カテゴリー別アーカイブ: Radiohead

radioheadおすすめ曲

【まずはこの曲から】Radioheadでおすすめしたい25曲

Radiohead。


今でこそ抵抗なくレディオヘッドの曲を聞けるようになりましたが、最初に聞いた時は


「暗ッ!!!」


って思いませんでしたか?笑


正直、自分はそうでした。



でも、なんだか音楽が好きな方たちからは絶賛されていて、


「何故に。。」


という期間が続いた末に、ふともう一度聞いてみるとやたらとその音が自分に入ってきた、っていうのが個人的なレディオヘッド歴です笑


それにしてもいきなり

「レディオヘッドの曲いいから聞いてみてよ」

と言われても、聞いた曲が暗いと、なかなかいきなり「いい!!!」とはならない方がほとんどではないかとも思うのです。
(いきなりいい!と思えた人は、精神的にもかなりまずい状態であることを疑いたくなります(失礼))


ということで、この記事では、まずレディオヘッドの暗さを克服するべく笑、メロディーに特徴のある曲、アップテンポ寄りの曲を集めてみました。

このあたりの曲でレディオヘッドが好きになると、よりいろいろな曲が楽しめるのではないかと思いますよ。

アルバム別にご紹介しますので買ったり、借りたりするアルバムを選ぶ時の参考にもぜひ。

個人的なおすすめでは、メロディーやレディオヘッドっぽさなら、やはり「OK Computer」「Kid A」、アップテンポな曲もありなら「In Rainbows」「King of Limbs」かなーと思います。

それではどうぞ。 続きを読む

Radiohead – bloom



Radioheadの「bloom」。

先月末、フジロックに行ってまいりまして(最終日だけ)。
レディオヘッドのことを書かずして他の記事を書くのはいかがなもんかと思いまして。


個人的に好きなこの曲を。(フジのときのこの曲の動画がなかったので、これはコーチェラのライブのものですが。。)
世間では最高傑作と言われる「OK Computer」とか「Kid A」とかの曲もいいけど、「King of limbs」の曲、好きです。


フジロックはどうだったかと言えば、
他のアーティストと比較にならないほど圧倒的な演出で最高にテンションが上がった上に、
トムが踊りだしたらもうぅぅううぅわぁぁぁあぁあああああああ!!!!という状態でした。。



会場のグリーンステージは超満員。(今年は今までで一番チケットが売れたみたいですね。)

PAより後ろのエリアにいましたがぎゅうぎゅうで身動きが取りづらいほど。


Radioheadと初めて出会ったときは「なんだこの気持ち悪い暗い曲は。。」と思っていたけど、
今となれば全然とらえかたが違うもんだなぁとしみじみ。

いずれまた離れていくかもしれないけれど、このときのテンションは忘れないだろうなぁ。



連れて行ってくれたみなさま、ありがとうございます。
急に決まった旅だったけど、メンバーにも恵まれて楽しかったなぁ。。

ふふふ。(キモい)


Radiohead OFFICIAL HP: http://www.radiohead.com/deadairspace/
Radiohead My Space(試聴可能): http://www.myspace.com/radiohead
Radiohead twitter : http://twitter.com/radiohead


Radiohead – Lotus Flower



Radioheadの「Lotus Flower」。


まず一言、言いたい。









「トムが着てるシャツ、どこのシャツだろう?」










なんか妙に型がいいような気がする。


うーん、気のせいだろうか。



これで「実はなんともない、ふつーのシャツでしたー」、とかだったらこっ恥ずかしいが、
どこかメジャーなところのブツでない限り、情報が出てくることもないだろうから
恥をかくこともなかろう。



あ、ということで、レディオヘッドの新曲ダウンロード始まっております!
オフィシャルサイトからぜひにー


このPVをご覧頂ければ当然お分かりかと思いますが、
トムも独特なアクション多くてかっこいいなー、と思います。
(アーティストがやるからこそかっこいいのであって、
決して自分でやるべきではないということは理解していますが。。w)








かーーーっくいーーーーー!
by則巻アラレ





うん。そんな感じ。


Radiohead OFFICIAL HP: http://www.radiohead.com/deadairspace/
Radiohead My Space(試聴可能): http://www.myspace.com/radiohead
Radiohead twitter : http://twitter.com/radiohead


Radiohead – Let Down



Radioheadの「Let Down」。



この曲は鍵盤の音とサビのあたたかい感じの音が好き。

何となくスーパーカーの曲にも通じるようなところがあるような気がする。
ダークなんだけどあたたかみもあるという。


ギターを肩にかけながら鍵盤を演奏する姿が印象的。



Radiohead – CREEP



Radioheadの「CREEP」。



こちらも高校生当時、理解に苦しんだ音です。




当時感じたことを2文字で書くと、











「暗っ。」















そんだけ。


何度も言うようにメロコアや青春パンクが全盛だった(少なくとも自分の中では)
時代に、レディオヘッドはなかなか難しい(笑)


