このエントリーをはてなブックマークに追加

Bibio – À tout à l’heure (「Silver Wilkinson」)



Bibio(ビビオ)の「À tout à l’heure」。

あたたかみのあるメロディーに打ち込みの音が不思議とマッチしているBibio。

この曲を収録したアルバム「Silver Wilkinson」は2013年発売のものですが、これを聴き逃していたのは勿体なかった。。

そのアルバムの中でも、この曲は特に好きです。

Bibioは、今年で25周年を迎えるWARP RECORDSの所属で、今年は来日して、TAICO CLUBにも出演していました。(聴けた方がうらやましい。。)



同じアルバムの中ではこういう曲も。


機材はチープなものを使ったり、音はフィールドレコーディングした音なども使っているそうです。

それを次々に組み合わせてあり、曲の作りのわからなさが、逆にかっこよく感じてしまうのはPREFUSE73にも似たような感覚。


ちなみにライブだとこういう感じです。
これも同じアルバム「Silver Wilkinson」収録の「Raincoat」という曲。
イントロからとても美しいのでぜひ。

※少し調べたところ、バンド形態でのライブは一度もしたことがないそうなので、かなり貴重な動画と言えます。



ゴリゴリな感じかと思いきや、ライブだとこうなるのか~、というほどのアコースティック感。
めちゃくちゃ高音質で聴きたい感じの音ですね。

Bibioには、独特な音のこもりのようなものがあって、個人的にはそれをいい環境で再生してみたいなあと思います。

せっかくなのでもう一曲。
こちらも同じ「Silver Wilkinson」収録の「Dye The Water Green」のライブセッションの様子。


後半からの管楽器がいい雰囲気出してます。


ボーズ・オブ・カナダもその才能を認めたほどのBibio。
(もともと、エイフェックス・ツイン、オウテカ、ボーズ・オブ・カナダに影響を受けているそうです。)

その噂はもうすでに日本の大企業にも届き、HONDAのCMにも起用されているほどです。CMはこちら。(CMもいい感じです。)




そんなBibioの今後から目が離せません。


この曲が収録されているアルバム「Silver Wilkinson」はジャケットアートワークもかっこいいんですよね。

音的にも、ジャケット的にも、アナログで手に入れておいてもいいなあと思える作品です。


記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!