このエントリーをはてなブックマークに追加
Algernon Cadwallader

少年よ、Algernon Cadwalladerを聞け!

夏フェスに振り回されているうちに、すぐに秋がやってきますよ!

個人的に秋のライブの中で気になっているのは、Dogs on AcidのJAPAN TOUR

そのDogs on Acidのメンバーが昔やっていたバンドが、今回ご紹介するAlgernon Cadwallader(アルジャーノン・キャドワラダー)です。


情報を探っていると、どのサイトでも

今のエモ・リバイバルの火付け役はAlgernon Cadwalladerである

という記載があるほどのバンド。


※ちなみに9月にJAPAN TOURがある、Dogs on Acidは、Algernon CadwalladerのJoe Reinhart、Peter Helmis、初期メンバーのNick Tazzaと、SnowingのNate Dionneから結成されたバンドです!


そのAlgernon Cadwalladerの音源をチェックしてみたら、個人的に大好物過ぎたので、ぜひみなさまにもお裾分けしたく、記事を書いております。


では早速、2008年発売の1stアルバム「Some Kind of Cadwallader」を。
※クッ、このアルバムがAmazonでの取り扱いがないなんて、、文化的損失だろうと思うのですが。。

Algernon Cadwallader – Some Kind of Cadwallader



1曲目の「Casual Discussion in a Dome Between Two Temples」(曲名長いな。。笑)から最高であります。

変則的なギターと緩急のついた展開はGhosts and Vodka的でもあり、それに加えて気の抜けたようでエモいボーカルもとても良いバランス。(音楽的にはCap’n Jazzの影響が大きいんですかね)

音の展開も多く、何回聞いていても飽きないんですよね。
繰り返されて冗長になる感じが全くなく、次から次へと新しいネタが投下されてくる感じ。
これが40分弱ひたすら続くという。これが快感過ぎます。

このブログではよく曲別に紹介したりしますが、このアルバムは本当にどの曲も良すぎて。


聞いていると、ところどころにふざけたような、ニヤリとできるかわいい音が散りばめられているのも、メンバーの遊びの部分が感じられて好きです。(特に18:15~の「On Up」とか、ピョロロロロロロ~~~みたいな音が最高w)

こういう音がこれまたボーカルの声と通じるものがあって、とてもいいんですね~


なんとなく音からバンドメンバーのキャラクターが想像できるような。(実際どんな人かは知りませんが、人としてもおもろそうだな~と笑)

なかなかライブで見れない海外への発信をするときには、こういうのがとても大事なんじゃないかな~と思います。知らないはずなのに勝手に親近感が沸いてるという笑

ライブでも会いたくなっちゃいますよね。


そして2011年発売のセカンド。

Algernon Cadwallader – Parrot Flies





2012年にメンバーに子どもができた関係で、活動停止してしまったので、Algernon Cadwalladerとしてはラストアルバムですね。


こちらも頭から最高なメロディーが駆け抜けていきますぞ!

このアルバムの方が、ややノイズが多めなギターの音が多い気がしますね。
全体的にややシリアスな音が増えているような。


ボーカルも心なしか男らしく感じます笑


やりたい放題やっていたバンドが、バンドのまわりの規模の大きさに合わせてその音楽を磨いていき、でも芯の部分はブレずに強く貫いている感じ。


とてもナイスです。


だんだん、子の成長を見守るお父さんの気持ちになってきましたw

この世代を、Algernon Cadwalladerとともにリアルタイムに生きたアメリカ フィラデルフィアの人とかは、本当にいい時間を過ごせたんだろうな~と思います。(遠い目)


Algernon Cadwalladerは日本のmalegoatと親交が深く、以前にこの2バンドでUSツアーをしています。


このツアー、動画を見るだけでもめちゃくちゃ楽しそうですねw


実はAlgernon Cadwalladerを知ったのも、先日のbedのレコ発でmalegoatのMCの時に、dogs on acidのツアーの宣伝がされつつ、Algernon Cadwalladerの話がちら~っとだけ出てきたからでした。

その時にバンド名をちゃんと覚えられず、その後あたふたとしておりましたが、無事発見。
Algernon Cadwalladerって、バンド結成時に偶然テレビに出ていた殺人犯の名前らしいですw


そして音源を聞いてみたらこれですよ。


まいりましたよ。


malegoatのみなさんありがとうございます。


やっぱりバンドの人がおすすめするバンドは最高、ということで。
こういう情報はライブのMCでもどんどん出して欲しいですし、なんならライブ後にtwitterでリマインダーを出して欲しいですねw


今後のエモシーンを追って行くには、エモの歴史も知らねば!ということで、Algernon Cadwalladerをぜひ聞いておきましょう。

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!