フジロック2018おすすめ7/28(土)2日目

フジロック2018 個人的おすすめアーティスト(7/28(土)2日目)

フジロック2018、初日のおすすめアーティストに続いて2日目のおすすめアーティストをご紹介します。

※画像はこの日に出演するSuperorganismのボーカルOronoさん。


土曜日はステージ別で見ると、レッドマーキーが個人的に激アツですね。。ほぼレッドでもいいのではないかくらいの。

とか言いつつ、そんなことはムリなのであります!!!フジロックには誘惑がいっぱい!最高。




7/28(土)

10:30~11:20 コトリンゴ (PYRAMID GARDEN)

初日で歩きすぎて疲れた場合、ピラミッドガーデンまでお散歩に行って、コトリンゴを聞くスタートもありだなと。

コトリンゴ – She’s A Rainbow



こんなカバーもあったりして。

同じくコトリンゴのカバーアルバムに入ってるんですが、Radioheadの「Let Down」のカバーがめちゃくちゃいいですのでぜひ聞いていただきたい。

この声であの曲。です。(フジではやらないと思いますが笑)

カバーだけのアーティストだと思われると癪なので、コトリンゴのオリジナル曲もおすすめしましょう!

コトリンゴ – こんにちは またあした



めちゃくちゃ気持ちよすぎて寝ちゃうかなあ。。(褒め言葉)
ほんといい声です。



11:00~12:00 eastern youth (GREEN STAGE)

メンバーの入れ替わりもあったイースタン。

この曲が公開されたときはグッと来たなあ。

eastern youth – ソンゲントジユウ



これぞイースタン!と。

この曲で高まらない人なんているんだろうか。(いますよね笑)

苗場でもこの音を掻き鳴らして欲しい。

今回はグリーンで!






14:00~14:50 小袋成彬 (RED MARQUEE)

今回のフジロックで日本からのアクトで一番気になるのは小袋成彬(おぶくろ なりあき)かも。

宇多田ヒカルがコラボしてフックアップしたことで有名になって、いよいよファーストアルバムがリリース。

宇多田ヒカル関連だとKOHHもフジロックに出ましたが小袋成彬もいよいよ。

小袋成彬 – Selfish



これはヘッドホンでがっちり聞くことを推奨。

この世界観、というか空気感、素晴らしいですね。
入りはJames Blake感ありますが、日本的な小さな世界観もあり、詩を読んでいるような、手が届きそうな近さも感じます。

美しく、大事にしたい何かのような。


ホールで聞く合唱曲のようですが、野外だとどんな感じになるんでしょうか。
あまり合わない気がしないでもないですが笑、気になる。

出演はレッドマーキー。あまり合わない気がしないでもないですが笑(再)





14:50~15:40 Starcrawler (WHITE STAGE)

この短さで一気に走り抜ける感じが最高なんだー!!!!!

Starcrawler – Ants



インディー感の音全開で、女子ボーカル。

シンプルな音もかっこいいです。White Stripesを思い出すようなシンプルさ。

BIG LOVE RECORDSでも激推しされていましたし、バカ売れはしないかもしれませんが笑、この勢いで今見ておくのが旬のバンドと言えそうです。

ホワイトステージでガンガンにこういう音が聞けるのはヒップホップ全盛のこの時代にもよさそう。

小袋成彬をしっとりがっちり見るとこちらに移動しても少し聞けるかな程度かもですが、大分音楽性も違うのでかぶった!!!という人も少数かと思います笑





15:50~16:50 Superorganism (RED MARQUEE)

女子ならこちらも負けてません!
Superorganismもここ最近でかなり名前を聞くようになりましたね。

Superorganism – Live on KEXP



楽曲のゆるい中毒性(MGMT感あり)とバンド全体のパフォーマンスがこれまたいい具合のバランスで。

フジロックでもこの調子でゆるーくやってくれそう。
ごはんでも食べながら見たいな笑

旬の新しいアーティストらしく、レッドマーキーでの出演なので雨でも安心。


ボーカルの女子(18才の日本人Oronoさんだそうです!すごい。)に秘かなカリスマ性あると思うんですよね。この空気の中でも佇まいがかっこいい。蒼井優に似てるよな。

Oronoさんのインタビューも読んでみたんですが、めちゃくちゃおもろかったです!

