アイベックス ウーリーズボトム パッケージ

フェス用のレギンスとして圧倒的におすすめしたいアイベックスのウーリーズボトム

アイベックスのレギンス、メンズウーリーズボトムをこの夏にフジロック用に購入しまして、その性能に感動したのでこの記事を書いております。


もともとレギンスを買おうと思っていて、ファストファッション系や、スポーツブランドからアウトドアブランドまでいろいろと情報収集をしていたんですが、こだわりのあるアウトドアショップを見ると、ちょこちょこと見かけるのがアイベックス。

決してお安くはないお値段なのですが、どうしても気になってしまい、ついに購入にいたったのです。



おそらく本格的な登山をする人用に使われることを想定して作られていると思うのですが、現代の一般人や、フェスなどちょっとしたアウトドアをする人にとっても結構うれしいポイントを持っている商品だと思います。


自分はアウトドアに精通しているわけではないのでその点は語れないのですが笑、その性能の高さは間違いないと思ったのでご紹介します!



アイベックスの理念が素晴らしい

いきなり商品以外のことについてのご紹介です笑

これは購入後に知ったことなのですが、こういうのを知ると買った満足度もすごく上がったりしますね。

アイベックスの理念。

まずはこちらをご紹介しましょう。
アイベックスの公式サイトから引用。

Art of WOOL

2012FWでibex全製品の90%以上がアメリカ、カナダ生産になりました。

ファストファッションがはびこる現在、私達ibexは低価格を追及するのではなく、ウールの本質を理解する人間たちによって「情熱」を込めて作られた「高品質」なものづくりを追求することを選択しました。

自分たちの目の届く範囲で、決して人任せにせずより現場に立ってものづくりをしていく。
結果ユーザーが心から満足できる高品質なガーメントが出来上がると考えています。

ibex製品はまず高品質なウール素材ありき
ウールに情熱を持ち、ウールを熟知した技術のある職人たちと一貫性のあるウール製品を提供したい。
それこそが【Art of WOOL】の精神です。

ibex CEO John Fernsell

ジョンさん最高。

こういうことを公に言い切れるのって、とても強いと思うんです。

企業的にはある意味、マーケットを限定してしまう、とてもリスクのあることですし。

一方で、その理念を理解する人々からはとても長く、強く愛されるブランドになるでしょうし、そうなっているからこそ今のアイベックスがあるんだろうなあと。

We are Ibex



ある意味うまいマーケティング戦略とも言えますが、実際に使ってみて、体感するとただの言葉だけではないこともわかるでしょう。



アイベックスのウール製品の特徴

こちらも公式サイトからの引用をしつつ、ご紹介していければと。

メリノウールを選ぶ10個の理由

1. 汗冷えしにくい

マイルドな発散により、汗の蒸発に伴う体温のロスがすくなく、体力の消耗が抑えられます。

2. ムレにくい

ウールの持つ吸湿性、発散性により体は常にドライに保たれます。

3. 夏涼しく、冬暖かい

ウールは優れたインシュレーターです。ウールの特殊な構造により外気との間に常に空気層をまとうことができ、季節を問わず快適です。

4. 汚れにくい

ウールの持つはっ水性と吸湿性により、汚れが付きにくく、また、とれやすい性質をもっています。

5. 汗臭くなりにくい

天然の抗菌作用により、においの原因となるバクテリアの繁殖をおさえ、においが出にくくなっています。

6. ノイズレス

ウールには多くの化学繊維に起こるカサカサ音がありません。

7. 動きが楽

ウールは繊維の持つはっ水性により、たくさんの汗をかいてもウェアが肌にべったり張り付くことがなく、からだの自由を妨げません。

8. しわがとれやすい

ウール繊維の持つクリンプ(ちぢれ)と特殊な分子構造により、織じわがついてもいつも間にか元通りになっています。

9. UVカット

ウールには優れた紫外線保護機能があります。

10. 生分解する

ウールは羊からとれる天然繊維。最終的には土に帰る持続生産可能な繊維です。

どれもいいねえと思うわけですが、使用してみて実感がわくものをご紹介しましょう。



体感したよさ①:水分を発散する心地よさ

まず、
1. 汗冷えしにくい
2. ムレにくい
3. 夏涼しく、冬暖かい

あたりが関連してくるのでその点を。


自分が買った、メンズウーリーズボトムはレギンスとはいえ、通年用。

「フジロック用として買ってみたものの、ウールでできているので夏は暑いのかもなあ。。そのときはそのときで冬に使えばいいか」

というくらいの考えだったのですが、試しに夏に使ってみるとこれがまたすごい。


初めて使用した時に最寄り駅まで炎天下の中を歩いて、電車に乗るとそのうちにすーっと肌の表面から風でもそよいでいるかのように笑、すーっと汗が引いていったことに大感動。