当時聴いていた洋楽と言えば
オフスプリング、グリーンデイ、ゼブラヘッドとかだもんなぁ。。

レディオヘッドを意識的に聴き始めたのはのは社会人になったここ一、二年?(笑)




あのときこれを知ってればなぁと思っても、
そのときそのときで、そういう音は好きじゃない、とか結構多いかと感じるこの頃。
(じじくさいコメントになってしまった。。)



Radiohead – Airbag



Radioheadの「Airbag」。

いかにも重々しいイントロから始まるんですが、
1:23とかの少しきれいなギターの音があったり、
3:30以降のノイズ的なギターが入っていたりと面白い曲です。



曲はおいといて、3:30のトム・ヨークの顔、、、
何か爬虫類系の動物を連想させずにはいられないですね。。




いやぁしかし、これくらいの鬼気迫る感じがあると盛り上がります。


やっぱり音楽は本気さが大事。
バンドを選ぶ時も「本気さ」という基準が自分の中にはある。

本気さは自分に伝わってくるかどうかであるので
そのアーティストが本当に本気かはわからないですが。。
まぁ本気ではないアーティストなんていないですよね。


本気の中でも
「鈍いぼくに伝わってくるほど本気なアーティスト」ってことですかね。



Radiohead – No Surprises



Radioheadの「No Surprises」。

ギターと鉄琴?で作られた高音が好き。
イントロとラストのフレーズが心地いい。


この動画だと、普通よりゆっくり目に演奏されていて、
いい雰囲気出してるかと思いますがどうでしょ?



Radiohead – Subterranean Homesick Alien



Radioheadの「Subterranean Homesick Alien」。





イントロの哀愁漂う感じが好き。
哀愁の中にも何となく希望が見えそうな感じも好き。
(歌詞は知らないので全く見当外れかも)


でも音楽には人それぞれ捉え方があっていいはず。
こう捉えてくれというのはこじつけだ。(という理由で無知から逃げる)



Radiohead – Paranoid Android



Radioheadの「Paranoid Android」。



グラストンベリーフェスでのライブ。
久し振りにレディオヘッドのアルバム「OK computer」を聴いたら名曲があり過ぎて焦った。。

「OK computerがレディオヘッドで最高のアルバムだ」
と言われることがよくある気がするんですが、それも納得の内容。

このブログもしばらく、レディオヘッドの曲の比率が高まる予感です。


グラストンベリーの規模はやっぱり半端じゃないですね。


観客側が映し出される度に「なんじゃこの塊は??」と思ってしまいます。


死ぬまでにこの塊の中に入ってみたい。


Radiohead – 2+2=5



Radioheadの「2+2=5」。

ファンの中ではあまり評判の良くない、かつ、メンバー自身もいろんなことを詰め込みすぎたと公言している、アルバム「Hail To The Thief」の1曲目。

個人的に、この動画含め、すごく好きですが。
結局は受け取る側が好きかどうかっていう問題だけですからね。
音楽が趣味の範囲である限り。

だから「いい曲」っていう定義は難しいですね。
個人の範囲をなかなか超えられない。


曲がどうこうっていう話とは別で、Radioheadは見せ方にものすごく気を使ってそう。
ジャケットとかPVとか見るとそんな雰囲気がします。

このPVは見ていると、なんかこのままじゃとてつもなく暗いことが起こるんじゃないかというような焦燥感にかられる感じ。

受け取るにはあまりにも重たい。。


Radiohead – 15 STEP



Radioheadの「15 STEP」。

多くの音楽雑誌で2007年を振り返る特集が組まれている中で、ほとんどの雑誌で2007年のベストアルバムに選ばれていたRadioheadの「IN RAINBOWS」の一曲目。

独特のリズム感が文句なしにかっこいいです。
最近は聞いたことないような感覚のリズムを聞くと購入に至ることが多いので
「IN RAINBOWS」も購入。

発表当初はダウンロード販売で「価格は購入者が決定」という驚愕の仕組みも話題になりましたね。(今は終了してしまいましたが)

PVはモーガン・フリーマン、ブラッド・ピットが出演していた映画「セブン」のパロディ。
そこからトム・ヨーク!?みたいな仕上がり。


さらに!

今回のアルバムは超特殊パッケージ。
自分でカスタマイズ?できるステッカー付き。
言葉ではうまく表現できませんが、下記のオフィシャルCMを見ていただければよろしいかと。



正直、面白いCMです。音楽のCMではなく、パッケージの作り方がメインてとこが。
楽曲を売るためのCMでここまで冒険できるのは大物の特権。
こういうすかし方をすると普通のCMを流すよりもクチコミにつながるものなのかも。
自分も教えたくなってしまったし。

こんなCMがたくさんできると楽しいですね。
こういう考え方をひらめく人間になりたいもんです。