インタビューの冒頭から
「子どもの頃、父が車でウィーザー、ベン・フォールズなどの90年代USオルタナをかけていて、それが3~4歳の自分にはすごくキタんですよ。」

「ジョナサン・デミ監督が好きで、中1のときは『羊たちの沈黙』を1日3回観るっていうのを1ヶ月続けたら親がキレて(笑)」

などパワーワード連発。

新譜はドミノから出てるみたいです。世界のSuperorganismですね。

ちょっと調べたら、フランク・オーシャンやヴァンパイア・ウィークエンドがラジオ番組で流したりもしたとか。すげーぞ。

今回のツアーでは日曜に出演のCHAIがいっしょにまわるみたいですよ~
この組み合わせ、めちゃくちゃ相性いいだろうなあ。


この対談見てたら、最後に「対バンしましょうよ~」って言ってるのでそれが早くも実現されたのかなと笑
スピード感すごい。勢いはこういうところにも出ますね!







20:00~21:00 MGMT (RED MARQUEE)

新譜も大評判のMGMT。

トリでケンドリック・ラマーなどとかぶるかと思いましたが、案外いい感じにずらしてくれてます。
レッドに集まる人が多そうなので、入場制限かかるかもしれませんねえ。

グリーンへの移動もなかなかすごそう。どのタイミングで抜けるかですね。

キャパ的にもレッドで足りるのか?という気がするほどだとは思うのですが。
普通にグリーンでできるレベルのバンドなはず。


こちらは旧譜の曲ですが、苗場でこの曲とか聞けちゃったりしたら多幸感しかないですよね。

MGMT – Time To Pretend



がらにもなくクルクル回っちゃったりしそう笑

と思ってましたが、夜のレッドだとどういう雰囲気になるのか。
くるくる動き回るようなスペースがない状況だと、やや楽しみづらそうな気もしますが、、まあ始まっちゃえばなんでも楽しいと思うんで笑



21:00~22:30 Kendrick Lamar (GREEN STAGE)

ケンドリック・ラマーが再びフジへ。

2013年の前回登場時はビョークの裏だったそうですが(自分もケンドリック・ラマーには目もくれずビョークを見てましたね笑)、5年で圧倒的な存在となり、ヘッドライナーとして登場。

こないだのコーチェラでもSZAにゲスト出演して圧倒的なパフォーマンスでした。(みなさんご存知のように、その次の日に出演したビョークがすべてを持っていきましたが笑)

Kendrick Lamar, SZA – All The Stars



このスマホの数笑

もはやスマホが見てるのかと思うくらいです。(演出の一部と化してますね。)


PVで見たときはそれほどいい曲に思わなかったんですが、ライブで見ると迫力が全く違いますね。。

SZAはフジロックと同日程のNYのフェス、PANORAMAに土曜日で出演が決まっているためこのコラボはなさそうですが。(見たいなー笑)



ケンドリック・ラマーの存在を意識したのはこのときだろうか。
フライング・ロータスとの曲。この曲は圧倒的だったなあ。。

Flying Lotus – Never Catch Me ft. Kendrick Lamar



あれ、ケンドリック・ラマーのソロ曲というよりは、コラボ曲の方が好きかも笑

でもこのアクトは見ておかないといけないんだろうな~と思ってますが。



22:00~23:20 BRAHMAN (WHITE STAGE)

ブラフマン、やっぱり好きなんですよね~

この動画の当時に聞き始めていたんですが、もう約20年も前なのか。。

BRAHMAN – SEE OFF



ホワイトのトリになので、演出にも期待したいところです。

このライブとか、オープニングの演出から最高だったよな~
今見てもあの時の高揚感が蘇ってくる気が。

5列目くらいで見ていて、ライブ後に着替えたらアザだらけだった記憶笑

これで2,500円のチケット代だったって、お得感半端なかった。

BRAHMAN – Opening ~ TONGFARR



今はもう少し距離置いて見れたらいいかなと笑

ケンドリック・ラマーとモロかぶりかと思いきや、22:00スタートなので、意外と見れるかも。
ケンドリック・ラマーを飛ばしてブラフマンを見に行く輩たちは“強い”でしょうね笑



23:30~24:15 5lack (RED MARQUEE)

逆にブラフマンをフルで見てると後ろが詰まってくるんです。5lack(スラック)。

5lackを知ったのはこの曲からだったかな。いやtoeとコラボした時か。PUNPEEの弟というところからか。
まあそんなことはどうでもよくて。

日本のヒップホップ、ラップとともに音もめちゃくちゃいいんですよね。

KOJOE x OLIVE OIL – CHILLAXATION ft. 5LACK



5lackが出てくるのは2:20あたりからがメインですがクソかっこいいです。
この気の抜き具合でこれだけのインパクトを残せるのはやっぱり天才。

結構クセがあるので最初慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、何度か聞いていて、ハマったら沼。
いつの間にか脳内に歌詞が刻み込まれてて、頭の中で連続リピートされているという中毒性。

