ArchiveLP

【コスパ最強!】ION AUDIO Archive LP(レコードプレーヤー)が超おすすめ

ついに・・・最強のレコードプレーヤーが登場しました。

爆発的に話題になり、売れているレコードプレーヤーなので、レコードに興味をお持ちの方ならすでにご存知の方も多いでしょう。


その名もION AUDIO(アイオン オーディオ)の「Archive LP」。



この「Archive LP」、以下の3点でかなりおすすめできる逸品なのであります。

1.お値段
2.機能
3.見た目


それぞれ解説してまいります!



1.お値段は約1万円!
から、さらに安く7,000円台に!

すごいです。

発売当時、1万円ぽっきりでこれほどの高機能なんて凄まじいインパクト!と思っていたのですが・・・


さらにお安く、7,000円台になりました!


すごすぎる。。。(2016年6月)


7,000円台という激安価格で、機能は大丈夫なの??

とご心配な方に、2番目、3番目のメリットが。

※ちなみに自分は1万円の時点で購入済みです笑



2.USB録音可能!内蔵スピーカー付!

Archive LPの詳細な紹介については、OTAI RECORDさんの解説YouTube動画がありますのでご紹介します。
※OTAI RECORDは名古屋のレコード機器専門店です


簡単にレコードをデジタル化!
Archive LPで眠ったレコードを掘り起こそう!



管理人の方がいいアジ出してます笑

そして「ヤバイっすね!」の連呼笑、それくらい言うほどの商品であるということでしょう!

動画の8:10あたりから、レコード再生の箇所があります。
スピーカーは、音もかなり大きく出るみたいですし、音のひずみもそれほどなく再生されるみたいです!


そして、パソコンへの録音も可能。(USB対応。)
動画で10:00あたりから説明されますが、パソコンにUSB接続してそのまま録音が可能!


また、当然、33、45、78回転に対応。
※アダプタも付いているので、ドーナツ盤の再生可能です!


レコード初心者にとっては機能面も文句なし、と言えるでしょう。


※個人的に、Archive LPを入手してみました!さすがに内蔵スピーカーでは音は厳しいかなと思ったのですが、音質・音量ともに内蔵スピーカーで満足レベル、というのが個人的感想です!

unnamed
レコードをまず聴いてみたい!という方にはかなりマッチした製品かと!
針を落とす瞬間の緊張感、ビリビリというレコードと独特のノイズ、針飛びすらも楽しいです笑


レコードの音のあたたかみなのか、スピーカーの性質なのかわかりませんが、CD音源の音と少し違う音の印象を受けるのもかなりおもしろいですよ。



3.見た目(デザイン)もいい!

レコードプレーヤーとなると

・ゴツめのもの
・いかにも機械っぽいもの

が多かったりするのですが、Archive LPはすっきりした木目調。

ArchiveLP外観

シンプルなのでどんなお部屋にもマッチするのではないでしょうか。

普通にインテリアとしてもいい感じに置けそうです笑

レコードジャケットなどと一緒にArchive LPを並べてみてはいかがでしょうか?



まとめ

ということで、格安なお値段の割にアンバランスなほどの充実した機能、見た目となっている、ION AUDIOのArchive LP。

レコード初心者の方にも超絶大推薦の一台であることは間違いなし。

人生初のレコード再生をこの一台で体験してみてはいかがでしょうか?

ぜひお早めにお手にとって、おうちでレコードを楽しんでいただけたらと思います。


ちなみにこちらのレコードプレーヤー、Stiffslackさん(名古屋のおすすめレコードショップ)でも推薦しておりました。
(発売当初、このつぶやきがかなり多く拡散されて、レコード業界の界隈に広がった模様です。)





※このお値段でこれだけの機能、充分ですよね。。



そしてなんとダストカバー付きも発売!

Archive LPにダストカバーが付いたMAX LPが発売されました!

ION AUDIO MAX LP
レコードについてしまうホコリが気になる、、という方はこちらをぜひ!
(これを待ってた!という声が多数見られましたよ笑)



※こちらも発売当初1.2万円+税くらいでしたが、さらに安く、1万円ぽっきりに。。すごすぎです。。(2回目笑)


交換針は簡単に購入できるの?という質問をtwitterでいただいたので、交換針のリンクもはっておきます!

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!