStiff slack効果でSOLD OUTだそうですが、その他の地域はチケットがまだあるそうなのでぜひチェックを!
TTNG JAPAN TOUR 2014


THIS TOWN NEEDS GUNS!!!


バンド名もいいですよね。



日本盤はStiff slackからの発売で、ボーナストラック付きですよ。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をご紹介しております