なんというか、サッカーのブラジル選手のような「そこでリズム取れるんだ!」みたいなところで声が入ってくるのが気持ちよくなっちゃうんだと思うんですよね。


docomoのCM曲もSILENT POETSとやりましたよね、とかも書こうとしたんですが、新曲もこれまた最高だな。。

5lack x Olive Oil – もういい



Olive Oilのトラック、毎回すごいな。ああめちゃくちゃいい~
音質?もいい。




去年は兄PUNPEEがフジロック出演し、ゲストで5lackとGAPPERが出てPSG化してましたが、今年は逆パターンかな?

兄とはキャラが結構違うので笑、どういう召喚になるのか、その点にも期待です。

ヒップホップのイベントに行くのはやや勇気がいるかもしれませんが、フジロックならよりオープンなんで。
聞きましょう。

出演はレッドマーキーの深夜枠「TRIBAL CIRCUS」。

このTRIBAL CIRCUS枠がアツいんですよね。



26:30~27:30 PUNPEE (RED MARQUEE)

そして追加で出演が決まったPUNPEE!
昨年のライブでの出演に続き、今年はDJセットで出演!

しかも弟の5lackと同じ、レッドマーキーの深夜枠「TRIBAL CIRCUS」!
これは確実にゲストで出てきてくれるでしょう。

兄弟で連続アクトとかなのかな?と思ってましたが、5lackが終わる24:15から結構時間が空いてますね。逆にアヴァランチーズと後ろが詰まっているので、つなげたりするのかなとか。。これもかなりおもしろそう。

ですがそれ以前に24:15~の時間をいかに過ごすかも大事になりそうです。ピラミッドガーデンでWONKがやってたりもしますが、行って戻ってくるにはちょっと距離があるのでねえ。

夜は体力的にも心が折れがちなので笑、がんばりませう。


まあ、DJ SETではどんなアクトになるんでしょうか。

2018年のBOILER ROOMでのDJ SETの動画がありますのでぜひ!

PUNPEE – Boiler Room Tokyo DJ Set



深夜まで楽しめそうですね~!!!



27:30~29:00 The Avalanches (RED MARQUEE)

アヴァランチーズもなんと去年に引き続き出演決定!


去年はライブセット、今年はDJセットでの出演です。
今年も深夜の深夜まで盛り上げてくれそうです!こちらもレッドマーキーの深夜枠であるTRIBAL CIRCUSでの出演。

持ち時間もたっぷり1時間半!(もっとやってくれてもいい)

’02のサマソニの時のDJセットの動画がありましたので貼っときます。

The Avalanches – Summer Sonic’02 DJset



ちょうどこのときはボブ・ディランの「LIKE A ROLLING STONE」も流してますね笑
アンダーワールドとかも入ってて、フジロック層も盛り上がらないわけないなコレは。

サマソニの会場も最初は静かですが、後半に向けてガンガンに盛り上がってて最高ですね。。

11:30過ぎにトニーが卓から?めっちゃ飛んで踊り狂ってますし笑

これ最高でしょう。

まあ16年も前の話だからもう少し落ち着いてるのかな。
ポップな曲をダサくせずに盛り上げてくれるのがかっこいいなあと。


ちなみに先日の来日もオールナイトだったんですがめちゃくちゃ盛り上がってました。
みなさんお待ちかねの自分たちの曲もラストで流してましたよ!


やっぱり聞きたいのは「Since I left you」ですかね。

The Avalanches – Since I Left You




オフィシャルのミックス(約2時間!!)も公開されてますのでぜひ!
これ、余裕でお金取っていいレベルの音源だよな。。BGMとして最高過ぎ。

The Avalanches – BBC R1 Essentials Mix 2016



アヴァランチーズについてはこちらの記事でも紹介していますのでよろしければ。
⇒アヴァランチーズの「Since I left you」は名盤過ぎる




ああ、土曜日いいな。




⇒続きまして、最終日、3日目のおすすめアーティストはこちら

⇒フジロック2018 初日(金曜日)のおすすめアーティストはこちら


記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます!
よろしければこの曲、情報をご紹介いただけたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!