電車を降りるころには、すでにすっきりした状態。

体感していただかないと分からないとは思いますが、レギンスで汗を書いた後のベタつきが気になるという方にはぜひ一度体験していただきたいのです。


風がそよいでいくように、と表現しましたが笑、これが本当で、アイベックスのサイトの“マイルドな発散”という表現がまさにそれだなあと。

風通しのいい部屋にいるような感覚。


まだ買ってから冬を越してないのですが、冬に使ってみるとどういう感じになるのか、個人的にパタゴニアのキャプリーンを冬に使っているので、それとの比較もしてみたいなと。(ヒートテックも持っているので、それとも比較するかなとか笑)

夏涼しく、冬に暖かい、最高じゃないですか。


夏のエアコンで冷えた店内、電車の中でも活躍

あ、ちなみに夏は暑いだけじゃなく、店内とかに入ると、妙に寒いお店とかクーラーが効き過ぎな空間もありますよね。

そういう不安があるときにも大活躍。個人的に冷えやすいので、外にいるときは涼しくしたいけど、中に入った時に寒くなりたくない、という時にアイベックスのウーリーズを履いておけばOKという。

これは個人的にかなりうれしかったかも。



体感したよさ②:履き心地が最高

アイベックスが気になり始めてから買うまで、気になっていたのが“ウールの製品である”ということ。

ウールってなんとなくですがチクチクする印象があると思います。

あれがレギンスになって足をチクチクしたら、ライブどころじゃないじゃないですか笑


そもそもセーターとかで肌がかゆくなったりしやすいタイプだったので、特に気になったのですが、これまた問題なし。


買う前にA&Fで試着をしたんですが、履き心地が気持ちよすぎて。

これウールなの?

という感覚。

6. ノイズレス
ウールには多くの化学繊維に起こるカサカサ音がありません。

という記載がありますが、カサカサなんて全く感じません。
むしろしっとり?肌を守ってくれるかのような心地よさ。


着ていて涼しいものって、麻みたいなどちらかというとざっくり編まれたものに感じがちですが、これはみっちりしつつもカサカサもしません。すごいんです。

カシミアのような感覚。
ここはアイベックスのウールへのこだわりが全開な部分ですね。

まさにArt of WOOL。


ほぼ歩きっぱなしのような野外フェスでも快適に過ごせましたよ~



おまけとして:ロゴがかっこいい

やっぱり見た目は大事。

どれだけ性能がよくても、着ていてダサかったらなんとなく残念な感じだと思います笑

アイベックスはロゴのデザインもスタイリッシュでボトムの裾についたタグも存在感がありすぎず、ちょうどいい具合です。

これですね。

アイベックス ロゴ
ちらっとさりげなく入っていてすてきです。(気づく人は気づくくらいの大きさというのも、なんとなくくすぐられるポイント笑)


さらに、パッケージもかっこいいんですよね。
紙質も高級感があります。(ぜひ手に取ってみていただきたい!)

アイベックス ウーリーズボトム パッケージ
パッケージまでこだわっている製品、個人的に大好きでして。。。

製品にこだわっているものは、パッケージにも同じくらいのこだわりがある気がします。


ということで、アイベックス ウーリーズボトムのご紹介でした。

冬用にもっとあたたかいものも出ているので、寒い季節にだけ使いたいという方はこちらもご検討を。

woolies 1が通年用、woolies 2が冬用のもう少し厚いもの、という感じです。
こちらは2の方。お値段も1とくらべて少しお高め。




ちなみにこれ、一回使ったら抜け出せないやつだと思うんですよね笑



気持ちよすぎて、買い足すパターン。。

お値段もお安くはないので、初めてのご購入は各自それを覚悟の上で笑

記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、この曲、情報をご紹介頂けたらと思います。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  


このサイトについてのご紹介はこちら

管理人の音楽遍歴はこちら
■この記事、見逃していませんか?
⇒このサイトの選り抜き記事をチェック!